3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

人気3DCGソフトのライセンス比較

3DCGライセンス比較

こんなことが知りたい

「3DCGソフトのライセンス形態、価格、アカデミック版の比較表を見たい」

「サブスクリプションか、永久ライセンスがあるか知りたい」

ここでは、3DCGソフトの購入を検討している方に向けて 「各3DCGソフトのラインセンス形式や価格を比較」しています。

比較対象の人気3DCGソフトは、こんな感じです。

比較する3DCGソフト

  • Maya
  • 3ds Max
  • Blender
  • ZBrush
  • Cinema4D
  • Houdini
  • Shade3D
  • SketchUp Pro

スキルを習得していれば就職に強いハイエンドの3DCGソフトから、 趣味でよく使われるフリーソフトまでをピックアップしました。

独学で、どの3DCGソフトを習得しようか悩んでいる方にも 「価格」と「どの業界におすすめなのか」を見て、 参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

3DCGソフトのライセンス比較表

各3DCGソフトの「価格」「ライセンス形式」「教育・学生版の有無」を 表にしています。

2022年5月現在の価格とライセンス形式を表示しています。 サブスクリプションは1年契約の価格を表示しています。

価格 形式 学生版
Maya
  • ¥286,000
1年契約
  • サブスク
あり
無償
3dsMax
  • ¥286,000
1年契約
  • サブスク
あり
無償
Blender 無償 フリーソフト  
ZBrush
  • ¥108,900
  • ¥43,000
  • 永久
  • サブスク
なし
Cinema4D
  • ¥84,700
  • ¥414,700
  • サブスク
  • 永久
あり
無償(半年間)
Houdini
  • ¥742,500
  • ¥1,039,500
Houdini FXの価格
  • サブスク
  • 永久
永久はフローティング
あり
有償
Shade3D
  • ¥107,800
1年契約
  • サブスク
なし
SketchUpPro
  • $299
  • サブスク
あり
有償

補足としては、 サブスクリプションライセンスの場合は、1年以上の契約もできます。 基本的に契約年数が長いほど割引率が高いです。

永久ライセンスは、 永続的に最新のソフトが使えるという意味ではありません。

購入したときのバージョンを使い続けることができるというものです。 Windows、MacなどのOSがアップデートして、 サポート外になったときは、 更新料を払ってバージョンアップする必要があります。

3DCGソフトの特長とおすすめ業界

比較表で紹介した3DCGソフトの特長を解説していきます。

Maya

Maya・公式サイトで詳細をみる

Mayaは日本の3DCG業界で最も使われている3DCGソフトです。

そのため、求人数も圧倒的に多く、 スキルを身につけておけば就職にかなり有利になります。

Mayaがよく使われる業界としては、 「ゲーム、アニメーション、映像制作、建築」とあり、 幅広いジャンルで使われています。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、アニメーション、レンダリング」 を備えています。

Maya

ライセンス
  • 1か月契約
  • 1年契約
  • 3年契約
サブスクリプションのみ
教育版
  • 学生は1年間無償
対応OS
  • Windows
  • mac OS
おすすめ業界
  • ゲーム
  • 映像制作
  • 建築
  • アニメーション

3ds Max

3ds Max・公式サイトで詳細をみる

3ds MaxはAutodeskが開発をしている 老舗3DCGソフトです。

3ds Maxがよく使われる業界としては、 「アニメーション、建築」で採用している企業が多いです。

特に建築業界では、宣伝広告向けの建築CGパースを 3ds Maxで作成することが多いのも特長です。

また、アニメーション向けに作られたエフェクトのプラグインが 数多くあるため、3Dアニメーション業界でもよく使われています。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、アニメーション、レンダリング」 を備えています。

3ds Max

ライセンス
  • 1か月契約
  • 1年契約
  • 3年契約
サブスクリプションのみ
教育版
  • 学生は1年間無償
対応OS
  • Windows
おすすめ業界
  • 建築
  • アニメーション

Blender

Blender・公式サイトで詳細をみる

Blenderは、誰でも無償で使えるオープンソースの3DCGソフトです。

Blenderが使われる業界としては、 「ゲーム、映像制作、アニメーション、建築」が注目をしています。

知名度は高いものの、 日本企業ではまだBlenderを本格採用している企業が少ないのも現状です。

しかし、シンエヴァンゲリオンの制作で採用されたことをきっかけに、 注目度が高まっています。 また、ゲーム業界ではUnityとの親和性の高さからも注目されています。

搭載されている機能は、 3DCG制作や映像制作で必須な「 モデリング、アニメーション、レンダリング、ビデオ編集」 を備えています。

Blender

ライセンス
  • フリーソフト
対応OS
  • Windows
  • mac OS
  • Linux
おすすめ業界
  • ゲーム
  • 映像制作
  • 建築
  • アニメーション

ZBrush

ZBrush・公式サイトで詳細をみる

ZBrushは粘土でデザインしていくような、 スカルプトモデリングを得意とする3DCGソフトです。

ZBrushがよく使われる業界としては、 「ゲーム、映像制作」で採用している企業が多いです。

ゲームや実写の映像制作の現場で、 高解像度の高品質なキャラクターを作成することが多いのも特長です。

また、他にもフィギアの3Dデザインや ジュエリー関係のデザインに使われることもあります。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、レンダリング」 を備えています。

