推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

SolidWorksおすすめパソコンと選び方

solidworks

「SolidWorksが快適に動くパソコンの推奨スペックってどれくらい?」

ここでは、そんな疑問を抱えたあなたに向けて、 「推奨スペックをもとにしたSolidWorksパソコンの選び方」を解説していきます。

また、私の3DCADサポート経験をもとにして、 SolidWorksおすすめパソコンも紹介していきます。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

SolidWorks用パソコンスペックの目安

SolidWorks向けのパソコンの推奨スペックですが、 ダッソーシステムズの公式サイトで確認をすることができます。

SOLIDWORKSおよびSWデータ管理のシステム要件・ダッソーシステムズ公式サイト

SolidWorks公式サイトのハードウェアのスペックを取上げて、 私の3DCADサポート経験をふまえるとこんな感じのスペックがおすすめです。

  • CPU:Corei7 3.3GHz以上
  • メモリ:16GB
  • グラフィックス:「NVIDIA Quadro、RTX A、Tシリーズ」 or 「AMD RadeonProシリーズ」
  • ディスク:SSD 256GB

SolidWorks向けのパソコンスペックで 特に注目したいのは「CPUとグラフィックス」になります。

まずはCPUについてです。 複雑な3Dモデリングをしていく方には、 ワークステーションパソコンで採用されているCPUが 必須になると個人的に感じています。

  • Corei7かXeonが推奨
  • Corei5の2GHzは遅さを体感する
  • CPUは妥協しないで欲しい

できるだけ、このポイントをおさえてパソコンスペックを 検討していただきたいわけです。

CPUの種類についてですが、 具体的にはCorei7またはXeonが推奨です。

クロック数も高めのスペックが要求されています。 3DCADというとグラフィックスが注目されがちですが、 CPUパワーもあわせて重要なのです。

個人的な感想ですが、 3Dモデリングをしていく中で Corei5の2GHz帯のスペックだと肌で感じるくらいの遅さを感じるときがあります。

動かないということはないのですが、 「もっさりした動き」になることがあるので、 おすすめはCorei7またはXeonの3GHz以上になります。

SolidWorksでの設計作業の効率を考えると、 CPUは絶対に妥協して欲しくないです。

つぎにグラフィックスもかなり重要です。 ポイントはこちらです。

  • 内臓グラフィックスは選ばない
  • 動作保証済みパソコンはすべて専用グラフィックス
  • グラフィックスはQuadroかRadeonProシリーズ

グラフィックスは NVIDIA、AMDといった専用グラフィックボードが必須 になります。

インテルUHDだとか、インテルIrisといった内臓グラフィックス と呼ばれるものはおすすめされていません。

そして、SolidWorksでは、認定ハードウェアとして動作保証をしているパソコンがあります。 つまり、SolidWorksお墨付きのパソコンということです。

この動作保証済みのパソコンで採用されているグラフィックスが、 「NVIDIA Quadroシリーズと、AMDのRadeonProシリーズ」になります。

つまり、SolidWorksを不具合なく動かしたいならば、 専用グラフィックスがついているパソコンを購入してください、 ということです。

SolidWorks動作確認済みパソコンは必須?

SolidWorks動作確認済みパソコンについては、 ダッソーシステムズ公式サイトで確認することができます。

SolidWorks認定ハードウェア・ダッソーシステムズ公式サイト

さて、SolidWorksを使うには動作確認済みのパソコンが必須なのか?といわれると、 個人的には必須ではないと感じています。

その理由は、

  • すべてのパソコンメーカーを試していない
  • ほぼ同じ構成のパソコンが世の中にはたくさんある
  • 実体験で必須ではないと感じている

ダッソーシステムズはすべてのパソコンメーカーと 連携しているわけではありません。

連携しているのは大手パソコンメーカーか、海外メーカーになります。

SolidWorksに認定されているパソコンを参考にして、 似たような構成のパソコンであれば ほぼ間違いなく不具合なく動くでしょう。

例えば、マウスコンピューターのように 日本国内を拠点にしているパソコンメーカーのパソコンでも SolidWorksは問題なく動くでしょう。

ここは個人の価値観の違いが出ると思います。

安心を第一に考える方は動作確認済みパソコンを購入すべきです。

国内メーカーでちょっと安くパソコンを買いたいという方は、 同じ構成にして認定されていないパソコンを購入するのがいいと思います。

ちなみにですが、私の実体験として会社で使っているサポート用のパソコンは SolidWorks動作確認済みパソコンを使っています。

個人で使っている出張用のパソコンでは、 認定されていないパソコンでSolidWorksを動かしています。 特に不具合は今のところありませんよ。

厳選!おすすめパソコン

認定パソコンとそうでないパソコンにわけて、 おすすめパソコンを紹介していきたいと思います。

低価格だけど動作確認なしパソコン

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512TBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

