Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

Mayaを使うパソコンの推奨スペックと選び方

maya

こんなことが知りたい

Mayaでモデリングに適しているパソコンのスペックは?

Mayaでアニメーション作成におすすめのパソコンは?

ここでは、 Maya向けのパソコンを検討している方に向けて 「Mayaパソコンのスペックの目安」と 「パソコンを選ぶときのポイント」を解説しています。

パソコン選びのポイントについては、 Mayaでよく使われる3つの用途について説明していきます。

  • キャラクターのモデリング
  • 製品デザインのモデリング
  • アニメーション作成

この3つの用途に注目して、 パソコン選びのポイントを解説します。

また、合わせて「Mayaにおすすめのパソコン」も紹介しています。 私の3DCAD、3DCGサポート経験をもとに 初心者・中級者・上級者に最適なパソコンをピックアップしました。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

Mayaパソコンの推奨スペック

Maya用のパソコンを選ぶには、 まずAutodesk公式サイトに載っている Mayaの推奨スペックを確認しておきます。

Mayaの動作環境・Autodesk公式サイト

Autodesk公式サイトに載っている推奨スペックから 3Dデザインソフトで重要な「CPU、メモリ、グラフィックス」をピックアップして、 私の経験を考慮すると、おすすめスペックは下の表になります。

CPU
  • Corei7 以上
  • Ryzen7
メモリ
  • 16GB 以上
グラフィックス
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA GeForce RTXシリーズ
  • AMD RadeonPro Wシリーズ
  • AMD Radeon RXシリーズ
いずれもGPU 4GB以上

CPUのスペック

まずはCPUですが、「Corei7以上がおすすめ」です。

理由は、Mayaには「ワークステーション」か「ゲーミングパソコン」が 最適だからです。

この「ワークステーション」か「ゲーミングパソコン」で よく使われているCPUがCorei7以上になります。

ちなみにAutodesk公式サイトには、 CPUについて「64ビット インテルまたはAMD マルチコアプロセッサ」 と書いてあり、具体的なスペックについては記載がありません。

なぜCorei7以上なのか? ここで注目したいのが「グラフィックス」と「メモリ」のスペックです。

MayaではグラフィックスはNVIDIAまたはAMDが必須になっています。 また、メモリも16GB以上が推奨になっています。

このグラフィックスとメモリのスペックを満たすパソコンは、 「ワークステーション」か「ゲーミングパソコン」になります。

そして、「ワークステーション」と「ゲーミングパソコン」で よく使われているCPUがCorei7以上なのです。

つまり、Mayaは高性能な「グラフィックス」と「メモリ」が推奨なので、 それにあわせた高性能CPUも必要になる、というわけです。

メモリのスペック

続いて、メモリについては「16GB以上が推奨」です。

メモリ8GBが最小構成になりますが、 少し高精度な3Dモデルを作ろうとするとメモリ不足になるリスクがあります。

メモリ不足になると 急激に動作が遅くなり作業にならない場合があります。 そうならないためにもメモリを多めにしておく必要があります。

学生やMaya初心者の方でも、 少し余裕をもってメモリは16GBがおすすめです。

グラフィックスのスペック

最後にグラフィックスですが、 NVIDIAかAMDの専用グラフィックスが必須です。

Mayaの動作保証がされている「認定ハードウェア」として、 このNVIDIAとAMDのグラフィックスがあります。

必ず認定ハードウェアのグラフィックスが搭載されている パソコンを選んでください。

理由は「新しくパソコンを買ったけど、3D描画でうまく動かない…」という リスクを避けるためです。

認定ハードウェアについては、 Autodesk公式サイトから調べることができますので、 そちらもあわせて見てみてください。

認定グラフィックス ハードウェア・Autodesk公式サイト

「ゲーム用のグラフィックスであるGeForce、Radeon」と、 「CAD用のグラフィックスであるQuadro、RareonPro」がありますが、 基本的にどちらを選んでも問題ありません。

ただ、用途によってMayaと他のソフトを連携されることもあります。 そのときには「関連ソフトが適しているグラフィックスを選ぶのがおすすめ」です。

例えば、ゲーム開発ならばゲーム用グラフィックスを選ぶべきです。 製品デザインならばCAD用グラフィックスを選ぶべきです。

用途別のポイントについては、 このあと詳しく説明していきます。

Mayaのおすすめパソコン

私の3DCADサポート経験から 「いつもお客様に提案しているスペックのおすすめパソコン」を ピックアップしました。

「おすすめのデスクトップ」と「おすすめノートパソコン」に 分けて紹介しています。

初心者、中級者、上級者に向いているパソコンを それぞれ提案しています。

おすすめデスクトップ

DAIV Z7

No.1

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

29万円弱~

マウスの3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。

OMEN by HP 25L Gaming Desktop GT15-0760jp パフォーマンスモデル 【S1】

No.2

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
  • NVIDIA GeForce RTX3060Ti
選択可
SSD
  • 1TB
価格

