CATIAおすすめパソコンはコレ!失敗しないパソコン選び

厳選!CATIAおすすめパソコンと選び方

catia用パソコンの選び方

こんなことが知りたい

「CATIAにおすすめのパソコンってどんなのがある?どんなパソコンを選べばいい?」

ここでは、 CATIA 3Dエクスペリエンス用にパソコンを検討している方に向けて 「おすすめパソコン」を紹介しています。

また、CATIAが快適に動く「パソコンのスペックの目安」と 「パソコンを選ぶときのポイント」もあわせて解説しています。

パソコン選びのポイントについては、 「パソコン選びで失敗しないための3つのポイント」を取上げています。

会社でCATIAを使っていて、パソコンを買い替えようと考えている方には ぜひ見ていただきたい内容になっています。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

CATIAパソコンの推奨スペック

CATIA 3Dエクスペリエンスの推奨スペックですが、 開発元のダッソーシステムズの公式サイトには 明確に記載されていません。

メモリ、CPUはどんなスペックが推奨なのかについては、 特に明記がないのです。

基本的には「認定ハードウェア」という CATIA動作確認済みのパソコンを使うことが推奨されています。

認定ハードウェアはダッソーシステムズ公式サイトから 見ることができるので、あわせて参照ください。

認定ハードウェア・ダッソーシステムズ公式サイト

具体的なスペックですが、 認定ハードウェアのスペックと私のサポート経験を踏まえると、 以下のスペックが目安になるかと思います。

中小規模のモデリングをする場合

CPU Corei7、Ryzen7
メモリ 16GB以上
グラフィックス NVIDIA Quadro、Tシリーズ、AMD RadeonPro

大規模のモデリングをする場合

CPU Corei9、Xeon、Ryzen7
メモリ 32GB以上
グラフィックス NVIDIA RTX Aシリーズ、AMD RadeonPro

私がよくサポートしている分野は自動車分野ですが、 だいたいこんな感じのスペックパソコンを紹介しています。

中小規模のモデリングをする場合は、 ミドルエンドのワークステーションが適切です。

中小規模モデリングとはどれくらいか?というと、 例えば、「車のシート」や「エンジンの一部」といった 部品を設計するイメージです。

飛行機のタービンの一部だと以下のような画像のイメージです。

中小規模

中小規模でもトランスミッションのような「機構」を組み合わせたりすると、 複雑になりがちで、メモリ消費も多くなったりします。 推奨は16GB以上です。

大規模のモデリングをする場合は、 ハイエンドのワークステーションが必須になります。

大規模モデリングがどれくらいか?というと、 例えば、「車一台」であったり「航空機」であったり すべてのパーツを組み合わせて一つの製品を組み上げるところまでのイメージです。

