失敗しない!IRONCADパソコンのスペックの選び方

IRONCADの推奨スペックとおすすめパソコンを解説

失敗しない、IRONCADパソコンのスペックの選び方

こんなことが知りたい

IRONCADの推奨スペックは?

IRONCAD向けパソコンの選び方は?

おすすめパソコンは?

ここでは、 IRONCAD向けにパソコンを検討している方に向けて 「IRONCADに最適なパソコンスペック」と 「パソコンの選び方」について解説しています。

「CPU、メモリ、グラフィックボードは何を選ぶのが適切?」 「パソコン選びで注意したいことは何?」 「具体的に、おすすめのパソコンはどれ?」 「オプションでCAE解析をする場合のスペックは?」 と、パソコン選びのときに気になる項目を取り上げて、 わかりやすく丁寧に解説します。

あなたのパソコン選びのお手伝いができればうれしいです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

IRONCADの推奨スペック

IRONCADの推奨動作環境は、 IRONCADの日本総代理店であるクリエイティブマシン社の公式サイトに掲載されています。

公式サイトに掲載されているスペック情報は、 「最小動作環境」と「推奨動作環境」の2種類あります。 各スペックについては、下の表のとおりです。

推奨スペック

CPU
  • Intel Xeonシリーズ
  • Intel Coreiシリーズ
  • AMD Ryzenシリーズ
2.0GHz以上
メモリ
  • 16GB以上
グラフィックス
  • NVIDIA GeForceシリーズ
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTXシリーズ
  • AMD Radeonシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
GPUメモリ4GB以上
ストレージ
  • 10GB以上
解像度
  • 1920x1080以上
フルHD以上

最小スペック

CPU
  • Intel Xeonシリーズ
  • Intel Coreiシリーズ
  • AMD Opteronシリーズ
  • AMD Athlonシリーズ
1.6GHz以上
メモリ
  • 8GB以上
グラフィックス
  • NVIDIA GeForceシリーズ
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTXシリーズ
  • AMD Radeonシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
GPUメモリ256MB以上
ストレージ
  • 10GB以上
解像度
  • 1280x768以上
WXGA以上

上記のスペック表は、 クリエイティブマシン社の公式サイトの情報をもとにして、 一部抜粋して転記しています。

IRONCAD の動作環境・クリエイティブマシン公式

IRONCADの推奨スペックについてですが、 このスペックを満たすパソコンとして、 「ゲーミングPC」「クリエイターパソコン」 「ワークステーション」があります。

まず、CPUについてですが、 ゲーミングPC、クリエイターパソコン、ワークステーションを選ぶことで、 Corei、Ryzen、Xeonのいずかれを選択できます。

公式サイトには、CPUのグレードについての記載はありませんが、 一般的に3DCADで推奨されているスペックとしては、 Corei5、Ryzen5以上がおすすめです。

メモリも16GB以上が推奨です。 機械設計でよく使われるIRONCADは、 どうしてもパーツ数が多くなりがちです。 パーツ数に応じてIRONCADで消費するメモリ量も多くなる傾向にあるので、 あなたが設計する規模によってメモリのスペックを決めるのがいいでしょう。

グラフィックスは、 NVIDIA、AMDの専用グラフィックスが必須になります。 CPU内蔵グラフィックスは正確に3D表示できない可能性があるため、 推奨されていません。

また、インテルArcProシリーズも推奨グラフィックスには載っていません。 基本的には、NVIDIA、AMDのグラフィックボードが必要です。

ストレージはインストール容量の10GB以上あれば問題ありません。

モニターの解像度は、 1920x1080以上のフルHDが推奨スペックです。 いま販売されているノートパソコンでは、 フルHD以上が主流なので、特に気にする必要はないでしょう。

さて、公式サイトに載っているスペックは、 かなり幅の広いスペックになっているので、 もう少し細かく、説明していきたいと思います。

中小規模の設計と、 大規模の設計でおすすめのスペックを私の3DCADサポート経験をもとにして、 提案していきます。

設計規模ごとのおすすめスペック

「中小規模の設計」と 「大規模の設計」の二通りに分けておすすめのスペックを解説します。

中規模の設計とは、 おおよそパーツ数が500個未満のモデリングを目安にしています。

大規模設計では、 500個以上のパーツ数を目安にしています。

まずは中小規模の設計ですが、 以下のスペック表がおすすめです。

中小規模

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
2GHz以上
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce40シリーズ
  • NVIDIA Tシリーズ
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
  • AMD Radeonシリーズ
GPUメモリ4GB以上

これらのスペックを満たすパソコンとしては、 ミドルエンドのゲーミングPCもしくは、 クリエイターパソコンがあります。 また、ローエンドのワークステーションも、 これらスペックを採用しているものが多いです。