18万円強~

HPの3DCGに向いているゲーミングPCです。 初心者から中級者に向いています。 HPの人気ゲーミングPCブランドで、 国内で3年連続で出荷台数トップのパソコンです。

SENSE-M06M-124-RBX [Windows 11 Home]

No.3

スキル目安 初心者
CPU
  • Corei5
メモリ
  • 16GB
  • 32GB
選択可
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 500GB
価格

15万円弱~

PC工房の3DCGに向いているクリエイターパソコンです。 低価格で手に入るので初心者に向いています。

おすすめノートパソコン

DAIV 5N

No.1

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

24万円弱~

マウスの3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。 人気のロングセラー商品です。

SENSE-15FX161-i7-RASX [Windows 11 Home]

No.2

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 16GB
  • 32GB
選択可
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 500GB
価格

18万円強~

PC工房の3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。

IdeaPad Gaming 370i

No.3

スキル目安 初心者
CPU
  • Corei7
  • Corei5
選択可
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
  • NVIDIA GeForce RTX3050
  • NVIDIA GeForce RTX3050Ti
選択可
SSD
  • 512GB
価格

13万円弱~

Lenovoの3DCG向けゲーミングPCです。 初心者に向いている低価格パソコンです。

レンダリングにおすすめのパソコン

レンダリングを短時間で行うために、 Quadro系のハイエンドグラフィックスまたは、 ハイエンドGeForceで そのパフォーマンスを最大限に生かすCPUが搭載されたパソコンを紹介します。

高解像度の画像や、長いアニメーションをレンダリングするためのパソコンです。

G-Tune EP-Z

設計目安 上級者
CPU
  • Corei9
メモリ
  • 32GB
GPU
  • NVIDIA GeForce RTX3080
SSD
  • 1TB
価格

43万円強~

マウスの3DCG向けのハイエンドゲーミングPCです。 GPU 10GBの高性能グラフィックスと Corei9の高性能CPUの組み合わせで 高速レンダリングを実現してくれます。

SENSE-F0X6-LCR57X-NNX [Windows 11 Home]

設計目安 上級者
CPU
  • Ryzen7
メモリ
  • 32GB
GPU
  • NVIDIA RTX A4500
SSD
  • 1TB
価格

46万円強~

PC工房の3DCG向けクリエイターパソコンです。 RyzenのCPUとQuadro系 RTX A4500で 高速レンダリングを実現してくれます。

OMEN by HP 40L Desktop GT21-0770jp ハイパフォーマンスモデル 【S1】

設計目安 中級者 - 上級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
  • 16GB
選択可
GPU
  • NVIDIA GeForce RTX3080
  • NVIDIA GeForce RTX3070Ti
  • NVIDIA GeForce RTX3070
選択可
SSD
  • 1TB
価格

24万円強~

HPの3DCGに向いているゲーミングPCです。 メモリ、グラフィックボードの選択肢が多く、 予算に合ったパソコン選びができます。 コストパフォーマンスに優れたパソコンです。

ZBook Studio 16inch G9 icon

icon icon

設計目安 上級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 64GB
  • 32GB
選択可
GPU
  • NVIDIA RTX A1000
  • NVIDIA RTX A2000
  • NVIDIA RTX A3000
  • NVIDIA RTX A4500
  • NVIDIA RTX A5500
選択可
SSD
  • 1TB
  • 2TB
選択可
価格

60万円弱~

HPのモバイルワークステーションです。 Quadro系のRTX Aシリーズを搭載した 上級者向けレンダリングパソコンです。 カスタマイズの選択肢も多く予算に合わせて選べます。