車一台だと以下のような画像のイメージです。

大規模

大規模モデリングの場合は、 プレゼンのために高品質なサーフェスを使ったレンダリングも必要になりますので、 最新のグラフィックスも必要になってきます。

また、CPUパワーも必要になるので できるだけクロック数の速いCPUを選択するのがおすすめです。

CATIA向けのパソコンを選ぶ3つのポイント

「CATIAパソコンを選ぶポイント」を挙げると この3つがあります。

  • 認定ハードウェアがおすすめ
  • 大画面モニターは必須
  • CATIA販売元におすすめを聞く

パソコン選びで失敗しないための重要なポイントが この3つになります。

認定ハードウェアがおすすめ

キーポイントといってもいいかもしれませんが、 パソコン選びのポイントのひとつ目は 「CATIA認定ハードウェアがおすすめ」です。

CATIA用のパソコンは どうしてもハイスペックなワークステーションが必要になるため、 「購入したけどCATIAが正常に動かなかった…」は避けたいわけです。

不具合リスクを避けるためにも CATIAの認定ハードウェアを選ぶことをおすすめします。

ただ、人の価値観はそれぞれ違いますので、 必ずしも認定ハードウェアを選ばないといけない…というわけではありません。

認定ハードウェアとほぼ同じようなスペックで、 CPU、メモリ、グラフィックスをそろえれば、 ほぼ間違いなくCATIAは快適に動くでしょう。

国内メーカーは安くてハイスペックなワークステーションを購入できます。 価格のメリットを受けながらハイスペックなパソコンを 選ぶのも悪くはありません。

あなたが後悔しない方を選ぶのがいいと思っています。

大画面モニターは必須

パソコン選びのポイントの二つ目は 「大画面モニターを選ぶ」です。

デスクトップのワークステーションを選ぶのであれば、 絶対的におすすめなのが4Kモニター以上のモニターです。

ノートパソコンであれば、 外部モニターを別途買うことを強くおすすめします。

理由は解像度が低かったり、画面サイズ狭いと 設計効率がかなり落ちるためです。

CATIAは画面左にツリービューがあって、 右側に機能アイコンが並んでいます。 画面の真ん中で3Dモデリングをしていきます。

このときに画面サイズが狭くて解像度が低いと モデリングする範囲が狭くなるのです。

パーツ数が多くなればなるほど全体を見渡さなければいけないのですが、 解像度が低いとズームしたり離れたりをすることが多くなるわけですね。

高解像度で大きなモニターを使って、 こういう無駄なマウス操作を減らすことで 設計効率は格段にあがるのです。

ぜひとも、大きなモニターも一緒に検討してください。

3DCAD用のモニターについては、 別のページでまとめていますので よかったらそちらもあわせてどうぞ。

おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方

CATIA販売元におすすめを聞く

最後のポイントは「CATIAの販売元におすすめパソコンを聞く」ことです。

「あなたがCATIAを購入した会社におすすめのパソコンを聞くこと」が 失敗しないパソコン選びのポイントになるのです。

理由は、CATIAを販売している会社は、 「ユーザーにおすすめのパソコンを控えている」からです。

CATIAは販売店が多いので、 ダッソーシステムズから直接購入するということは多くありません。

私が勤めている会社はダッソー製品のサポートを請負っていますが、 販売は別の会社がしてるのです。

CATIAの販売会社は、「ユーザーからどんなパソコンが必要か?」 を聞かれたりします。 これは既存ユーザーでも新規ユーザーでもよく聞かれることです。

つまり、販売業者はユーザーからの問合せが多いから、 常にCATIAに適切なパソコンの情報を持っているわけですね。

このコネクションを使わない手はありません。

ノウハウや経験からあなたに最適なパソコンを提案してくれます。 なので、もし、販売業者さんと連絡が取れるようならば 相談してみることをおすすめします。

CATIAおすすめパソコン

私自身も会社で使っているパソコンも含めて、 CATIAにおすすめのパソコンを紹介します。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案していきます。

低価格だけど認定ハードウェアではないパソコン

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

DAIV Z7-A2

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA RTX A2000です。 最新のAmpereシリーズでコストパフォーマンスに優れたデスクトップパソコンです。

価格は29万円弱です。

DAIV X10-A5

CPUはCorei9、メモリ64GB、SSD 1TBのハイエンドパソコンです。

特に注目したいのはNVIDIA RTX A5000のグラフィックスが入っているところです。

Quadroの後継ともいわれる 最新のNVIDIA Aシリーズを採用しています。

価格は66万円弱です。 Aシリーズが入ったパソコンでこの価格の安さはマウスコンピューターならではです。

認定ハードウェアのパソコン

ThinkStation P520

CPUはXeon、メモリ8~32GBが選べます。 SSDも256~512GBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro P1000、P2000が選択可能です。 Quadro RTX4000~8000も選択できます。

予算に合わせてカスタイマイズ可能です。

メモリ8GB、SSD256GB、Quadro P1000選択で 価格は33万円強です。

ThinkPad P15 Gen 2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDA RTXA2000 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB、RTXA2000選択で 価格は27万円弱です。

HP Z2 Tower G5 icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~32GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T400~T1000と、 RTX A2000~A6000と、Quadro RTX4000とRTX6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T1000選択で 価格は22万円弱です。

HP Z4 G4 Workstation フルカスタマイズモデル icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~256GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T400~T1000または RTX A2000~A6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T600選択で 価格は40万円弱です。

ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

3DCADパソコンのエントリーモデルです。

価格は21万円~です。

ZBook Fury 15.6inch G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはRTX A2000です。

パフォーマンスモデルですが、 価格とスペックがちょうど良い感じのパソコンです。

価格は43万円強~です。

【Dell】New Precision 3561 プラチナモデル

CPUはXeon、メモリ8GB~256GBまで選択できます。 SSD 512GB~2TBまで選択できるハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T1200です。

グラフィックスはGPU 6GBあり、 3DCADパソコンに最適なスペックになっています。

価格は Xeon、メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T1200を選んで、価格は30万円弱です。

まとめ

「CATIAの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方」 についてのまとめです。

CATIAの推奨スペックは、ダッソーシステムズ公式サイトには載っていない。

動作確認済みのパソコンを「認定ハードウェア」として推奨している。

私の会社のCADサポート経験からおすすめを紹介すると、 中小規模のモデリングはミドルエンドのワークステーション。 大規模のモデリングはハイエンドのワークステーションがおすすめ。

CATIAパソコンを選ぶときのポイントは 「認定ハードウェアがおすすめ」 「大画面モニターは必須」 「CATIA販売元におすすめパソコンを聞く」の3つ。

不具合リスクを減らすために 認定ハードウェアがおすすめ。

設計効率をあげるために4Kモニターがおすすめ。

販売業者とのコネクションがあれば、 CATIAがよく使われているパソコンを紹介してもらうのがおすすめ。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

関連記事

Fusion360にグラフィックボードは必要?じっさい試してみた

Fusion360の推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

Inventorの推奨スペックとパソコンの選び方

Creoの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

初心者向け!Fusion360の独学に必要な3つの必須アイテム

製造業の就職に有利な独学におすすめの3DCAD3選

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

Inventorの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.