ゲーミングPCは3DCAD用パソコンとして使える?

3DCADはゲーミングPCで使えるのか?を解説

ゲーミングPC

こんなことが知りたい

ゲーミングPCは3DCADを動かすのに適している?

ゲーム用グラフィックボードは3DCADで使える?

ここでは、3DCAD向けにパソコンを検討している方に向けて 「3DCADはゲーミングPCに適しているか?」 について解説していきます。

私も3DCADのサポートをしていると、 よくお客さまから「家でも3DCADを使いたいけどゲーミングPCでも大丈夫?」 と聞かれることがあります。

そういう経験も踏まえて、 いつも答えていることを説明していきたいと思います。

あなたのパソコン選びのお手伝いができれば幸いです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

ゲーミングPCは3DCADに向いていない!その理由は?

一般的にゲーミングPCは、 オフィス業務向けパソコンと比べるとスペックが高いです。 3DCADソフトの動作環境を満たしているものが多く、 じっさいに使っている方も少なくありません。

しかし、私の3DCADサポートの経験則から言えるのは、 「ゲーミングPCでも3DCADソフトは使えるが、おすすめではない」 ということです。

なぜ、おすすめではないのか? その理由は、 「グラフィックスがゲーム用に特化しているため」と、 「不具合があったときにトラブルシュートをするのが難しいため」 です。

基本的に3DCADは、 エンジニア向けのグラフィックボードが推奨されています。 ゲーム用途のグラフィックボードは、 3DCADの動作環境は満たしているが、 推奨グラフィックボードに入っていないことが多いのです。

このあと、もう少し詳しく説明していきます。

ゲームに特化したグラフィックスを使っている

ゲーミングPCが3DCADにおすすめではない理由のひとつに 「グラフィックスがゲーム用に特化しているため」があります。

ゲーミングPCで採用されているグラフィックボードは、 主にNVIDIAのGeForceシリーズと、 AMDのRadeonシリーズです。

このグラフィックボードは ゲームの3D描画でよく使われるDirectXという技術に特化しています。

いっぽうで、3DCADソフトウェアでは、 3D描画にOpenGLという技術がよく使われています。

OpenGLを得意としているグラフィックスは、 NVIDIAのNVIDIA RTXシリーズ、NVIDIA Tシリーズと、 AMDのRadeonProシリーズになります。

ちなみに「NVIDIA Tシリーズ」と「NVIDIA RTXシリーズ」は、 以前はQuadroシリーズと呼ばれていました。

つまり、ソフトウェアで使っている技術によって、 グラフィックスの得意不得意が決まってきます。 それが「ゲームではDirectX」「3DCADではOpenGL」なのです。

ただ、NVIDIA RTXシリーズもDirectXに対応しています。 ゲームも問題なくできるでしょう。 逆も同じで、GeForceシリーズやRadeonシリーズもOpenGLに対応しているので、 3DCADでもほぼ問題なく3D表示ができます。

しかし、グラフィックボードの設計上、 最もパフォーマンスが出るようになっているのは、 NVIDIA RTXシリーズはOpenGLで、 GeForceシリーズがDirectXなのです。

また、 エンジニア向けのNVIDIA RTXシリーズ、Tシリーズ、 RadeonProシリーズは、 主要な3DCADソフトの動作確認がされています。 つまり、信頼性と安定性があります。

例えば、3DCADソフトのAutoCADは 認定ハードウェアとしてグラフィックボードの機種名を指定しています。 つまり、「動作保証」をしているわけです。

しかし、ゲーム用途のGeForce、Radeonでは 特定のゲームに対しての安定性を重視しているため、 エンジニア向けグラフィックボードと比べると、 3DCADソフトへの信頼度が多少低くなります。

こういう理由から、 3DCAD向けパソコンにゲーミングPCを あまりおすすめしていません。

トラブルシュートが難しい

ゲーミングPCが3DCADにおすすめではない理由のふたつ目は、 「不具合があったときにトラブルシュートするのが難しいため」です。

NVIDIA RTXシリーズやAMD RadeonProシリーズでは、 各3DCADソフトに対してグラフィック設定ができます。

Windowsのデスクトップで右クリックをすると、 「グラフィック設定」とか「ディスプレイ設定」という項目が出てきます。

そこで3D表示の設定ができます。 選択項目の中に「AutoCAD」や「CATIA」「SolidWorks」 といった、主要な3DCADソフトの設定が入っていることが多いのです。

しかし、ゲーミングPCで使われている GeForceシリーズやRadeonシリーズでは、 これらの設定項目はありません。

一般的な表示設定であったり色の設定であったりと、 カスタマイズできる項目が少ないのです。

これは、3DCADソフトメーカー側がGeForceシリーズやRadeonシリーズを 認定ハードウェアとして扱っていないためです。

ゲーミングPC用のグラフィックスは、 価格をおさえて高性能なボードを提供する必要があります。 そのため、3DCADメーカーとの連携といった サポートコストを削っています。