DAIV Z7-A2

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA RTX A2000です。 最新のAmpereシリーズでコストパフォーマンスに優れたデスクトップパソコンです。

価格は27万円強~です。

SolidWorks動作確認済みパソコン

ThinkStation P520

CPUはXeon、メモリ8~32GBが選べます。 SSDも256~512GBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro P1000、P2000が選択可能です。 Quadro RTX4000~8000も選択できます。

予算に合わせてカスタイマイズ可能です。

メモリ8GB、SSD256GB、Quadro P1000選択で 価格は33万円強です。

ThinkPad P15 Gen 2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1200 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei5、メモリ16GB、SSD512GB、Quadro T1200選択で 価格は24万円強です。

HP Z2 Tower G5 icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~32GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T400~T1000と、 RTX A2000~A6000と、Quadro RTX4000とRTX6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、QuadroT1000選択で 価格は22万円弱です。

HP Z4 G4 Workstation フルカスタマイズモデル icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~256GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1000または RTX A2000~A6000と、Quadro RTX4000とRTX6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、QuadroT1000選択で 価格は40万円弱です。

ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512TBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

3DCADパソコンのエントリーモデルです。

価格は21万円~です。

ZBook Fury 15.6inch G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはRTX A2000です。

パフォーマンスモデルですが、 価格とスペックがちょうど良い感じのパソコンです。

価格は43万円強~です。

【Dell】New Precision 3561 プラチナモデル

CPUはXeon、メモリ8GB~256GBまで選択できます。 SSD 512GB~2TBまで選択できるハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T1200です。

グラフィックスはGPU 6GBあり、 SolidWorksでは認定パソコンとしてサポートされています。

価格は Xeon、メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T1200を選んで、価格は30万円弱です。

仮想環境ってどうなのか?

SolidWorksは仮想環境についても サポートをしています。

例えば、Macで仮想環境を起ち上げて Macで動いているWindows上でSolidWorksを動かすような場合があります。

VMwareも仮想環境としては有名ですが、 こちらでも対応しているバージョンであれば 動作保証をしてくれているわけですね。

ちなみに、 これからSolidWorksパソコンを新しく購入しようと考えている方に伝えたいことは、 仮想環境を入れてSolidWorksで設計作業をするのは、 あまりおすすめではありません。

ソフトウェア上で動いているので、 やはりパフォーマンスが落ちます。

しっかりと推奨スペックを満たしている Windowsパソコンを購入することを強くおすすめします。

私は仕事柄、お客さんに3DCADをトレーニングすることがあります。

トレーニング用パソコンには仮想環境上にSolidWorksをインストールしておき、 常に同じ環境でトレーニングを実施しています。

仮想環境には、「パソコンを初めの状態に戻すという機能がある」ので トレーニングが終わると最初の状態に戻すわけですね。

こういう使い方であれば仮想環境でSolidWorksを使うのはいいと思いますが、 開発作業を仮想環境にするのは、個人的にはおすすめではありません。

まとめ

「推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン」についてのまとめです。

SolidWorksのパソコンスペックの目安は 「CPUはCorei7の3.3GHz以上」「メモリは16GB以上」 「グラフィックスはNVIDIA QuadroまたはAMD RadeonProシリーズ」。

SolidWorksには動作保証をしているパソコンがある。 しかし、動作保証済みのパソコン購入は必須ではない。 同じようなスペックであればほぼ問題なく動く。

仮想環境は、パソコンのパフォーマンスが落ちるのでおすすめしない。

関連記事

Fusion360にグラフィックボードは必要?じっさい試してみた

Fusion360の推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

Inventorの推奨スペックとパソコンの選び方

CATIAおすすめパソコンはコレ!失敗しないパソコン選び

Creoの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

初心者向け!Fusion360の独学に必要な3つの必須アイテム

製造業の就職に有利な独学におすすめの3DCAD3選

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

Inventorの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.