SketchUp Proの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

SketchUp Pro用パソコンの推奨スペックと選び方

SketchUp Pro用パソコンの推奨スペックと選び方

こんなことが知りたい

「SketchUp Pro用のパソコンは、どんなスペックが推奨なの?」

ここでは、SketchUp Proを使うパソコンを検討している方に向けて 「SketchUp Proの推奨スペック」と「パソコンの選び方」 を解説しています。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

SketchUp Proの推奨スペック

SketchUp Proの推奨スペックですが、 開発元であるTrimble公式サイトに載っています。 SketchUp ProはWindowsとMacの両方に対応しています。

SketchUp Hardware and Software Requirements・Trimble公式サイト

開発元の公式サイトに載っている推奨スペックを基にして、 具体的におすすめのCPU、グラフィックスの種類を加味すると、 こんな感じのスペックになります。

Windows

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
2GHz以上
メモリ
  • 8GB
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
いずれもGPU 1GB以上

Mac

CPU
  • Apple M1
メモリ
  • 8GB

一般的に「ビジネスパソコンで使われているパソコン」のスペックよりも、 少しスペックの高いパソコンがおすすめです。

注目したいのは 「NVIDIAまたはAMDのグラフィックスがついているパソコンがおすすめ」 ということです。

Macに関しては、 Apple M1チップがついているパソコンが推奨になっています。

SketchUp Proパソコン選び3つのポイント

SketchUp Proのパソコンを選ぶときに注目したいポイントは この3つです。

  • NVIDIAまたはAMDグラフィックスを選ぶ
  • クロック数の高いCPUを選ぶ
  • 解像度の高いディスプレイを選ぶ

NVIDIAまたはAMDグラフィックスを選ぶ

SketchUp Pro用のパソコンでは、 NVIDIAまたは、AMDのグラフィックスがついたパソコンが推奨されています。

私のおすすめは、 「GPUメモリが4GBのエントリーモデルのグラフィックスがおすすめ」 です。

理由は 「比較的価格が安い3DCAD用パソコンで使われているグラフィックスが4GB GPUのため」 です。 このスペックでストレスなく快適にSketchUp Proを動かせるわけですね。

例えば、CPUクロック数が比較的高くて、 NVIDIAかAMDグラフィックスがついているパソコンは主に3種類あります。 「エントリーモデルのワークステーション」 「エントリーモデルのゲーミングパソコン」 「エントリーモデルのクリエイターパソコン」です。

この中で、3DCADに向いているのは、 「エントリーモデルのワークステーション」です。 なぜならば、 3DCADに向いているNVIDIA Quadro系、AMD RadeonPro系グラフィックスが ついているからです。

そして、このエントリーモデルのワークステーションに 入っているグラフィックスのスペックが「4GB GPU」 になっていることが多いのです。

まとめると、 「GPUメモリが4GBのNVIDIA、AMDグラフィックスがついたワークステーション」 をおすすめということです。

ちなみに、SketchUp Proは「Intel内蔵グラフィックス」でも動作するようです。 しかし、SketchUp Pro公式サイトで推奨しているのは、 NVIDIA、AMDグラフィックスですので、 できるだけそれに沿ったパソコン選びをしてください。

パソコンを購入してから、 「3D表示が遅いかも…」というリスクを減らすためにも NVIDIA、AMDグラフィックスがおすすめです。

クロック数の高いCPUを選ぶ

パソコン選びのポイントの2つ目は、 「クロック数の高いCPUを選ぶこと」です。

具体的には、2GHz以上のクロック数があるCPUを選んでください。 なぜならば、SketchUp Proの公式サイトで推奨しているためです。

私のおすすめは「Core i5以上で2GHz以上のクロック数がおすすめ」です。

Corei5は比較的に低価格でクロック数が高いCPUを選ぶことができるため、 コストパフォーマンスに優れています。

例えば、エントリーモデルのワークステーションでは、 Corei5でクロック数が高いCPUを選択することができる機種が多いです。

しかも、NVIDIA、AMDグラフィックスも選べるので、 SketchUp Pro用のパソコンには最適なわけですね。

他には、Ryzen5でも2GHz以上であればおすすめです。 Corei5と同じくらいの性能を出せますし、 なにより価格はRyzenの方が安いです。

ただ、Ryzen5を搭載しているパソコン機種は少ないので、 選択肢は少なくなります。

解像度の高いディスプレイを選ぶ

パソコン選びのポイントの3つ目は、 「解像度の高いディスプレイがついているパソコンを選ぶこと」です。

私のおすすめは、 「デスクトップならばWQHD(2560x1440)以上がおすすめ」 「ノートパソコンならばフルHD(1920x108)以上がおすすめ」 です。

なぜ解像度の高いディスプレイがおすすめなのか? その理由は 「SketchUp Proでは見える範囲が広いことで3Dモデリングでの作業効率が上がるため」 です。

SketchUp Proの作業は、3Dで設計することが多いです。 例えば、戸建ての内装をモデリングしていくときに、 解像度が低くて3D画面で部屋全体を見渡せないと、 拡大縮小の操作が多くなります。

また、建築物は縦長のものが多いため、 縦方向に解像度が低いと、 上下にスクロールさせるマウス操作も増えるわけです。

3Dモデリングでは、これが意外にストレスなのです。

このストレス軽減のためにも、 解像度の高いディスプレイがついているパソコンをおすすめしています。

ちなみに、3DCADパソコン向けのモニターの選び方については、 別のページでまとめています。

興味があれば、そちらもあわせてごらんください。

おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方

SketchUp Proのおすすめパソコン

失敗しないための3つのポイントを踏まえて、 SketchUp Pro の推奨スペックを満たしている おすすめのパソコンを別のページで紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

SketchUp Pro用のパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

まとめ

「SketchUp Proの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方」 についてのまとめです。

SketchUp Pro用のパソコンは、 3つのポイントをおさえて購入検討するのが失敗しないパソコン選びになる。

「NVIDIA、AMDのグラフィックボードが入ったパソコンを選ぶ」 「クロック数の高いCPUが入ったパソコンを選ぶ」 「解像度が高いモニターがついたパソコンを選ぶ」

エントリーモデルのQuadro系、RadeonPro系グラフィックスがついた パソコンがおすすめ。

ミドルエンドのCPUがついた2GHz以上のスペックのパソコンがおすすめ。

デスクトップならWQHD、 ノートパソコンならフルHDが作業効率がいいのでおすすめ。

関連記事

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

Revitの推奨スペックとパソコンの選び方

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

Civilの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

初心者向け!建築CADパソコンの目安

建築の就職に有利な独学におすすめのCAD3選

AutoCADの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

初心者向け!Jw_cadの独学に必要な3つの必須アイテム

人気のCAD 5選!失敗しないライセンス形態の選び方

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

建築図面を書くためのパソコン選び・3つのポイント

3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

Archicadの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

BIMのおすすめパソコン11選

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.