BricsCAD推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

BricsCADの推奨スペックとパソコンの選び方を解説

BricsCAD推奨スペック解説、失敗しないパソコン選び

こんなことが知りたい

BricsCADの推奨スペックは?

BricsCAD Liteにおすすめスペックは?

Macは何を選ぶのがおすすめ?

ここでは、BricsCAD向けのパソコンを検討している方に向けて 「BricsCADの推奨スペック」と 「パソコンの選び方」を解説しています。

「CPU、メモリ、グラフィックボードのスペックはどれを選ぶべき?」 「2DCADのBricsCAD Liteのスペックは?」 「Macを使うならどのようなスペックがいい?」 と、パソコン選びのときに気になることを取り上げて、 わかりやすく丁寧に説明していきます。

あなたのパソコン選びのお手伝いができれば幸いです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

BricsCADの推奨スペック

BricsCADの動作環境は、 開発元であるBricsys NVの公式サイトに掲載されています。

BricsCADの公式サイトには、 推奨される「推奨スペック」と、 最低限必要な「最小スペック」が 掲載されています。

具体的なスペックは、 以下の表のとおりです。

推奨スペック

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
  • Corei9
  • Ryzen9
3GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA
  • AMD
  • インテル
GPUメモリ4GB以上
ストレージ
  • SSD
ディスプレイ
  • 3840x2160
4K

最小スペック

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
メモリ
  • 8GB
グラフィックス
  • NVIDIA
  • AMD
  • インテル
GPUメモリ1GB以上
ストレージ
  • 2GB以上
インストール容量
ディスプレイ
  • 1920x1080
フルHD

上のスペック表は、 Bricsys NV公式サイトの情報をもとにして、 一部抜粋して転記しています。

BricsCAD のシステム要件・Bricsys NV公式

Macのスペックについては、 「Macの選び方」 の章で解説しています。

3D機能を使うときのおすすめスペック

上記の推奨スペックの表についてですが、 BricsCADの推奨スペックは、 3D機能を使うことを前提にしたものになっています。 具体的な対象のソフトは 「BricsCAD Pro」「BricsCAD Mechanical」 「BricsCAD BIM」「BricsCAD Ultimate」 におすすめのスペックです。

このスペックを採用しているパソコンの種類には、 「ワークステーション」と 「ミドルエンド以上のクリエイターパソコン」があります。

ここからは、 各パーツについて詳しく説明していきます。

まずは、CPUについてですが、 推奨スペックはハイエンドのCorei7かRyzen7以上のCPUが最適です。

CPUのスペック選びのポイントは、 BricsCADでは、コア数の多いCPUよりも クロック数が高いCPUを選ぶのが適切です。

これは、BricsCADが単一のCPUを主に使うようなプログラムになっているためです。 「シングルスレッド」とも呼ばれていて、 ひとつのCPUの使用率を高くしてアプリを動かしています。 そのため、コア数が多くても、 BricsCADの快適度はあまり上がらないのです。

続いては、メモリについてです。 メモリは、中小規模の設計までは16GBあればことが足りるでしょう。 私の3DCADサポート経験だと、 おおよそ500~1000個の部品数が中小規模の設計になります。

これ以上の部品数になると、 32GB以上のメモリのスペックをいつもおすすめしています。 特に、ファイルを開くときにメモリを多く消費するので、 メモリ不足になるとなかなかデータが表示されないこともあります。

つぎは、グラフィックボードです。 グラフィックボードはできるだけ NVIDIA、AMD、インテルのエンジニア向けグラフィックボードがおすすめです。

具体的なグラフィックボードは、 次の表のとおりです。

おすすめグラフィックボード

グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA RTX Adaシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
  • Intel ArcProシリーズ

