失敗しない!DraftSightパソコンのスペック選び方

DraftSightの推奨スペックとパソコンの選び方を解説

失敗しない、DraftSightパソコンのスペック選び方

こんなことが知りたい

DraftSightに最適なパソコンのスペックは?

ここでは、 DraftSight向けのパソコンを検討している方に向けて、 「DraftSightの推奨スペック」と 「パソコンの選び方」について解説します。

「Windows、Macの推奨スペックは?」 「DraftSight Premium、Enterprise Plusに最適なスペックは?」 「SolidWorksと連携するときのスペックは?」 と、パソコン選びのときに気になることを取り上げて、 丁寧に説明していきます。

あなたのパソコン選びのお手伝いができれば幸いです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

DraftSightの推奨スペック

DraftSightの動作環境は、 DraftSight開発元であるダッソーシステムズの公式サイトに掲載されています。

動作環境には、 DraftSightが快適に動く「推奨スペック」と、 最低限必要な「最小スペック」があります。

具体的なスペックは、 つぎの表のとおりです。

推奨スペック

CPU
  • Corei5以上
  • Ryzen5以上
インテルは第6世代以上
メモリ
  • 8GB
グラフィックス
  • OpenGL Ver3.2対応
ディスプレイ
  • フルHD(1920x1080)
ストレージ
  • 2GB以上
インストール容量
マウス
  • 3つボタンマウス

最小スペック

CPU
  • Core2 Duo
  • Athlon X2
メモリ
  • 4GB
グラフィックス
  • OpenGL Ver1.4対応
ディスプレイ
  • WXGA(1280x768)
ストレージ
  • 2GB以上
インストール容量

このスペック表は、 ダッソーシステムズ公式サイトの情報をもとにして、 一部抜粋して転記しています。

DraftSight のシステム要件・ダッソーシステムズ公式

DraftSightは2DCADがメインのCADソフトですので、 基本的には、 ビジネス用途でよく使われるスペックのパソコンでも 快適に動作します。 パソコンの価格としては、 おおよそ10万~15万円の価格帯のパソコンが適当です。

CPUはCorei5以上または、 Ryzen5以上であれば遅いと感じることはないでしょう。 2DCADでの図面作成であれば、 規模の大きな図面でも動作が遅くなることはほとんどありません。

DraftSight Premiumのようなグレードの高いライセンスで、 2次元拘束の機能や3Dモデリングをする場合でも、 小規模の設計であればCorei5、Ryzen5でも十分に動作します。

ただ、DraftSight PremiumやDraftSight Enterprise Plusで 中規模以上の3Dモデリングを考えている場合は、 もう少し性能の良いCPUがおすすめです。 3Dモデリングのスペックについては、 下の章で詳しく説明しています。

メモリのスペックは、 いま、一般的に販売されているパソコンで主流の8GBが推奨されています。 基本的には中小規模の2D図面であれば、 スペック不足になることはないでしょう。

グラフィックスは、OpenGLに対応していれば CPU内蔵グラフィックスでも問題ありません。 インテルUHDグラフィックス、インテルIrisXeグラフィックス、 AMD APU内蔵Radeonグラフィックスでも 快適に動作します。

いま販売されているCPU内蔵グラフィックスであれば、 ほとんどの場合、最新のOpenGLに対応しているので、 気にする必要はありません。

2DCAD機能をメインに使うのであれば、 NVIDIAやAMDの専用グラフィックスである必要はありません。

ディスプレイは、 いまノートパソコンで主流のフルHD(1920x1080)解像度以上が 推奨されています。

デスクトップの場合でも、 フルHDモニターであれば、 かなり安価に購入することができます。

ただ、 私のCADサポート経験則を踏まえた意見ですが、 設計の効率性を考えるならば、 もう少し解像度の高いモニターがおすすめです。

具体的には、WQHD(2560x1440)以上が推奨です。 2D図面は横に長くなることが多いので、 すべての図面が見渡せる解像度があることで 格段に設計効率がアップするからです。

CAD向けのディスプレイについては、 「おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方」 でも詳しく説明しています。 興味があれば、こちらも合わせてご覧ください。

ストレージについては、 インストール容量以上あれば問題ありません。 DraftSightのファイル容量は、そこまで大きくないため 大容量のストレージを用意する必要性は低いです。 いま、主流で販売されているパソコンでは、 256GB以上のSSDが付いていることが多いので、 購入時には、スペックを特に気にする必要はありません。

2DCAD機能をメインに使う場合のおすすめパソコンについては、 別のページで詳しく取り上げています。

もし、あなたが新しいパソコンを探しているならば、 こちらも合わせて、参考にしてみてください。

厳選!おすすめ2DCAD用パソコン6選

Macのスペック

MacBook

DraftSightはmacOSにも対応しているため、 Macを検討している方も少なくありません。

Macの推奨スペックについても、 Windowsと同様です。 具体的なスペック表は次の通りです。

推奨スペック

CPU
  • Mシリーズ
メモリ
  • 8GB以上
グラフィックス
  • OpenGL Ver3.2対応
ディスプレイ
  • WXGA(1280x768)以上
ストレージ
  • 2GB以上
インストール容量

