大学生におすすめ!3DCAD向けノートパソコン5選

失敗しない3DCADパソコンの選び方!

pc

自分

まず、ノートパソコンを選ぶ前に 「3DCADパソコンを選ぶときにコレだけは絶対に知っておいて欲しいこと」 について説明します。

大学生の3DCADパソコン選びで最も重要なことは、 「3DCADソフトが最低限動くパソコンは絶対に選ばない」 ということです。

できるだけ予算をおさえたいのはわかるのですが、 最低限のスペックのパソコンを使っていると、 スペックが足りなくて動作が遅くなることがあります。

それが原因で課題が出来なかったり、 習得するのが面倒になったりすることは本末転倒なのです。 これだけは絶対に避けたいわけです。

そのためには、以下の3つの項目のスペックを参考にして、 パソコン選びをしていただきたいです。

  • CPU:
    Corei5以上・推奨Corei7
  • メモリ:16GB
  • グラフィックス:
    NVIDIAまたはAMDの4GB以上GPU

まずはCPUですが、Corei5以上は必須です。推奨はCorei7またはXeonです。 CPUは価格が高いので、どうしても予算が足りない場合のみ Corei5を選ぶのがいいでしょう。

AMDであればRyzen5以上で、推奨はRyzen7以上になります。

メモリは16GBがおすすめです。 8GBだと少し複雑な3Dモデリングをすると、 動作が遅くなるリスクが高まります。

そして最も重要なのはグラフィックスです。 必ずNVIDIAまたはAMDの専用グラフィックスが ついているパソコンを選んでください。

GeForceまたはRadeonは必須で、 推奨はQuadro系のTシリーズまたはRadeonProです。

仕事でよく使われるNVIDIAのQuadro後継であるRTX Aシリーズは、 かなり高額なので学生向けにはオーバースペックだと感じています。 なので、価格も手ごろなTシリーズをおすすめします。

ちなみに、Macはどうなのか?というと、 MacBookPro一択だと個人的に思っています。

MacBookProのグラフィックスは NVIDIAなどの専用グラフィックスと同等以上なので問題ありません。

Macについては、別のページで紹介しているので、 そちらもあわせてどうぞ。

おすすめ3DCAD向けMacパソコン

おすすめ3DCAD向けノートパソコン

NVIDIA Tシリーズがついたパソコン

ThinkPad P15v Gen 2

CPUはCorei5またはCorei7が選択可能、メモリ8~64GBが選べます。 SSDも256GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T600がついています。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB、Quadro T600選択で 価格は21万円強~です。

HP ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512TBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

ワークステーション実績トップのHPの人気機種です。 3年保証がついていてこの価格はかなりコストパフォーマンスが高い機種です。

価格は20万円強~です。

NVIDIA GeForceシリーズがついたパソコン

G-Tune P5

CPUはCorei5、メモリ16GBです。 SSD 256GBがついているゲーミングパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX1650です。

価格は 価格は13万円強~です。

Lenovo Legion 560i

CPUはCorei5またはCorei7から選択でき、メモリ16GBです。 SSD 512GBまたは1TBが選択できます。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX1650です。

価格は Corei5、メモリ16GB、SSD512GB、GeForce GTX1650を選んで、価格は11万円弱~です。

【Dell】Dell G15 Ryzen Edition ゲーミングノートパソコン プラチナ(RTX3050搭載)

CPUはRyzen7、メモリ16GB、SSD 512GBです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX3050です。

AMDのCPUが低価格な分、GeForceのグレードをひとつあげても この価格です。

価格は15万円強です。

3DCAD向けノートパソコンは20万円の壁がある

私がおすすめしている3DCAD向けノートパソコンは、 主に2つのタイプのパソコンがあります。

ひとつが「仕事でも使えるレベルのグラフィックスが入っているノートパソコン」です。

これは、NVIDIAのTシリーズが入っているパソコンになります。 このレベルのスペックだと、CPUもCorei7以上しか選択肢がないことも多くて、 どうても価格が高くなります。

20万円~というノートパソコンで、 じっさいに企業で働く方やフリーランスで働く方も使うようなノートパソコンです。

大学生で20万円以上のノートパソコンはかなり高いと感じますが、 「これを買っておけば大学四年間は買い換えなくていい」と 胸を張って言えるパソコンです。

もうひとつは、いわゆる「コスパの高いゲーミングパソコン」です。

NVIDIAのGeForceシリーズが入っているパソコンで、 最低でも4GB GPUのスペックがあります。

CPUもCorei5になっていますので、 価格がかなり手ごろになっているのが特徴です。 12万円~19万円くらいの価格帯になります。

このゲーミングパソコンであれば、 そこそこ複雑な3Dモデリングをしても軽快に動く…というスペックです。

ただし、3DCADソフトではGeForceはあまりおすすめされていません。

3DCADソフトによっては「動作保証をしているグラフィックス」というものがありますが、 このGeForceはその対象外なのです。

ちなみにTシリーズを 動作保証している3DCADソフトはかなり多くあります。

例えば、AutoCADなんかは「認定ハードウェア」として Tシリーズを動作保証をしています。

認定グラフィックス ハードウェア・Autodesk公式サイト

「GeForceでもしっかり動くので問題はないけど保証がないよ」 ということだけは、しっかりと頭に入れて 検討するのがいいかと思っています。

私の個人的な意見で言うと、 「20万円以上の予算が取れるならば、Tシリーズの方がリスクが少ないのでおすすめ」 という感じでしょうか。

ここで紹介しているノートパソコンは、 決してオーバースペックではありません。

大学生が購入に値する価格と、 スペックを考慮して提案しています。

あなたのノートパソコン選びの助けになれれば幸いです。

おすすめ3DCAD向けノートパソコン

関連記事

3DCAD用ノートパソコン選びで重要な3つのポイント

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.