ホーム » 3DCAD用パソコンのスペック

SolidWorks用パソコンのスペック

SolidWorks向けパソコンの目安

SolidWorksホームページ

SolidWorksを使う予定だけど、 パソコンはどれくらいのスペックが必要なのでしょうか? と、パソコン選びで悩むことはよくあります。

そんなSolidWorks向けパソコン選びの 目安を紹介します。

SolidWorksは高機能な3DCADソフトなので、 ワークステーションパソコンのような 高スペックパソコンが必要になります。

基本的なスペックの目安としては、 以下のようなの性能が必要です。

  • CPU: Core i5、i7 / Xeon

  • メモリ: 16GB

  • グラフィックボード: QuadroまたはRadeonPro

パソコンのスペックは日々進化するので、 あくまで目安です。

公式な動作スペックは、 SolidWorksの公式ホームページに載っていますので そちらを参照してください。

SolidWorksの動作スペック:SolidWorks公式ページ

SolidWorks認定済みのパソコン

SolidWorksが動くパソコンとして、 認定を受けているパソコンがあります。

不具合なく確実に動くパソコンを選んでいるならば、 その認定パソコンを選ぶことがお勧めです。

この認定を受けているパソコンは、 SolidWorks公式ページで検索することができます。

SolidWorks認定済みパソコンの検索:SolidWorks公式ページ

SolidWorksは高機能で高価なソフトです。

そのため、ワークステーションなどの高機能な パソコンが認定済みになっていることが多いです。

ちなみにここで見てもわかるように、 SolidWorksが安定して動くパソコンには、 QuadroやRadeonProが必ず入っています。

ゲーミングパソコンなどに入っている GeForceだと認定されていないので、 パソコン購入時には必ずグラフィックスをチェックしてください。

SolidWorks認定済みパソコンが多いメーカー

認定済みになっているパソコンが多いメーカーに、 3DCADに強い、Dell、HP、Lenovoなどがあります。

どのメーカーもワークステーションに力を入れているので、 「SolidWorks用のパソコン」にも取り組んでいます。

認定済みパソコンは、 SolidWorksを販売しているダッソーと、 パソコンメーカーが連携して、不具合なく動くことを確認しています。

新しくパソコンを購入する際は、 この認定済みパソコンのメーカーから選ぶことをおすすめします。

おすすめパソコン

HP、Lenovo、Dellで 認定済みのおすすめパソコンをピックアップしています。

ThinkStation P340 Tiny

Lenovoのおすすめ3DCAD向けデスクトップパソコンは、 ThinkStationシリーズのP340 Tinyです。

グラフィックボードはnVidiaのQuadroを選択可能で、 CPUもCore i9、i7、i5、i3と選べてパフォーマンスも申し分ないスペックです。

メモリも8GB~64GBまで搭載でき、 予算に合わせたカスタマイズが可能です。

icon icon

Z4 G4 ワークステーション icon

HPの3DCAD向けのデスクトップパソコンとして おすすめしたいのは、 このZシリーズの Z4 G4です。

グラフィックボードはQuadroのミドルエンドP2200を採用しています。 メモリは8~64GBまで選択できます。

CPUはXeonを採用しています。

DellのワークステーションPrecisionシリーズで メモリは8GBか16GBを選択できます。

CPUはXeonを採用していて、 グラフィックスはQuadroがローエンドからミドルエンドまで選べます。

Dellはキャンペーンをやっている場合が多いので、 クーポンもチェックしてみてください。