用途で選ぶ!Mayaパソコンのスペックのポイント

さて、上で解説した推奨スペックですが、 じつはMayaの用途でも多少スペックが変ることがあります。

一般的にMayaがよく使われる用途をピックアップしてみると、 この3つになるかと思います。

  • ゲーム用途の3Dモデリング
  • 製品デザイン用途の3Dモデリング
  • ゲームと映像コンテンツ用途のアニメーション作成

Mayaは多機能なので他にも使用用途がたくさんあるのですが、 私がサポートエンジニアとして仕事したときに、 対応件数が多かったのがこの3つになります。

MayaといえばゲームやCG映像コンテンツというイメージですが、 企業での工業デザインで使われることもかなり多いのです。

大学で工業デザイン専攻の学生がMayaを使うことが多いのも 理由のひとつかもしれません。

ということで、 それぞれの用途でおすすめスペックを解説していきます。

ゲーム用途の3Dモデリング

ゲームキャラクター

「ゲームで使用するキャラクターを制作する」という目的で Mayaを使う場合のパソコン選びから説明します。

まずはおすすめスペックは、 こんな感じになります。

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
2GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTXシリーズ
  • AMD Radeon シリーズ
いずれもGPU 4GB以上

CPUとメモリは 初めに紹介した推奨スペックと変わりないですが、 注目したいのがグラフィックスです。

グラフィックスでおすすめなのが 「ゲーム用途で使われるGeForceとRadeonのグラフィックス」です。

理由としては、 ゲーム開発で使うゲームエンジンや、 完成したゲームのユーザーが使う予定のパソコンに搭載されているのが 「ゲーム用のグラフィックス」だからです。

つまり、最終的にユーザーが使うパソコン環境で開発、 3Dモデリングすることで不具合リスクを減らせるわけですね。

例えば、 ゲームはUnityやUnrealEngineなどのゲームエンジンで開発をすることが多いです。 これらソフトに向いているのがゲーム用のグラフィックスです。

3Dモデリングとプログラミングをする役割は分担されているので、 キャラクターを作っている人が 直接ゲームエンジンで確認することは少ないでしょう。

しかし、3Dモデリングをしてできあがったキャラクターを ゲームエンジンで確認したときに「あれ?なんかおかしくない?」って なることがあるのですね。

これは、3Dモデリングしているパソコンと プログラミングしているパソコンのグラフィックスが違うことが 原因ということもあるのです。

無駄なトラブルを減らすという意味でも ゲームキャラクターを使う用途であれば ゲーム用のグラフィックスがおすすめです。

Mayaのおすすめパソコン

製品デザイン用途の3Dモデリング

製品デザイン

「製品デザインの3Dモデリングに使用する」という目的の場合の パソコン選びについて説明します。

おすすめスペックはこちらです。

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
2GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • AMD RadeonPro Wシリーズ
いずれもGPU 4GB以上

CPUとメモリは 初めに紹介した推奨スペックと同じですが、 注目したいのはグラフィックスです。

おすすめのグラフィックスは 「3DCADで使われるQuadro系のグラフィックス」です。

理由としては、 「3DCADソフトも一緒に使うことが多いため」です。

製品デザイン用途でのMayaは、 「CAD設計図から広告宣伝用のCGを作る」ことと 「CGのコンセプトモデルからCAD設計をする」ことの2パターンあります。

製品デザイン

製品デザイン

どちらのパターンも、 CADモデルをインポートしたりエクスポートしたりするのです。

つまり、同じパソコンでMayaと3DCADを使うことがあるので、 両方のソフトが快適に動くようなパソコンが必要ということです。

3DCADソフトはQuadro系のグラフィックスのみが 認定ハードウェアになっていることが多くて、 ゲーム用のグラフィックスはあまり推奨されていません。

こういう理由で、 3DCADと一緒にMayaを使うことも考えて グラフィックスをQuadro系にすることをおすすめします。

ちなみに、比較的人数の多い会社だと CGデザイナーとCAD設計者が分かれていることが多いですが、 中小企業だと兼務することが少なくありません。

CGデザイナーとCAD設計者が分かれている場合は、 「MayaパソコンはGeForceで、CADパソコンはQuadro」としても問題ありませんが、 兼務している場合はQuadroパソコンで統一するのがおすすめです。

Mayaのおすすめパソコン

ゲームと映像コンテンツ用途のアニメーション作成

「アニメーション作成」という目的の場合のパソコン選びについて説明します。

おすすめスペックはこちらです。

CPU
  • Corei7
  • Xeon
  • Ryzen7
3GHz以上
メモリ
  • 16~32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTXシリーズ
  • AMD Radeon シリーズ
いずれもGPU 8GB以上

