FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

FreeCAD用のパソコン選びを解説します

FreeCAD

「FreeCADを動かすパソコンは、どんなスペックが推奨なのだろうか?」

ここではそんな悩みに対して、 私の経験を踏まえてFreeCADの推奨スペックについて解説します。

FreeCAD向けのパソコンのおすすめスペックを 使用用途別に説明していきます。

また、具体的にどんなパソコンを選べばいいかも載せています。

目次

FreeCADパソコンのスペックの目安は?

さて、まずFreeCADの推奨スペックについてですが、 FreeCAD公式サイトには推奨スペックの記載はありません。

FreeCADはフリーソフトウェアなので、 ハードウェアに関しての動作サポートはしていないのです。

基本的にフリーソフトはサポートしているOSを記載することはあっても、 パソコンの推奨スペックを載せることはほとんどありません。 例えば、2DCADで有名なJw_cadも同じで、推奨スペックは載せていません。

ではどうすればいいかというと 「ユーザーの口コミを参考にパソコンスペックを検討する」のがおすすめです。

仕事柄、私もFreeCADを使う機会があるので、 私の経験からおすすめのスペックをあげるとこんな感じになります。

2Dや簡単な3Dモデリングをする場合

  • CPU: Corei5
  • メモリ:8GB
  • グラフィックス:CPU内臓インテルHD

複雑な3Dモデリングをする場合

  • CPU: Corei7、Xeon
  • メモリ:16GB以上
  • グラフィックス:NVIDIA グラフィックス

2Dや簡単な3Dモデリングをする場合

2Dで図面を書く場合や、 単品の3Dモデリングをする場合はハイスペックなパソコンは必要ありません。

よく一般的に使われている10万円前後のパソコンスペックで 十分にストレスなく設計作業ができます。

例えば、下の図のように10~100個前後くらいのパーツで作る場合が 「簡単な3Dモデリング」になります。2Dで図面も引いています。

FreeCAD

3D表示もインテル内臓のグラフィックスでストレスなく動きます。 カクつくこともほぼありません。

複雑な3Dモデリングをする場合

3Dモデリングでパーツの数が多かったり、 メッシュを細かく切っている場合は ミドルクラス以上のパソコンが必要になります。

他の3DCADで使われているパソコンと同じくらいの パソコンスペックがおすすめになります。

例えば、下の図のように100~1000個程度のパーツを組み合わせて、 丸みを帯びるくらいのメッシュ数にすることが 「複雑な3Dモデリング」になります。

FreeCAD

私の個人的な感想だと、 スペックが低いパソコンで1000個以上のパーツを組み合わせデータを読み込むと、 メモリがひっ迫することがあったり、 読込み時間が極端に長かったりすることがありました。

3Dの表示速度もカクカクしてしまうこともあるので、 おすすめは専用グラフィックボードとメモリを16GB以上、 そしてCPUはCorei7以上のハイスペックなものがおすすめです。

グラフィックボードは必要か?

上でも書いてきましたが、 2Dで図面を書く場合や簡単なモデリングをする場合は グラフィックボードは必要ありません。

しかし、複雑な3Dモデリングをする場合は NVIDIAのグラフィックボードがついているパソコンをおすすめします。 モデリングの効率を下げることはしたくないので、 専用グラフィックボードを付けてできるだけリスクは減らしておきましょう。

また、できあがった3Dモデルのレンダリングを考えている方にも グラフィックボードは有効です。

FreeCADから使えるレンダラーとして、 LuxCoreRenderがあり、そこではGPUも使ってレンダリングをします。

そのため、グラフィックボードをいれることで レンダリングの時間を減らすことができるわけですね。

FreeCADにおすすめのパソコン

2Dや簡単な3Dモデリングにおすすめパソコン

mouse X4-i5

CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD256GBのマウスコンピューターのノートパソコンです。