価格としては、 おおよそ20万円~30万円程度になります。

CPUはCorei7、Ryzen7以上がおすすめです。 CPUは、パソコン購入時にデフォルトでクロック数の低いものになっていることが多く、 推奨スペックの2.0GHzを満たさないこともあります。 できれば、カスタマイズしてクロック数が2GHz以上のものを選びましょう。

メモリは16GBあれば不足することは少ないです。 ただ、パーツ数が少なくても、 メッシュの数が多いモデルはメモリ消費が多くなるため注意が必要です。

例えば、 下の図のようなバイクや車のボディのような滑らかな曲面を表現するために、 メッシュ数を多くしている3Dモデルでは、 メモリ消費が多くなります。

車とバイクのサーフェスモデル

このような曲面が多いサーフェスモデルを扱うときには、 32GB以上のメモリを検討するのがおすすめです。

グラフィックスについては、 ローエンドからミドルエンドのグラフィックボードがおすすめです。

パーツ数が500個未満程度の3Dモデルであれば、 GPUメモリが4GB~8GBあれば、3D表示が遅くなることもほぼありません。

ただ、モニター解像度が高い場合は、 できればGPUメモリが8GB以上のミドルエンドのグラフィックボードが適切です。

基本的に、モニター解像度が高くなるにつれて、 高い性能のグラフィックボードが必要になります。 そのため、4Kのような高解像度のモニターを使う場合は、 ミドルエンド以上のグラフィックボードが最適です。

グラフィックボードの種類についてですが、 一般的に3DCADではQuadro系のNVIDIA RTXシリーズやRadeonProシリーズが推奨されていますが、 ゲーム向けのGeForce、RadeonでもIRONCADの推奨スペックを満たしているので、 こちらを選んでも問題ありません。

ゲーミングPCやクリエイターパソコンを選ぶ場合は、 GeForce、Radeonが付いていることが多いので、 価格をおさえたいときに最適です。

続いて、大規模設計のときのおすすめスペックです。

大規模

CPU
  • Xeon
  • Corei9
  • Ryzen9
2GHz以上
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA RTX Adaシリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
GPUメモリ12GB以上

大規模設計のおすすめスペックを満たすパソコンとしては、 ハイエンドのクリエイターパソコンもしくは、 ミドルエンド以上のワークステーションがあります。

価格としては おおよそ30万円~60万円程度になります。

CPUは、クリエイターパソコンを選ぶならCorei9、Ryzen9がおすすめです。 ワークステーションであればXeonがいいでしょう。

IRONCADは、一部の機能を除いてほとんどがシングルスレッドで動作しているため、 コア数の多いCPUよりもクロック数の高いCPUを選ぶのが最適です。 ハイエンドのパソコンでは、 コア数の多いCPUか、 クロック数の高いCPUを選べるようになっていることが多いので、 カスタマイズ時にスペックを見て判断してください。

メモリは32GB以上がおすすめです。 パーツ数が多くなることで消費メモリも一気に増えるため、 できるだけ余裕を持ったメモリが必要です。

また、大規模設計時には、いくつかのアセンブリが組み込まれていることが多いため、 大量にメモリが使われることがあります。 これらは外部参照にすることでメモリ節約にもなりますが、 設定の手間や修正の煩雑さも出てきてしまいます。

できるだけシームレスにモデリングをするために、 多少、予算がかかってでも、 大容量メモリにすることが快適度を上げると感じています。

グラフィックボードは、 エンジニア向けのNVIDIA RTX、RadeonProを推奨します。

もちろん、GeForceやRadeonでも問題ないでしょう。 ただ、 ハイエンドのGeForce、Radeonと同等程度のNVIDIA RTXやRadeonProを比べると、 価格差がなくなってきます。 それを踏まえると、私個人的には3DCADの安定度が高いNVIDIA RTX、 RadeonProを提案します。

IRONCADパソコンの選び方

IRONCADのソフトウェアの特性を活かすためには、 つぎの3つのポイントをおさえながら パソコンのスペックを選ぶのがおすすめです。

  • CPUはクロック数を優先
  • 余裕を持ったメモリ容量を選ぶ
  • 高解像度モニターがおすすめ

各ポイントについて、 詳しく説明していきます。

CPUはクロック数を優先

パソコン選びのポイントの一つ目は、 「CPUはクロック数を優先して選ぶ」です。

CPUのクロック数を優先して選ぶ理由は、 「IRONCADはマルチスレッド対応が一部のみなので、 クロック数が高いほうが速く動作するから」です。

例えば、 同じ世代のCPUでも最大クロック数が低いCPUと高いCPUがあります。 第14世代のインテルCorei7だと、 型番14700KFと14700では、1GHz以上のクロック数の差があります。