GPUメモリが4GB以上が推奨されているので、 ローエンドのグラフィックボードでも十分です。

ただし、ディスプレイ解像度が高い場合は、 グラフィックボードのグレードを検討する必要があります。

理由としては、 ディスプレイ解像度が高くなると3D表示で負荷が高くなるため、 それに見合うスペックのグラフィックボードが必要になるためです。

例えば、 推奨されている4K解像度のモニターを使う場合は、 ミドルエンド以上のグラフィックボードが適切です。 具体的な機種で言うと、RTX A2000やT600、RTX Ada2000よりも 上位のグラフィックボードが適当です。

さて、 ゲーム用途向けのGeForce、Radeonはどうなのか?ですが、 GeForce、RadeonでもBricsCADは問題なく動作します。

ただ、一般的に3DCADは安定性を求められることが多いため、 仕事で使用する場合は、 3DCADでの信頼性の高いエンジニア向けグラフィックボードの NVIDIA RTXシリーズやRadeonProシリーズ、 インテルArcProシリーズをおすすめしています。

また、GeForce、Radeonと比べると、 エンジニア向けグラフィックボードは 設定項目が多いため、万が一、不具合が起きても設定を変えて 回避できる可能性が高くなります。

こういう理由から、 仕事で使うならエンジニア向けグラフィックボードの NVIDIA RTXシリーズやRadeonProシリーズ、 インテルArcProシリーズをおすすめしています。

続いて、ストレージについてですが、 SSDであれば問題ありません。 いま、一般的に販売されているパソコンは ほとんどSSDのため、意識する必要はないでしょう。

これらスペックを満たしたBricsCADにおすすめのパソコンについては、 別のページでまとめています。 興味があれば、こちらも合わせてご覧ください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン12選

最後に、ディスプレイです。 ディスプレイの推奨スペックは4K解像度になっていますが、 私自身の経験からいうと、2560x1440(WQHD)でも かなり効率よく設計できると考えています。

また、価格もWQHDの方がお手頃のため、 コスパを考えると2560x1440のWQHDがおすすめです。

もちろん、4Kを購入できる予算があるなら 4K解像度のほうが見える範囲も広いため、 設計効率が高くなります。

ここは、予算ありきで 検討するのが私個人的にはおすすめです。

3DCAD向けのモニターについては、 「おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方」 でもおすすめ商品を紹介していますので、 興味があれば、合わせてごらんください。

BricsCAD Liteのおすすめスペック

BricsCAD Lite

BricsCAD Liteは2DCAD機能のみを使うソフトなので、 BricsCAD Pro、Mechanical、BIM、Ultimateほど ハイスペックなパソコンは必須ではありません。

基本的には 2DCADが動作するスペックで十分です。 私のCADサポートの仕事から得た経験則になりますが、 つぎの表のようなスペックがおすすめです。

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
メモリ
  • 8GB以上
グラフィックス
  • CPU内蔵グラフィックス
ストレージ
  • SSD 256GB

このスペックのパソコンは、 一般的なビジネス向けパソコンでよく採用されているスペックです。 おおよそ10万円~15万円程度で購入できるパソコンです。

CPUは最低でもCorei5、Ryzen5が適切です。 これ未満のスペックになると ワードやエクセル、WEBブラウザなどの他のアプリケーションを BricsCADと同時に立ち上げた時に、 動きが遅くなってしまうことがあるためです。

メモリは、よほど大きなファイルを開かない限り、 8GBあれば足りるでしょう。 将来的にBricsCAD ProやMechanicalに アップグレードしたいならば、 16GB以上を選ぶのが得策です。

グラフィックボードは、 インテルの内蔵グラフィックスもしくは、 AMDのAPU内蔵グラフィックスでも問題ありません。

2DCADのBricsCAD Liteであれば、 GPU性能が高くなくても快適に動作します。

ストレージは一般的に販売されているパソコンで よく採用されているスペックで十分です。 BricsCAD Liteのファイル容量は、 そこまで大きくならないため、 ストレージ容量をあまり気にする必要はありません。

Macの選び方

MacBook

Macも基本的にはWindowsのスペックと変わりません。 スペック表は、次の通りです。

CPU
  • Mシリーズ
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • Mシリーズ
ストレージ
  • 256GB
ディスプレイ
  • Liquid Rentina
  • Rentina

