Fusion360の推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

Fusion360用パソコンのスペック目安と選び方

fusion

こんなことが知りたい

Fusion360の推奨スペックは?

Fusion360向けパソコン選びのポイントを知りたい

ここでは、Fusion360用のパソコンを検討している方に向けて 「Fusion360のパソコンスペックの目安」と 「失敗しないパソコン選びのポイント」を解説しています。

Fusion360は、比較的スペックの低いパソコンでも動作する3DCADソフトです。 しかし、中規模以上の設計になってくると、低いスペックのパソコンでは 快適に動かなくなることも多々あります。

これを考慮して、 「小規模のモデリングをする場合」と 「中規模以上のモデリングをする場合」での 推奨スペックを解説していきます。

また、「Fusion360におすすめのパソコン」もあわせて紹介していきます。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

Fusion360パソコンの推奨スペック

まず、Fusion360の動作スペックについてですが、 Audodeskの公式サイトで確認することができます。

Autodesk Fusion 360 の動作環境・Autodesk公式サイト

Audodesk公式サイトに載っている動作スペックは、 「この仕様を満たせばFusion360が動きます」という目安です。 ストレスなく快適に動くかどうかではないことに注意してください。

ちなみに、Fusion360は「モデリングする規模」によって、 パソコンのスペックを変えるのがおすすめです。 なぜなら、Fusion360はスペックの低いパソコンでもある程度動いてしまうためです。 Autodesk公式サイトに載っている動作スペックも最低限動くスペックが記載されています。

例えば、Fusion360はCPU内蔵グラフィックスでも動作しますが、 複雑なモデリングをしたときに部品数が多くなることで、 3D表示が極端に遅くなることもあります。

つまり、公式サイトに載っている最低限動くスペックのパソコンを買ってしまうと、 少し複雑なモデリングをしたときに 動きが遅くなってしまったり、途中で止まってしまうリスクがあるということです。

このリスクを減らすためにも、 「自分がどのような規模のモデリングをするのか」を考えて パソコンスペックを選定する必要があります。

そのモデリング規模を踏まえて、 さらに私のサポート経験を考慮して、 スペックを選定してみました。

Autodesk公式サイトに載っている動作スペックから 3DCADで重要な「CPU、メモリ、グラフィックス」をピックアップして、 モデリング規模別にまとめた推奨スペックが以下の表です

小規模なモデリングをする場合

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
1.7GHz以上
メモリ
  • 8GB
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • CPU内蔵グラフィックス

中規模以上の複雑なモデリングをする場合

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
3GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTXAシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
NVIDIA、AMDはGPU 4GB以上

