AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

推奨スペックで注目したい3つのポイントとおすすめパソコンを紹介

AutoCAD

こんなことが知りたい

「AutoCAD用のパソコンは、どんなスペックが推奨なの?」

「AutoCADにおすすめのパソコンは?」

ここでは、 「これからAutoCADを始める方」や 「AutoCAD用のパソコンを新しく購入しようとしている方」に向けて、 「AutoCADの推奨スペック」と「パソコン選びのポイント」そして 「おすすめパソコン」 について解説していきます。

私は仕事でサポート業務をしていると、 お客さんから「パソコン選びでどんなことに気を付ければいいですか?」という 質問をよく受けます。

そのときにいつも答えている 「AutoCADパソコン選びで重要な3つのこと」について解説していきます。

あなたの問題解決のお手伝いができればうれしいです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

AutoCADの推奨スペックはコレ!

まずは、Autodesk公式サイトで掲載している AutoCAD推奨スペックについてチェックします。

AutoCAD の動作環境・Autodesk公式サイト

Autodesk公式サイトに載っている推奨スペックで、 3DCADパソコンに重要な「CPU、メモリ、グラフィックス」を取上げて、 私のおすすめも加味するとこんな感じのスペックになります。

CPU
  • Corei5
  • Corei7
  • Ryzen5
  • Ryzen7
3GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA Quadroシリーズ
GPU 4GB以上

新しいパソコンを購入する場合は、 2Dをメインに使っているという方でも、 できるだけこの推奨スペックをおすすめしています。

理由は、 「今後CAD業界が、2Dと3Dの両方を使って設計するような流れになっているから」です。

例えば、2DメインだったAutoCAD LTが販売終了になってAutoCADに統合されたのも、 「2Dと3Dを両方使うのが当たり前になっていく」という流れを受けたからだと感じています。

だから、今後のことも考えて、 AutoCADの3D機能が快適に動くパソコンをおすすめしています。

AutoCADパソコン選び3つのポイント

AutoCADのパソコンを選ぶときに注目したいポイントは、 この3つになります。

  • 認定グラフィックスを選ぶ
  • メモリは大容量にする
  • CPUはクロック数が高いものを

「なぜ、認定グラフィックスを選ぶ必要があるのか?」 「なぜ、大容量メモリがおすすめなのか?」 「なぜ、CPUはクロック数が高くなければいけないのか?」

このあと、説明していきます。

1.AutoCADの認定グラフィックスを選ぶ

まずは、最も重要なポイントとして挙げたいのが、 グラフィックスのスペックです。

AutoCAD用のパソコンでは、 NVIDIAもしくはAMD製の「認定グラフィックス」を選ぶことがおすすめです。

認定グラフィックスとは、 「このグラフィックスはAutoCADの動作確認が取れていますよ」という 動作保証をしているハードウェアのことをいいます。

なぜ、認定グラフィックスがおすすめなのか? その理由は、「AutoCADの3D表示で不具合があったときに無駄な時間を取られるから」です。

例えば、独学や仕事のために新しいパソコンを購入したときに、 AutoCADが正常に動かなかった場合、まずトラブルシュートをしなければいけません。

つまり、本来の目的と違うことに時間を費やさなければいけないリスクがあるわけですね。

だから認定グラフィックスが入っているパソコンがおすすめなのです。

ちなみに、AutoCADの認定グラフィックスは、 Autodeskの公式サイトから確認することができますので、 まずはここもチェックしてください。

認定グラフィックス ハードウェア・Autodesk公式サイト

グラフィックスの種類についてですが、 必ずしも最新のグラフィックスを選ぶ必要はないと思っています。 推奨である4GB以上のGPUメモリであれば、問題ないです。

グラフィックスは高価なので 予算に合わせてオーバースペックにならないように選ぶのがコツです。

例えば、AutoCADで図面から立体表示するくらいの使い方であれば、 TシリーズやQuadroのミドルエンドくらいで十分でしょう。

立体表示

大学の授業やゼミなどで、 勉強のために設計するというと、この立体表示くらいまでのところが多いのではないでしょうか。

仕事でAutoCADを使うとなると、 もう少し上のクラスのグラフィックスがおすすめになってきます。

素材の質感や光の当たり具体までそれなりに再現したいとなると、 やはり4GB GPU以上のグラフィックボードが必要になります。

立体表示

お客さんに見せる時は、 だいたいこのくらいの質までは作業してイメージを抱いてもらいますかね。

2.大容量メモリにして複雑な設計も軽快にできるようにする

ポイントの2つ目はメモリのスペックに関してです。

AutoCADで平面図での設計と立体表示くらいまでであれば、メモリは8GBあれば十分です。 しかし、素材の質感見てもらうような3D表示までするならば メモリは16GB以上がおすすめです。

なぜ、16GBのような大容量メモリが必要なのか? その理由は、「メモリ不足でAutoCADの動作が遅くならないようにするため」です。

設計で使う部品の数が多くなるとメモリが足りなくなってしまうことがあります。 例えば、戸建ての内装などを表現すると、けっこうな数の部品を使うわけですね。 そこでメモリが不足していると、AutoCADの動作が急激に遅くなり、快適に使えなくなってしまいます。