私の3DCADサポートでの経験則ですが、 少し前に業務用パソコンでGeForce搭載のゲーミングPCを使っていたことがありました。 そのときに「一部のポリゴンの頂点選択や編集がうまくできない」 といった問題がありました。

GeForceには3D設定をする項目が少なかったので、 かなりズームをしながら作業して対処していました。

作業効率も落ちますし、 なによりもいつもと違う操作なのでイライラするわけです。

数か月後にグラフィックドライバーがアップデートされて、 問題はすぐに解決しました。

ただし、 GeForceやRadeonで3DCADの不具合があることはかなり稀です。 私自身も不具合があったのは、 10年以上3DCADに携わっていて1回だけです。

ちなみに、Quadro系のNVIDIA RTXでは、 3Dの不具合は一度も遭遇したことはありません。

各個人でリスクの考え方は違うかと思います。 私としては、できるだけリスクを低くするために エンジニア向けグラフィックボードのTシリーズや RTXシリーズ、RadeonProシリーズをおすすめしています。

具体的にはどのようなパソコンがおすすめ?

私がいつもお客さまにおすすめしている 具体的なパソコンの種類として、 「ワークステーション」を提案しています。

特に、仕事で3DCADを使う予定の場合には、 ワークステーションが最適です。 理由としては、主要な3DCADであれば 動作確認がされていることが多いためです。

例えば、AutoCAD、Fusion360、Vectorworks、SolidWorks、CATIA、NX、Creo Inventorといったユーザー数の多い3DCADは、 だいたい動作確認済みのことが多いです。

仕事中のパソコンのトラブルシュートほど無駄な時間はありません。 そのリスクを極力減らしてくれるという意味で、 ワークステーションが最適なのです。

具体的なおすすめ商品については、 「処理速度が一気にあがる!おすすめワークステーション」 で紹介しています。 興味があれば、合わせてご覧ください。

「もう少し価格をおさえたい!」という場合は、 NVIDIA RTXシリーズ、Tシリーズ、RadeonProシリーズを搭載した クリエイターパソコンも最適です。

基本的にはワークステーションと同じグラフィックボードが 搭載されているので、 不具合リスクもかなり低くなります。

具体的な商品については、 別のページでまとめていますので、 よかったらそちらも合わせてご覧ください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン12選

GeForceとNVIDIA RTXではグラフィックドライバーが違う

NVIDIA RTXシリーズとRadeonProシリーズは、 「各3DCADメーカーと連携しながら不具合リスクが少ない グラフィックボードを開発している」と説明してきました。

これは、NVIDIA RTXシリーズのグラフィックドライバーの更新履歴を見ると、 どれだけ3DCADに特化しているかがわかります。

NVIDIAドライバダウンロード・NVIDIA公式サイト

製品タイプで「NVIDIA RTX/Quadro」を選択すると、 リリースされたドライバを見ることができます。

この更新履歴に、AutoCAD、Fusion360、CATIAといった3DCADソフトの修正や機能追加が 書かれています。

つまり、NVIDIAが各ソフトで快適に動くようにチューニングしているということです。

一方でGeForceのドライバの更新履歴は、 ゲームソフトに対するものが多いです。 これは、ゲームに特化しているためです。

最近では、DirectXをメインに使った3DCADソフトも増えてきました。 有名どころで言うと、AutoCADやFusion360、 VectorworksでもDirectXで描画するようになっています。

しかし、こういう特化したサポートのことを考えると、 やはり3DCADはNVIDIA RTXシリーズやRadeonProシリーズが 不具合リスクが低くておすすめなのです。

まとめ

「ゲーミングPCは3DCAD用パソコンとして使える?」 についてのまとめです。

ゲーミングPCは3DCAD用のパソコンとしては、 おすすめではない。理由は二つ。

ひとつめは、ゲーミングPCが使っているグラフィックボードは、 ゲーム用に特化した設計になっているため。

ふたつ目は、 3DCADで表示の不具合があった場合に 問題解決するのが難しいため。

関連記事

3DCADパソコンのスペック解説!失敗しないパソコン選び

3DCADパソコンのグラフィックボードの選び方

快適!推奨スペックで選ぶAutoCADおすすめパソコン

快適!Fusion360おすすめパソコン・推奨スペック解説

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

Vectorworksおすすめパソコン!推奨スペック解説

CATIAの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

SiemensNX向けパソコンのおすすめスペックを解説!

PTC Creo推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

3DCAD用ノートパソコン選びで重要な3つのポイント

Macの3DCAD用パソコンを選ぶ3つのポイント

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.