ZBrush

ライセンス
  • 永久ライセンス
  • サブスク・1年契約
対応OS
  • Windows
  • mac OS
おすすめ業界
  • ゲーム
  • 映像制作

Cinema 4D

Cinema 4D・公式サイトで詳細をみる

Cinema 4Dは、MAXONが販売をしている老舗の3DCGソフトです。

Cinema 4Dがよく使われる業界としては、 「ゲーム、映像制作、建築、アニメーション」と多岐にわたっています。

注目すべきは建築業界で、よく使われる3DCADのVectorworksと親和性があることです。 「Vectorworksで作った建築パースは、Cinema 4Dでレンダリングする」 という暗黙のルールがあるほど連携がいいのが特長です。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、アニメーション、レンダリング」を備えています。

Cinema 4D

ライセンス
  • サブスク・1年契約
  • 永久ライセンス
教育版
  • 半年間無償
サブスクリプションのみ
対応OS
  • Windows
  • mac OS
  • Linux
おすすめ業界
  • ゲーム
  • 映像制作
  • 建築
  • アニメーション

Houdini

Houdini・公式サイトで詳細をみる

HoudiniはカナダのSide Effects Software社が開発をしている 3DCGソフトです。

Houdiniがよく使われる業界としては「ゲーム、映像制作」 があります。

映像制作では、映画やテレビの分野でリアリティのあるシミュレーション効果が評価を受けて、 Houdiniを採用する企業が増えています。 ゲーム業界でも同じように、 実写に近い映像をシミュレーションで作成できることが人気の秘密です。

Houdini

サブスクリプションのみ
ライセンス
  • サブスク・1か月契約
  • サブスク・1年契約
  • 永久ライセンス
教育版
  • 年間1万円程度で購入可能
対応OS
  • Windows
  • mac OS
  • Linux
おすすめ業界
  • ゲーム
  • 映像制作
  • 建築
  • アニメーション

Shade 3D

Shade3D・公式サイトで詳細をみる

Shade3Dは、比較的低価格で3DCG制作ができるミドルエンドをターゲットにした 老舗3DCGソフトです。

Shade3Dは3タイプのグレードがあり、 Professional、Standard、Basicに分かれていて、 価格もグレードによって異なります。

Shade 3Dが使われている業界としては 「建築、広告」で採用している企業が多いです。

建築業界では、建築CGパースの作成でShade3Dを使っている企業もあります。

また、製造業での広告画像を作るためにShade3Dを使っているところもあります。 例えば、家電製品のPR画像を3Dで作成するような事例です。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、アニメーション、レンダリング」を備えています。

Shade3D

ライセンス
  • 2か月契約
  • 3か月契約
  • 6か月契約
  • 1年契約
サブスクリプションのみ
教育版
  • なし
対応OS
  • Windows
  • mac OS
おすすめ業界
  • 建築
  • 広告

SketchUp Pro

SketchUp Pro・公式サイトで詳細をみる

SketchUp Proは比較的歴史の新しい3DCGソフトウェアです。 GoogleがGoogleEarthのために買収したことでも有名になった3DCGソフトですが、 今はTrimbleが開発をしています。

SketchUp Proが使われている業界は「建築」になります。

建築パースの作成に特化した機能が多く含まれており、 ユーザー数も多く、建築関係の求人数も少なくありません。

搭載されている機能は、 3DCG制作で必須な「モデリング、アニメーション、レンダリング」を備えています。

SketchUp Pro

ライセンス
  • 1年契約
サブスクリプションのみ
教育版
  • 年間$55で購入可能
対応OS
  • Windows
  • mac OS
おすすめ業界
  • 建築

CG学習に必須!3DCGパソコンを探している方へ

最後まで読んでいただきありがとうございます。 ここで少しPRさせてください。

当サイトでは 3DCG作成向けにおすすめのパソコンも紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

3DCG用のパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめ3DCGパソコン14選

関連記事

初心者向け!失敗しないBlenderパソコンの選び方

3DCGを学べるオンラインスクールおすすめ5選

Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン11選

ZBrush推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び方

Blenderを独学する3つのメリットデメリット

初心者向け!3DCGパソコンで重要な4つのスペック

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

初心者向け!MayaのVR機能で3Dモデリングする方法

IKとFKの違いってなに?アニメーション初心者向け

IKのアニメーション作成で知っておきたい3つの基礎知識

3DCGパソコンでMacが選ばれない3つの理由

ゲーミングPCは3DCG用パソコンとして使える?

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

Mayaを独学する3つのメリットデメリット

Mayaの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

3ds Maxで建築パースの独学に必要な4つのアイテム

初心者向け!3DCG独学におすすめの本

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

30代社会人から独学で3DCGデザイナーになるのに必要な3つのこと

3DCGの独学を成功させるための3つのポイント

おすすめ3DCG用モニター5選!失敗しないモニター選び方

SketchUp Proの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

失敗しないBlenderのグラフィックボードの選び方

スカルプトにおすすめのペンタブレット7選

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.