アニメーション作成では、 「3Dアニメーションのリアルタイム描画」や 「画を作るためのレンダリング」が欠かせません。

これに耐えられるスペックが ハイエンドのワークステーションパソコンまたは、 ハイエンドのゲーミングパソコンになります。

CPUは3GHz以上がおすすめです。 Corei7やXeonでもクロック数が2~4GHzのものがあります。 CPUはできるだけ速いクロック数がソフトの応答性とレンダリングの時間短縮に有効です。

メモリも32GBがおすすめです。

アニメーションは時系列データなので、 3Dモデリングと比べてメモリ消費量が多くなります。 時間軸の情報が必要になるため、多くメモリを消費するわけですね。

また、キャラクターに高解像度のテクスチャーを使っていると メモリの消費量が多くなります。 こんな理由で、メモリは多めがおすすめです。

そして、グラフィックスもミドルエンド以上の 描画速度が速いゲーム用グラフィックスが有効です。

ただし、キャラクターのポリゴン精度が高くない場合は、 4GB GPUのローエンドのグラフィックスでも問題はないでしょう。

例えば、こんなデフォルメキャラクターを アニメーションするのはローエンドグラフィックスでも十分です。

デフォルメキャラ

しかし、こんな感じのバイクと女性を背景付きで動かしたいのであれば、 ミドルエンド以上のグラフィックスが推奨ですね。

ドラゴン

ちなみに、アニメーション作成はタイムスライダーを動かしながら、 何度も何度もキャラクターの動きを確認するので、 高速描画ができるグラフィックスで快適性が大きく変わってきます。

また、レンダリングをしてアニメーションを出力するときも GPUメモリが多いと時間短縮につながります。

グラフィックスは高価なので、 ここは予算と相談する必要がありますね。

Mayaのおすすめパソコン

まとめ

「Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方」 についてのまとめです。

Mayaの推奨スペックは ワークステーションかゲーミングパソコン程度の性能。

CPUはCorei7以上がおすすめ。 メモリは16GB以上がおすすめ。 グラフィックスはNVIDIA、AMDの専用グラフィックスが必須。

Mayaをゲーム向け3Dモデリングで使う場合は、 ゲーム用のグラフィックスが推奨。

ゲームエンジンやゲームのユーザーがじっさいに使う 環境でモデリングをすることで不具合リスクを減らせる。

Mayaを製品デザインで使う場合は、 Quadro系ののグラフィックスが推奨。

3DCADソフトの認定ハードウェアは Quadro系しかないため。

Mayaをアニメーション作成で使う場合は、 高性能CPUと高性能グラフィックスが推奨。

アニメーション作成では、 ソフトウェアの即時応答性を求められるので CPUとグラフィックスのスペックが快適性に影響する。

関連記事

厳選!マウスコンピューターのBlender用パソコン

BlenderをMacで使うときの推奨スペックはコレ!

Blender推奨スペックのおすすめノートパソコン3選

Blenderがフリーズする原因は?確認したい3つのこと

厳選!おすすめ3DCGパソコン10選

Blenderのインストール方法と基本操作

ZBrush推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び方

スカルプトにおすすめのペンタブレット7選

初心者向け!失敗しないBlenderパソコンの選び方

3DCGを学べるオンラインスクールおすすめ5選

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

Blenderを独学する3つのメリットデメリット

初心者向け!3DCGパソコンで重要な4つのスペック

ゲーミングPCは3DCAD用パソコンとして使える?

Fusion360にグラフィックボードは必要?じっさい試してみた

Fusion360の推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

初心者向け!MayaのVR機能で3Dモデリングする方法

IKとFKの違いってなに?アニメーション初心者向け

IKのアニメーション作成で知っておきたい3つの基礎知識

3DCGパソコンでMacが選ばれない3つの理由

ゲーミングPCは3DCG用パソコンとして使える?

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

Mayaを独学する3つのメリットデメリット

Mayaの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

3ds Maxで建築パースの独学に必要な4つのアイテム

初心者向け!3DCG独学におすすめの本

3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

30代社会人から独学で3DCGデザイナーになるのに必要な3つのこと

3DCGの独学を成功させるための3つのポイント

初心者向け!Fusion360の独学に必要な3つの必須アイテム

おすすめ3DCG用モニター5選!失敗しないモニター選び方

失敗しないBlenderのグラフィックボードの選び方

失敗しないMayaのグラフィックボードの選び方

失敗しない3ds Maxのグラフィックボードの選び方

厳選!3DCGにおすすめのグラフィックボード7選

プロが使う!フルトラッキングできるVRシステム

個人向け!フルトラッキングできるVRシステム

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.