このクロック数の差が、 IRONCADでモデリングをするときの快適度に大きく影響するのです。

ひとつのアセンブリをコピーする時間や、 複数パーツの移動や削除、やり直しのUndoなど、 繰り返し行う操作の動作が速いほど効率も上がりますし、 ストレスもかなり減ります。 これら処理の速さがCPUクロックに依存しているのです。

こういう理由から、 CPUのスペックは、 クロック数を優先して選ぶことをおすすめします。

余裕を持ったメモリ容量を選ぶ

パソコン選びのポイントの二つ目は 「メモリは余裕を持ったスペックを選ぶ」 です。

その理由は、 「IRONCADはメモリ消費が多い傾向にあり、 メモリが不足すると急激に動作が遅くなってしまうため」 です。

例えば、 いままでパーツ数も少ない小さな機械のモデリングしかしていなかったが、 会社の方針が変わったり、協力会社との業務提携が必要になったりして、 比較的大きな機械の設計を余儀なくされることも少なくありません。

そのようなときに 最小スペックのメモリや、 規模にあっていないメモリ量だと、 IRONCADの動作が遅くて作業に支障が出てしまいます。

そうならないためにも、 できれば推奨スペックである16GB以上のメモリが入っている パソコンを購入しておくことがおすすめです。

また、デスクトップパソコンであれば、 メモリ増設も比較的容易にできます。 もし、設計環境がノートパソコンである必要性がなければ、 デスクトップパソコンを選ぶのも得策です。

IRONCAD上でのメモリ消費の目安ですが、 あなたがIRONCADで作成した設計ファイル容量の10倍程度になります。 例えば、50MBのファイル容量であれば500MBのメモリを消費しますし、 200MBであれば2GBのメモリが必要になります。

IRONCADが起動するだけで数GBのメモリを使いますし、 Windowsを起動させているだけでも数GBのメモリを使います。 これを踏まえても、できれば16GBのメモリは搭載させておきたいところです。

高解像度モニターがおすすめ

パソコン選びのポイントの三つ目は 「高解像度のディスプレイがおすすめ」 です。

なぜ高解像度のディスプレイやモニターがおすすめなのか? その理由は 「IRONCADでよく扱われる機械設計では、 画面を広く使えるほうが作業効率が上がるため」 です。

例えば、 下の図のように、 1920x1080 フルHDのディスプレイと 2560x1440 WQHDのディスプレイそして、 3840x2160 4Kのディスプレイでは、ソフト上で見える範囲が違います。

フルHDとWQHDと4Kの差

この見える範囲の差は、 スクロールやクリックのマウス操作の手数に影響して、 作業効率性が大きく変わります。

特に、ノートパソコンはフルHDが主流ですが、 私が個人的に推奨したい解像度としては、 WQHD(2560x1440)やWQXGA(2560x1600)のような、 縦方向に解像度があるディスプレイがおすすめです。

これは、機械設計では 縦方向に長いモノをモデリングすることも多いためです。 フルHDのように縦の解像度が低いと、 どうしても設計物を見返すために、何度もスクロールする場面がでてきてしまいます。

そのような、無駄なマウス操作をなくして 作業効率を上げるためにも、 高解像度のモニターをおすすめしています。

3DCADにおすすめのモニターに関しては、 別のページで解説しています。 モニターの選び方とおすすめ商品を解説していますので、 興味があれば、合わせてご覧ください。

おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方

おすすめパソコン

IRONCADにおすすめのパソコンは、 設計規模に合わせて考えるのがいいでしょう。

まずは、 あなたが中小規模の設計をする場合ですが、 ローエンドもしくはミドルエンドのクリエイターパソコンをおすすめします。

クリエイターパソコンの多くは、 カスタマイズができるため、 予算にあったパソコンを選びやすいという特長があるためです。

また、 グラフィックボードもゲーム向けのGeForceまたは、Radeonが搭載されている機種と、 エンジニア向けのNVIDIA RTXまたは、RadeonProが搭載されている機種の2通りがあります。

このように選択肢が多いので、 あなたが行う設計規模に合ったスペックのパーツを選びやすいという点から、 ローエンドもしくはミドルエンドのクリエイターパソコンをおすすめしています。

具体的なおすすめパソコン商品については、 別のページで解説しています。 こちらも合わせてご覧ください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン12選

続いては、大規模設計に適しているパソコンです。

あなたが大規模の設計を考えているならば、 ワークステーションがおすすめです。

ワークステーションはクリエイターパソコンと違い、 ハイエンドのCPUと、ミドルエンド以上のエンジニア向けグラフィックボードを選べるため、 設計効率を大幅に上げる快適度のパソコンを選ぶことができるためです。

