DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない!DRA-CADパソコンの選び方

dracadパソコンの選び方

「DRA-CAD用のパソコンはどんなスペックのパソコンが必要なのか?」

ここでは、DRA-CAD用にパソコンを検討している方に向けて DRA-CADが快適に動く「パソコンのスペックの目安」と 「パソコンを選ぶときのポイント」を解説しています。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

DRA-CADを使うパソコンの推奨スペック

DRA-CAD用のパソコンを選ぶには、 まずDRA-CAD開発元の建築ポビット公式サイトに載っている DRA-CADの推奨スペックを確認しておきます。

DRA-CAD動作環境・建築ポビット公式サイト

DRA-CADの公式サイトに載っているスペックは、 メモリやSSDが記載されていません。

私の経験をもとにして、DRA-CADの機能を考慮しながら 「おすすめのスペック」を提案するとこんな感じになります。

2DCAD・データ変換をメインに使う場合

CPU Corei5
メモリ 8GB
グラフィックス CPU内臓グラフィックス

3DCAD・3Dモデリングをメインに使う場合

CPU Corei7
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA Quadro、Tシリーズ、AMD RadeonPro(4GB GPU)

DRA-CADの使い方によって、 推奨のおすすめスペックを大きく二つにわけました。

このスペックを選んだ理由は、 DRA-CADと同じような機能を持つJw_cadやAutoCADの推奨スペックをもとにしています。

例えば、2DCADで図面を作成するはハイスペックなパソコンは必要ありません。 Jw_cadが快適に動くパソコンスペックです。

3DCADで3Dモデリングやレンダリングまでしたい場合は、 AutoCADでも高速なCPUとグラフィックスが必要になります。

こういう理由から私の経験を考慮すると、 建築系のCADはこの二つのパターンのスペックがおすすめです。

DRA-CAD向けのパソコンを選ぶ3つのポイント

DRA-CAD向きのパソコンを選ぶポイントとして、 この3つがあります。

  • CPUは中程度の性能より上を選ぶ
  • 2DCADなら10万円前後パソコンを選ぶ
  • 3DCADなら20万円前後パソコンを選ぶ

パソコン選びで失敗しないための重要なポイントが この3つになります。

CPUは中程度の性能より上を選ぶ

まずは、ポイントの1つ目としては 「中程度以上の性能を持ったCPUを選ぶ」です。

インテルだとCorei5以上、AMDだとRyzen5以上の CPUを選ぶことをおすすめします。

理由はソフトウェアの快適度は、 CPU性能にかなり依存するからです。

2DCADをメインに使うとしても、 CPUが低価格帯のパソコンに付いている性能だと 少し重たくて遅い感覚になることが多いのです。

例えば、ビジネス向けのモバイルパソコンは、 価格を抑えるために高速ではないけど省エネ性能がいいCPUが付いています。 具体的には「Coire3」や「Celeron」といったCPUです。

これらCPUは高速に動かす処理は得意ではないのです。 他のCADソフトでも中程度以上の性能が求められることがほとんどなので、 DRA-CADでも同じことが言えるわけです。

あとで後悔しないためにも、CPUは妥協しないでしっかりと良い物を 選ぶことをおすすめします。

2DCADなら10万円前後パソコンを選ぶ

平面で設計図を作ることをメインに考えている場合は、 10万円前後で購入できるパソコンスペックで十分です。

上で示した「2DCADメインで使う場合のスペック」が だいたい10万円前後で購入できるパソコンになっています。

これより安いパソコンだと、 CPUがCorei3などの小程度の性能になってしまうので、 少し役不足になる可能性があるわけですね。

しっかりと「おすすめスペックを満たしている10万円前後のパソコン」を 選んでください。

3DCADなら20万円前後パソコンを選ぶ

DRA-CADの3D機能を活用したいという方には、 20万円前後で購入できるワークステーションパソコンが適切です。

レンダリングや3Dモデリングには、 高性能なCPUと高性能なグラフィックスが必須になるためです。 これが得意なパソコンがワークステーションになります。

レンダリングで3Dのキレイな画像を なるべく速く出力するためには高性能なCPUが必須になります。

また、3Dモデリングは 3D画面と立面図、断面図を相互に見ながら作業することが多いです。 この3Dと2D画面をスムーズに描画してくれるのが専用のグラフィックスなのです。

NVIDIAやAMDのグラフィックスがついていることで、 3D画面の描画がかなり快適になるわけです。

DRA-CADの3D機能をバリバリ使いたい! という方には20万円前後のワークステーションがおすすめです。

DRA-CADおすすめのパソコンは?

DRA-CADのおすすめスペックを満たしている パソコンについては、別のページで紹介しています。

2DCADをメインにする場合のおすすめパソコンと、 3DCADをメインにする場合のおすすめパソコンの 二パターンあります。

DRA-CAD用のパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめ2DCAD用パソコン7選

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

まとめ

「DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方」 についてのまとめです。

DRA-CADのおすすめ推奨スペックは、 2DCADをメインに使い場合と3DCADをメインに使う場合で違う。

2DCADメインの場合と3DCADメインの場合ともに、 CPUは中程度以上の性能が必要。 省エネ性能が高くて処理速度が低めのCPUは選ばない。

2DCADメインならば、10万円前後で購入できるパソコンスペックが適切。

3DCADメインならば、20万円前後ので購入できるワークステーションパソコンが適切。

関連記事

初心者向け!建築CADパソコンの目安

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

Revitの推奨スペックとパソコンの選び方

Civilの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.