グラフィックスはインテルUHD グラフィックスです。

価格は9万5千円弱~で、コスパのいい低価格パソコンです。

HP ENVY 13-ba1000 スタンダードモデルG2

CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD 256GBのHPのノートパソコンです。

グラフィックスはインテルR Iris Xe グラフィックスです。

価格は12万円強~です。

mouse DT5

スペックは、CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD 256GBです。

グラフィックスはインテルUHDグラフィックス630です。

価格は7万6千円強~です。

複雑な3Dモデリングにおすすめパソコン

G-Tune P5

CPUはCorei5、メモリ16GB、SSD 512GBのエントリーモデルのゲーミングPCです。

グラフィックスはGeFroce GTX1650です。

価格は15万円弱です。

HP ENVY x360 13-ay1000 スタンダードモデルG2

CPUはRyzen5、Ryzen7が選択可能です。メモリ8GB~16GB選択可能です。SSD 256GB~1TB選択できます。

グラフィックスはAMD Radeonです。

Ryzen5、メモリ8GB、SSD 256GBのモデルで価格は10万円強~です。 AMDを基調とした価格メリットがあるクリエイターPCです。

Lenovo Legion 560i

CPUはCorei5またはCorei7から選択でき、メモリ16GBです。 SSD 512GBまたは1TBが選択できます。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX1650、RTX3060、RTX3070から選択可能です。

価格は Corei5、メモリ8GB、SSD512TB、GeForce RTX3060を選んで、価格は19万円弱です。

G-Tune EL-B

CPUはCorei5、メモリ16GB、SSD 512GBのエントリーモデルのゲーミングPCです。

グラフィックスはGeForce RTX3050です。

価格は17万円弱です。

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

HP Pavilion Gaming Desktop TG01-1172jp パフォーマンスエクストラモデル

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 256~512GBを選択できるミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiです。

価格は17万円強~です。 キャンペーンをしていることが多く、定価より6~7万円安く購入できます。

G-Tune HM-B

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのゲーミングPCです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060です。

価格は23万円強~です。

DAIV Z7

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのクリエイター向けパソコンです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060(GPU 12GB)です。

価格は24万円強~です。

ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

価格は21万円~です。 HPの人気ワークステンションで売り切れることもあります。

ThinkPad P15 Gen 2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1200 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei7、メモリ16GB、SSD256GB、Quadro T1200選択で 価格は25万円強~です。

DAIV 5N

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのクリエイター向けノートパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3060です。

価格は23万円強~です。

HP ENVY 15-ep1000 パフォーマンスモデルG2

CPUはCorei7、メモリ16GB~32GBを選択でき、SSD 1TBのクリエイター向けノートパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3050です。

価格は23万円強~です。 クリエイター向けの人気機種で、売り切れることが多々あります。

Legion 560

CPUはRyzen7、メモリ16GB、SSD 1TBのゲーミングノートパソコンです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060です。

価格は18万円強~です。

まとめ

「FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方」 についてのまとめです。

FreeCADはフリーソフトなので、 公式サイトに推奨パソコンスペックは載っていない。

スペックは、口コミなどのユーザーの体験談をもとにすると、 失敗しないパソコン選びができる。

2D図面や簡単な3Dモデリングをする場合は、 「Corei5、メモリ8GB、内臓グラフィックス」で ストレスなく動く。

複雑な3Dモデリングをする場合は 「Corei7以上、メモリ16Gb以上、NVIDIAグラフィックス」がおすすめ。

最後に・・・

他にも 3DCADパソコンを探しているという向けに おすすめのパソコンも紹介しています。

よければそちらものぞいてみてください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

おまけ・FreeCADはCAEもできる

ちなみに、FreeCADは応力を解析するなどのCAE機能も付いています。

FreeCAD

さて、この場合GPUが必要なのか?という疑問が浮かびますが、 計算中にタスクマネージャーを見る限りでは、 GPUは使っていないように感じました。

CPUの使用率がグンッ!と上がっていたので、 もし、CAEを考えている方はCPUスペックが高いパソコンが いいように感じています。

関連記事

人気のCAD 5選!失敗しないライセンス形態の選び方

Fusion360にグラフィックボードは必要?じっさい試してみた

初心者向け!建築CADパソコンの目安

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

Revitの推奨スペックとパソコンの選び方

Civilの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

Fusion360の推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

Inventorの推奨スペックとパソコンの選び方

CATIAおすすめパソコンはコレ!失敗しないパソコン選び

Creoの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

AutoCADの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

初心者向け!Fusion360の独学に必要な3つの必須アイテム

製造業の就職に有利な独学におすすめの3DCAD3選

Inventorの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

建築図面を書くためのパソコン選び・3つのポイント

SketchUp Proの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Archicadの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.