上の表に載っているスペックは、Windowsパソコンについてです。

Macについて

Fusion360はMacも対応しています。

最新のMシリーズを搭載したパソコンでいうと、 Macは「小規模モデリングはM1、M2」 「中規模以上モデリングはM1 Pro、M1 Max」がおすすめです。

メモリは上の表と同じ容量が適切になります。

Macを選ぶときの注意点ですが、 MacのMシリーズが搭載されているパソコンでは、 Rosetta2をインストールしないと正常に動かない場合があります。

Fusion360の動作確認がされているハードウェアとして Autodeskは「認定グラフィックス」というものを載せています。

認定ハードウェアの詳しい情報は、Autodesk公式サイトに載っています。

認定グラフィックス ハードウェア・Autodesk公式サイト

2022年9月現在、 「Mac OSX 12」で「Apple M1 8コア」が認定ハードウェアとしてあり、 動作確認済みです。

モデリング規模の目安

推奨スペックについて「小規模モデリング」と 「中規模以上モデリング」に分けて説明しましたが、 そもそも「モデリング規模がわからない」場合もあるかと思います。

Fusion360のパソコン選びで失敗しないためには、 「あなたがどのくらいの規模の3Dモデリングをするのか を把握することがポイント」です。

ということで「小規模の3Dモデリング」と 「中規模以上の3Dモデリング」 について、簡単な例を出して説明していきます。

ちなみに、小規模と中規模以上のモデリングをするユーザーとしては、 こんな方がいるかと思います。

小規模の3Dモデリング

  • 初めてFusion360を使う人
  • 大学の授業でFusion360使う学部生
  • 社会人1~3年目のエンジニア

中規模以上の3Dモデリング

  • 200以上の部品を組合せて設計する人
  • 大学の研究のためにFusion360を使う大学院生
  • 社会人4年目以上のエンジニア

私が会社でサポートさせてもらったお客様は、 おおまかにこんな感じでした。 あくまで個人的な経験をもとに振り分けたので、 目安として考えていただければと思います。

小規模のモデリング

まずは、小規模モデリングがどれくらいの規模なのか?についてです。

「小規模の3Dモデリングとはどのようなものを作ることを言うのか?」 ですが、例えば、カッターナイフのような製品を設計する程度です。 図だとこんな感じです。

カッターナイフ

この3DCADデータは、Fusion360のサンプルデータに入っています。 部品の数も6個と少ないです。 部品の端を丸くするような「面取り」や「フィレット」という設定も少なくしています。

小規模モデリングのおおよその目安としては、 部品に当たる「コンポーネント数が50個以内」です。 部品の形状は、 穴や押し出し部分が少なく、シンプルなものを使います。

簡単なものしか作れないように思われますが、 50個のコンポーネントがあれば、 日用品や家具、小物などの設計はほとんどできます。

カッターナイフの他にどのようなものが 小規模モデリングに当たるかというと、 例えば、「卓上ランプ」などもあります。 Fusion360のサンプルデータに入っています。

ランプ

趣味や独学、 会社で簡単なものを設計する場合には、 小規模モデリングのスペックのパソコンで十分でしょう。

また、できたモデルの画像を出力する機能のレンダリングもある程度できます。 Fusion360はテクスチャ機能といって、 部品の表面に画像を貼ることができますが、 このテクスチャーの数も少なければ短時間でレンダリングできます。

中規模以上のモデリング

続いて、中規模以上のモデリングについてです。

「中規模の3Dモデリングとはどのような設計か?」というと、 例えば、車全体を3Dモデリングするような感じです。 図で表すと、こんな感じです

車

この3DCADデータは、部品であるコンポーネント数が約1000個あります。 ドアの部分がジョイントで接続されていて開閉する仕組みになっていたり、 車体の部品が丸みを帯びるように面取り加工が施されています。

中規模以上のモデリングのおおよその目安としては、 部品に当たる「コンポーネント数が50個以上」です。 コンポーネント同士が接続されて動く仕組みを入れたり、 部品形状も複雑なものを使います。

この他の例としては、 ラジコンの車体に載っている部品のモデリングなども コンポーネントの数が多くなる中規模以上のモデリングになります。

車

ギア形状やバネ形状のような複雑な形の部品を ストレスなく加工したり表示するためには、 CPUとグラフィックス性能が高くないといけません。

部品の数が多くなると、メモリ容量も多く必要になります。

おすすめパソコン

当サイト経由で選ばれた デスクトップパソコンの1位~3位と、 ノートパソコンの1位~3位をピックアップしました。

そのほか、おすすめの機種も合わせて紹介しています。

デスクトップの人気ランキング

DAIV Z7-A2

No.1

マウスのクリエイターパソコンです。 CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 2TBのハイエンドデスクトップパソコンです。

グラフィックスはRTXA2000です。

価格は33万円弱です。

DAIV Z7-T1

No.2

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT1000です。

価格は26万円強です。

HP Z4 G4 Workstation フルカスタマイズモデル icon

No.3

icon icon

HPのワークステーションです。 CPUはXeon、メモリ8~256GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T400~T1000または RTX A2000~A6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ8GB、SSD512GB、NVIDIA T600選択で 価格は34万円弱です。

レンダリングに向いているスペックとして メモリ64GB、SSD512GB、NVIDIA RTXA5000選択で 価格は87万円強です。

ノートパソコンの人気ランキング

ZBook Firefly 16 inch G9 icon

No.1

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB~64GB選択可能で、SSD512GB~2TB選択可能な ミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T550です。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB選択で、 価格は31万円強です。 HPの人気ワークステンションで売り切れることもあります。