3D機能を使うBricsCAD Pro、Mechanical、BIM、Ultimateでは、 MacBookPro、MacBookAir、iMac、Mac miniの どの機種を選んでも問題ありません。

ただ、注意したい点は メモリ容量を16GBにすることです。

MacBookProは、基本的に16GBメモリが主流ですが、 それ以外のMacBookAir、iMac、Mac miniは8GBメモリが主流です。 オプションで16GB以上に変更できる場合が多いので、 購入のときはメモリを増やすことをおすすめします。

MacはWindowsと違って、 少ないメモリでも軽快に動作することで知られています。 しかし、3D機能を扱う場合は、 通常の使い方以上にメモリを使うため、 余裕を持ったスペックにする必要があります。

Mシリーズは普通のメモリとGPUメモリを共有で使っています。 BricsCADのような3DCADでの3D表示では、 多くのメモリを使う傾向にあるため、 メモリは余裕を持ったスペックにする必要があります。

BricsCAD向けのMacについては、 「厳選!おすすめ3DCADパソコン12選」 で、具体的な商品を紹介しています。 もし、興味があれば、参考にしてください。

学生に最適なパソコンのスペック

BricsCADは学生向けのライセンスがあるため、 大学生、専門学生などが使うことも少なくありません。

学生の場合は、教育目的で使うことが多いため、 仕事で使うようなワークステーションや ハイエンドのクリエイターパソコンは必要ないと感じています。

理由としては、教育目的の場合、 大規模な設計をすることが少ないためです。

例えば、 教育目的で使う場合は、 BricsCADの基本操作と、 100個以下のパーツを組合わせた 小規模の設計をしながらスキルを習得するのが一般的です。

このような使い方で30万円するワークステーションは必要ありません。

さて、 具体的なおすすめのスペックは次の表のとおりです。

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce
  • AMD Radeon
GPUメモリ4GB以上

このスペックは主に 「ローエンドのゲーミングPC」 「クリエイターパソコン」 で、よく採用されています。

メモリは16GBがおすすめです。 最小スペックの8GBだと、卒業制作や少しスキルがついたときの 中規模モデリングでスペック不足になる可能性があるためです。 少し先の未来を考慮すると、余裕を持ったスペックがおすすめです。

グラフィックボードは、 ゲーム用途のGeForce、Radeonがコストも少なくておすすめです。

エンジニア向けグラフィックボードであるNVIDIA RTXシリーズや RadeonProシリーズは安定性がありますが、 価格が高いのため、学生にはメリットが少ないです。 学生には、GeForce、Radeonの「低価格」というメリットの方が有利です。

学生向けの3DCADにおすすめのパソコンは、 「大学生におすすめ!3DCAD向けノートパソコン6選」 で紹介しています。 興味があれば、合わせてご覧ください。

法人エンジニアと学生のグラフィックボード

まとめ

「BricsCAD推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び」 についてのまとめです。

BricsCADの推奨スペックは、 ローエンドのワークステーション以上。

3D機能を使う場合は、 NVIDIA、AMDのグラフィックボードがおすすめ。 インテルは内蔵グラフィックスではない ArcProがおすすめ。

BricsCAD Liteは2DCADで動作するスペックで十分。

Macの推奨スペックもWindowsと同じ。 Macを選ぶときは、 メモリ容量に気を付ける。

学生向けのスペックは、 ゲーミングPCで採用されるスペックがおすすめ。

関連記事

処理速度が一気にあがる!おすすめワークステーション

厳選!おすすめ3DCADパソコン12選

快適!Fusion360おすすめパソコン・推奨スペック解説

Jw_cadの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び

快適!推奨スペックで選ぶAutoCADおすすめパソコン

Inventor推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

iCADの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

PTC Creo推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

CATIAの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

失敗しない!SolidEdge推奨スペックパソコン選び

失敗しない!SolidEdge推奨スペックパソコン選び

SiemensNX向けパソコンのおすすめスペックを解説!

失敗しない!IRONCADパソコンのスペックの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.