MacBookAir、MacBookPro、iMac、Mac miniと、 いま販売しているMacであれば、 どの機種を選んでも推奨スペックを満たすことができます。

ただ、Windowsと比べると サポートされるOSの対応が遅い場合があります。 例えば、DraftSight2024では、 正式サポートがVenturaまでのことがありました。

あなたがもしMacを考えているならば、 一度、ダッソーシステムズに問い合わせてみるのがおすすめです。

3次元モデリング向けスペック

DraftSightのグレードが高いライセンスでは、 3Dモデリングが可能です。 その場合は、上で説明したパソコンのスペックよりも、 もう少し高性能なパソコンが適切です。

「DraftSight Premium」 「DraftSight Enterprise Plus」で 3Dモデリングをする場合は、 次の表のスペックがおすすめです。

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
メモリ
  • 8GB以上
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTXシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
GPUメモリ4GB以上

DraftSightの3Dモデリングで重要なのは、 CPUとグラフィックボードの性能です。

小さなパーツや部品、小物の設計などを 3Dモデリングするときには、 Corei5やRyzen5、CPU内蔵グラフィックスでも そこそこ動作するでしょう。 しかし、パーツ数が50個以上のような中規模以上の3Dモデリングでは、 高性能なCPUとNVIDIA、AMDのグラフィックボードがおすすめです。

3Dモデリングでは、 パーツの数が増えるほど、 そして形状が複雑になるほど3D表示の負担が増えるためです。

一般的に 3DCADで推奨されるスペックとして、 中規模以上の3Dモデリングを快適に作業するには、 最低でもGPUメモリが4GB以上のNVIDIA、AMDのグラフィックボードと それに見合うCorei7、Ryzen7が適切です。

メモリも設計規模に合わせて増やすのがいいでしょう。 パーツ数が50個未満の小規模な設計であれば 8GBでも動作しますが、それ以上になると 16GBを検討するのがおすすめです。

SolidWorks連携のスペック

SolidWorks画面

DraftSightは、 3DCADのSolidWorksとシームレスに連携しながら作業ができる仕組みになっています。

もし、DraftSightとSolidWorksを同じパソコンで使うならば、 SolidWorksの推奨スペックを満たすパソコンにする必要があります。

これは、 SolidWorksの方が要求されるパソコンのスペックが高いためです。

例えば、すでにSolidWorksを運用していて、 新しく2DCADとしてDraftSightを使うならば、 SolidWorksと同じパソコンにインストールして運用するのが適切でしょう。

逆にDraftSightを運用していて、 これから3DCADとしてSolidWorksを相互運用しようと考えているならば、 SolidWorksの推奨スペックを満たすパソコンを 新しく検討する必要があるでしょう。

SolidWorksは、CPU、メモリ、グラフィックボード共に ミドルエンド以上のクリエイターパソコンもしくは、 ローエンド以上のワークステーションが必須になります。

2DCADがメインのDraftSightでは、 ここまでハイスペックなパソコンを使っていないことが多いため、 SolidWorksに合わせる必要があるのです。

SolidWorksの推奨スペックについては、 「推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン」 で、詳しく説明しています。 もしよかったら、合わせてご覧ください。

ちなみに、 MacでDraftSightを運用している場合で、 これからSolidWorksとの連携を考えているならば、 新しくWindowsパソコンを購入するのがいいでしょう。

SolidWorksはMacには対応していないため、 相互運用が難しくなってしまいます。 パソコン間でのファイル交換の連携では、 運用時にわずらわしさを感じてしまいます。

できれば、 DraftSight、SolidWorksを同じWindowsパソコンで運用させて、 作業効率をアップさせることが望ましいです。

まとめ

「失敗しない!DraftSightパソコンのスペック選び方」についてのまとめです。

DraftSightの推奨スペックは、 一般的に2DCADで推奨されているスペックである。

MacのスペックもWindowsとほぼ同じ。 DraftSightのバージョンによって、 OSの対応状況が遅い場合があるので気を付ける。

3Dモデリングをする場合は、 グラフィックボードをNVIDIA、AMDの専用グラフィックスにするのが最適。 それに見合うスペックのCPUも必要。

SolidWorksとDraftSightを連携するときには、 パソコンのスペックを SolidWorksの推奨スペックに合わせる必要がある。

関連記事

厳選!おすすめ2DCAD用パソコン6選

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方・推奨スペック

快適!推奨スペックで選ぶAutoCADおすすめパソコン

失敗しない!IJCADパソコンのスペックの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない!IRONCADパソコンのスペックの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.