ThinkPad P15 Gen 2

No.2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDA RTXA2000 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB、RTXA2000選択で 価格は27万円弱です。

ZBook Power 15.6inch G9 icon

No.3

icon icon

HPのモバイルワークステーションです。 CPUはCorei7、メモリ16GB~32GB選択可能で、 SSD 512GB~1TB選択可能のミドルエンドワークステーションです。

グラフィックスはRTXA1000または、RTXA2000です。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB、RTXA1000選択で 価格は37万円強~です。

他のおすすめパソコン

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

DAIV Z9-A45

マウスのワークステーションです。 CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 1TBのハイエンドパソコンです。

特に注目したいのはNVIDIA RTX A4500のグラフィックスが 入っているところです。

価格は54万円強です。 RTXAシリーズが入ったパソコンでこの価格の安さはマウスならではです。

Z2 Mini G9 icon

icon icon

HPのワークステーションです。 CPUはCorei5、Corei7、Corei9を選択可能で、 メモリ16~32GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドのパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T400、T1000または RTX A2000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

Corei5 3GHz、メモリ16GB、SSD512GB、NVIDIA T400選択で 価格は34万円弱です。

ThinkStation P360 Tiny

CPUはCorei3~9が選択可能です。 メモリも8GB~64GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはT400~T1000が選択可能です。

予算に合わせてカスタイマイズ可能です。

Corei5、メモリ8GB、SSD512GB、グラフィックスT600選択で 価格は23万円強です。

【Dell】Precision 3450 Small Form Factor

CPUはCorei5~Xeonが選択可能で、メモリ8GB~128GBまで選択できます。 SSD 256GB~2TBまで選択できるエントリーモデルのパソコンです。

グラフィックスはQuadro P400~P1000、T400~T1000が選択できます

また、NVIDIAだけではなく AMD RadeoPro WX2100、WX3200も選択できます。

カスタマイズ性の高さは、 他のメーカーと比べるとかなり高いです。

価格は Corei5、メモリ8GB、SSD256GB、Quadro T400を選んで、価格は30万円強~です。

【Dell】New Precision 3570 プラチナモデル(大容量メモリー・大容量SSD・グラフィックカード搭載)

DELLのモバイルワークステーションです。 CPUはCorei7、メモリ16~64GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDA T550 4GB GPUになります。

Corei7、メモリ16GB、SSD512GB、SSD512GB選択で 価格は25万円弱です。

【Dell】Precision 3560 プレミアムモデル(SSD・グラフィックカード搭載)

CPUはCorei5、メモリ8GB~64GBまで選択できます。 SSD 256GB~1TBまで選択できるミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

価格は Corei5、メモリ8GB、SSD256GB、NVIDIA T500を選んで、価格は17万円弱です。

Macのおすすめ3DCADパソコン

MacBookPro 8コアCPU 10コアGPU AppleM2チップ

「メモリ16GB、Apple M2チップ、SSD 512GB、13インチ」の 8コアCPU、10コアGPUモデルです。

M2搭載の高性能MacBookProです。

MacBook Pro 14インチ Apple M1 Pro

「メモリ16GB、Apple M1Proチップ、SSD 512GB、14インチ」の 8コアCPU、14コアGPUモデルです。

持ち歩きもできる14インチモニターの小型ノートタイプです。

Mac Studio

デスクトップタイプで「メモリ32GB、Apple M1 Max、SSD512GB」 10コアCPU、24コアGPU M1 Max搭載モデルです。

モニタは別途購入の必要があります。

Fusion360のグラフィックスはどれを選ぶ?