こうなると、作業効率が悪くなり まともな設計ができなくなる可能性があるのです。

また、AutoCADを使っているときに、 なにか別のソフトウェアを同時に起動しているとメモリ不足になることもあります。

例えば、壁紙に使うテクスチャを作るために Photoshopを同時に起ち上げている場合、メモリを多く使うのです。

また、ワードやエクセルを同時に起ち上げながら作業をしたり、 他の3DCADソフトと連携して同時に起ち上げて作業することがあります。

こういう快適性を失うリスクを避けるために、 大容量メモリをおすすめしています。

3.CPUはクロック数が高めのものを選ぶ

3つ目のポイントが、CPUについてです。

AutoCAD用パソコンのCPUは、 できるだけクロック数の高いスペックがおすすめです。

なぜ、CPUのクロック数が高い方がいいのか? その理由は、「AutoCADは多機能なのでクロック数が高い方が快適に動くため」です。

例えば、複数図面の重ね合わせだとか、スクリプトの実行など AutoCADは便利な機能があります。 図面の重ね合わせは数が少なければ一瞬ですが、 数が増えるほどCPUスペックが必要になってきます。

スクリプトも一つのスクリプトを実行するのは一瞬ですが、 いくつものスクリプトを同時に実行するときには 性能の高いCPUが必要になってきます。

一般的に3D表示やベクトル、行列計算でGPUが使われることが多いですが、 その他の処理はほぼCPUが行います。

例えば、CPUのクロック数が高いことでユーザーインターフェースの更新速度や 3D画面の更新速度にも違いが出てきます。

ソフトウェアでは通常、CPUに余力があるときに常に画面の更新をするように プログラミングするのが定石です。

CPUの性能が高いと余力がある時間が多くなるので、 更新速度も速くなり、操作に対する反応速度も速くなります。 つまり、快適に感じるわけですね。

こういう快適性を上げて、作業効率を最大限にするために、 CPUのクロック数を高くすることをおすすめしています。

ちなみに推奨は3GHz以上ですが、 個人的には2.5GHz~2.9GHzでも十分に使えるスペックだと感じています。

もし、予算が厳しいようであれば、 必ずしも3GHz以上ではなくてもいいと個人的には感じています。

AutoCADにおすすめのパソコン

デスクトップとノートパソコンで、 価格とスペックでおすすめのパソコンを紹介していきます。

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512TBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

DAIV Z7-A2

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA RTX A2000です。 最新のAmpereシリーズでコストパフォーマンスに優れたデスクトップパソコンです。

価格は27万円強~です。

HP Z2 Tower G5 icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~32GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T400~T1000と、 RTX A2000~A6000と、Quadro RTX4000とRTX6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、QuadroT1000選択で 価格は22万円弱です。

ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512TBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

3DCADパソコンのエントリーモデルです。

価格は21万円~です。

ThinkPad P15 Gen 2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1200 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei5、メモリ16GB、SSD512GB、Quadro T1200選択で 価格は24万円強です。

【Dell】New Precision 3561 プラチナモデル

CPUはXeon、メモリ8GB~256GBまで選択できます。 SSD 512GB~2TBまで選択できるハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T1200です。

グラフィックスはGPU 6GBあります。

価格は Xeon、メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T1200を選んで、価格は30万円弱です。

MacとWindowsどちらにすれば?

AutoCADはMacも対応しています。

工業デザインや建築系の設計をする仕事では、 Macを使っている方も多いです。

MacとWindows版はどちらがいいか?という質問に対しては、 「周りの人が使っているOSのパソコンを選ぶのがベスト」という回答です。

仕事場では周りの人がMacを使っていて、 一人だけWindowsだと色々困ることがあります。

AutoCADのみを使って仕事をするわけではないので、 MacにあってWindowsにないソフトで設計仕様書を作って開けない… なんてリスクも少なからずあります。

ちなみに、AutoCADのdwgファイルの互換性は保たれているので、 データのやり取りは問題ないです。 問題なのはAutoCAD以外のデータのやり取りだったりするわけです。

そういう面倒なことを避けるためには、 周りの人が何を使っているか確かめてから AutoCAD for Macを選ぶか、Windows版を選ぶかを決めるのがいいかと思います。

ちなみに、AutoCADにおすすめのMacパソコンも紹介しているので よかったらそちらもあわせてどうぞ。

おすすめMacパソコン・厳選!おすすめ3DCADパソコン

まとめ

「AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント」 についてのまとめです。

AutoCADで2Dをメインに使っていても、 今後のことを考えて3Dが使えるスペックのパソコンにするのがおすすめ。

グラフィックスはNVIDIAまたはAMDの認定グラフィックスがついている パソコンを選ぶのがおすすめ。

設計した3Dモデルのデータセットが大きくなっても対応できるように 大容量メモリにすることがおすすめ。

クロック数が高い方が、快適度数が高くなるので、 できるだけCPUクロックが高いパソコンがおすすめ。

MacかWindowsで悩んでいるならば、 周りの人が何を使っているかで選ぶ。

ここで紹介しているパソコン以外にも 3DCAD用のおすすめのパソコンを紹介しています。 よかったらあわせて検討してみてください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

関連記事

人気のCAD 5選!失敗しないライセンス形態の選び方

初心者向け!建築CADパソコンの目安

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

Revitの推奨スペックとパソコンの選び方

Civilの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

AutoCADの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

初心者向け!Jw_cadの独学に必要な3つの必須アイテム

建築の就職に有利な独学におすすめのCAD3選

製造業の就職に有利な独学におすすめの3DCAD3選

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

Inventorの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

建築図面を書くためのパソコン選び・3つのポイント

SketchUp Proの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Archicadの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

BIMのおすすめパソコン11選

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.