例えば、 パーツ数の多いモデルを高解像度のモニターに高速に表示できる ハイエンドのNVIDIA RTXシリーズが標準で搭載されていることが多いです。 また、それに見合ったCPUであるCorei9、Ryzen9、Xeonが選べるのも特長です。

ワークステーションは安定性があることから価格が高くなりがちですが、 法人向けの3DCADパソコンとしては、 圧倒的なシェアを占めています。

私自身もBtoB向けにパソコンを提案するときには、 必ずワークステーションを初めに提案しています。

大きな理由として、 「壊れにくいこと」「買い替えサイクルが長いこと」 「保証が長期なこと」があります。

こういう理由からも、 大規模の設計ではワークステーションがおすすめです。

具体的なおすすめワークステーション商品については、 別のページで解説しています。 こちらも合わせてご覧ください。

処理速度が一気にあがる!おすすめワークステーション

CAE解析をするときのスペック

IRONCADには「MPIC」という、 CAE解析をするためのオプションソフトがあります。

機械設計でよく使われるのは、 有限要素解析による形状の変化や応力です。

さて、 このMPICを使う場合には、どのようなスペックのパソコンが必要なのか? についてですが、 私が推奨したいのは「大規模設計のスペックと同程度のパソコン」です。

理由としては、 「ハイスペックなパソコンを使い、 できるだけ速く解析計算を処理して、業務の効率化を図りたいから」です。

例えば、 CAE解析の多くは、設計変更と解析を繰り返し行います。 「パーツの長さを変更して、強度に問題ないかをシミュレーション計算する」 という作業を繰り返し行うことも少なくありません。

CAEの反復処理

また、 予想した通りの結果にならなかった場合は、 メッシュ数を増やして再計算したり、 線形解析から非線形解析に変更したりする場合もあります。

このときに、かなりの計算コストがかかります。 この計算時間をなるべく少なくするために、 できるだけ高速なパソコンを選ぶのが、 CAEにおける失敗しないパソコン選びのコツです。

そして、MPICはマルチスレッドによるシミュレーション計算ができるので、 コア数の多いCorei9、Ryzen9、Xeonが有効です。 これらCPUを選べるのもワークステーションの特長です。

このような理由から、 大規模設計のスペックと同程度のパソコンがおすすめです。

IRONCAD DRAFTを使う場合のスペック

IRONCADには「IRONCAD DRAFT」という 2DCADのみのライセンスもあります。

さて、IRONCAD DRAFTに適しているパソコンのスペックですが、 基本的にはIRONCADで推奨されているスペックと同じと考えてください。

これは、IRONCADを機能制限して、 CAXA DRAFTという2DCAD機能のみを使えるようにしているだけだからです。 つまり、IRONCADそのものなので、基本的には必要な動作環境も同じなのです。

また、IRONCAD DRAFTは3Dモデリングの機能は制限されていますが、 3Dモデルのレンダリングやアニメーション機能は使えます。 そのため、3D機能に必要なスペックが必要になっています。

このようなことから、 IRONCAD DRAFTでもIRONCADの推奨スペックのパソコンを選ぶのがおすすめです。

まとめ

「失敗しない!IRONCADパソコンのスペックの選び方」についてのまとめです。

IRONCADの推奨スペックは、 「ゲーミングPC」「クリエイターパソコン」「ワークステーション」 で、よく採用されているスペック。

設計規模ごとに細かなスペックを選ぶのがおすすめ。

IRONCAD向けパソコンを選ぶポイントは、 「クロック数の高いCPUを選ぶこと」 「余裕を持ったメモリスペックにすること」 「高解像度のモニターにすること」。

IRONCADのおすすめパソコンは、 中小規模ならばローエンドからミドルエンドのクリエイターパソコン。 大規模ならワークステーションがおすすめ。

CAE機能のMPICを使う場合は、 作業効率性を重視して、 ハイスペックなワークステーションを採用するのが最適。

IRONCAD DRAFTは2DCADメインだが、 推奨スペックはIRONCADと同じ。

関連記事

快適!Fusion360おすすめパソコン・推奨スペック解説

推奨スペックから選ぶ!SolidWorksおすすめパソコン

SiemensNX向けパソコンのおすすめスペックを解説!

失敗しない!SolidEdge推奨スペックパソコン選び

iCADの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び

BricsCAD推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

Inventor推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

CATIAの推奨スペックは?失敗しないパソコンの選び方

PTC Creo推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び

FreeCAD推奨スペック解説!失敗しないパソコン選び方

AutodeskAlias推奨スペック解説!パソコン選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.