一般的に3DCADはQuadroシリーズやRadeonProシリーズが推奨です。 しかし、Fusion360はDirectXによる3D表示やアニメーション表示をしているので、 GeForceやRadeonでもパフォーマンスを出すことができます。

つまり、 低価格でコストパフォーマンスが高いNVIDIAのGeForce、AMDのRadeonシリーズ でも動作するわけですね。

また、CPU内蔵グラフィックスでもある程度は動きます。 しかし、コンポーネント数が多くなり、 メモリ不足するとFusion360ソフト上でグラフィックスの機能制限がかかります。 Fusion360画面に警告が出てきます。

CPU内蔵グラフィックスはこういうリスクがあるので、 予算が少ない場合でも NVIDIA、AMDのエントリーモデルを選ぶことをおすすめします

ちなみに、Quadroシリーズ、RadeonProシリーズは認定グラフィックスに指定されています。 認定グラフィックスとは「Fusion360の動作確認済みグラフィックス」のことです。

認定グラフィックスはAutodesk公式サイトに載っているので、 あわせてそちらも参照してもらえればと思います。

認定グラフィックス ハードウェア・Autodesk公式サイト

Fusion360の動作確認済みで安心を得たいならばQuadro、RadeonProシリーズで、 価格を抑えたいならばGeForce、Radeonシリーズを選択するのがおすすめです。

他の3DCADソフトと連携して使う方のパソコン

Fusion360の特長としてあるのが、他の3DCADソフトとの連携です。 Fusion360と連携することの多いソフトを挙げると、 こんな3DCADソフトがあります。

Fusion360と連携が多いソフト

  • Inventor
  • Alias
  • SolidWorks
  • Revit
  • Maya

特に「Inventor、Alias、SolidWorks」とは連携しやすいように Fusion360からモデルをエクスポートする機能があります。

さて、Fusion360と他の3DCADソフトを連携させて同じパソコンで両方動かす場合は、 推奨スペックの高い方を基準にパソコンを選ぶ必要があります。

つまり、大は小を兼ねるわけです。

ちなみに、Inventor、Alias、SolidWorks、Revit、Mayaの推奨スペックを見てみると、 すべてのソフトがFusion360の推奨スペック以上になっています。

この5つの3DCADソフトとの連携を考えていて、 かつ同じパソコンでFusion360も使うのであれば 必ず連携するソフトの推奨スペックを基準にパソコン選びをすれば 失敗しないでしょう。

Inventor、Alias、SolidWorks、Revit、Mayaには 認定ハードウェアといって、 動作保証をしているグラフィックスまたはパソコンがあるので、 パソコン購入前にはそちらも絶対チェックしてください。

各3DCADソフトウェアの推奨スペックについては、 別のページでまとめていますので、 そちらもあわせて参照ください。

Inventor用パソコンのスペック

Alias用パソコンのスペック

Maya用パソコンのスペック

SolidWorks用パソコンのスペック

Revit用パソコンのスペック

Alias用パソコンのスペック

おまけ・Fusion360は3Dプリンタとの連携がシームレスな件

私の同僚が会社でFusion360を好んで使っています。 その理由は「3Dプリンタとの連携がしやすいから」らしいのです。

通常、3Dプリンタに形状データを持っていくときは STL形式でデータのやり取りをします。

このSTLデータは汎用フォーマットなので、 ほぼすべての3DCADソフトで出力ができます。

じゃあ、Fusion360でなくてもいいのでは?と思いますが、 他の3DCADだとSTLを3Dプリンタに持っていきプリントアウトすると 崩れてしまうことがけっこうあるのだとか。

Fusion360はここら辺をうまく調整してくれて、 崩れない形状のデータでSTL出力してくれるのですね。

Fusion360と3Dプリンタの連携がいい!という理由は、 ここにあったりします。

関連記事

Fusion360にグラフィックボードは必要?じっさい試してみた

初心者向け!Fusion360の独学に必要な3つの必須アイテム

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

Inventorの推奨スペックとパソコンの選び方

CATIAおすすめパソコンはコレ!失敗しないパソコン選び

Creoの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

初心者向け!MayaのVR機能で3Dモデリングする方法

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

製造業の就職に有利な独学におすすめの3DCAD3選

厳選!3DCADにおすすめのグラフィックボード5選

Inventorの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.