厳選!おすすめ2DCAD用パソコン7選

厳選!おすすめ2DCAD用パソコン7選

pc

まず、2DCAD用パソコンを選ぶ前に 「2DCADパソコンを選ぶときのポイント」について説明します。

パソコンを購入する時に何に気を付けなれければいけないか? どんなことを考慮しなければいけないか? についてまとめています。

また、2DCADパソコンのスペックの目安についても 説明していきます。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

2DCADパソコン選びのポイント

2DCAD用のパソコンを選ぶときのポイントになることは、 この3つになります。

  • 10万円前後のパソコンスペックで十分
  • 専用グラフィックスはいらない
  • 将来的に3Dモデリングをするか?

2DCAD用のパソコンは、 一般にビジネスで使われているようなパソコンスペックで 快適に動作します。

そのため、NVIDIAやAMDといった専用のグラフィックスは必要ありません。 CPU内蔵グラフィックスで十分にストレスなく動きます。

パソコンスペックの目安はこんなところでしょうか。

  • CPU:Corei5・Ryzen5
  • メモリ:8GB
  • グラフィックス:CPU内臓グラフィックス
  • ディスク:SSD 256GB

2DCADでよく使われる 「Jw_cad」「AutoCAD」「FreeCAD」「DRA-CAD」での 2Dの図面作成ではこのスペックで十分なのです。

ただし、AutoCADやDRA-CADなどは3Dモデリングの機能もついています。

将来的に3Dモデリングもしていきたい…つまり、 「すでに近い将来3Dモデリングに移行するという方は NVIDIAのような専用グラフィックスが必須」になります。

3Dモデリングを考えている方は、 3DCAD向けパソコンを紹介していますので、 そちらを検討してみてください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

おすすめ2DCADノートパソコン

mouse X4-i5

CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD256GBのマウスコンピューターのノートパソコンです。

グラフィックスはインテルUHD グラフィックスです。

価格は9万5千円弱~で、コスパのいい低価格パソコンです。

HP ENVY 13-ba1000 スタンダードモデルG2

CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD 256GBのHPのノートパソコンです。

グラフィックスはインテルR Iris Xe グラフィックスです。

価格は10万円強~とキャンペーン対象のパソコンです。

ThinkPad E15 Gen 3

CPUはRyzen5、メモリ8GB、SSD256GBのLenovoのThinkPadノートパソコンです。

グラフィックスはAMDの内臓グラフィックスです。

価格は6万7千円強~でAMD製CPUとグラフィックスの低価格を追求したノートパソコンです。

【Dell】New Inspiron 14 AMD プレミアム

CPUはRyzen5、メモリ8GB、SSD256GBのDellノートパソコンです。

グラフィックスはAMDのRadeonです。

価格は8万3千円強~でAMD製CPUと専用グラフィックスがついているノートパソコンです。

おすすめ2DCADデスクトップパソコン

mouse DT5

スペックは、CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD 256GBです。

グラフィックスはインテルUHDグラフィックス630です。

価格は6万5千円強~で、WEB販売セールの対象製品になっているパソコンです。

mouse SL5

スペックは、CPUはCorei5、メモリ8GB、SSD 256GBです。

グラフィックスはインテルUHDグラフィックス730です。

価格は7万5千円弱~で、WEB販売セールの対象製品になっているパソコンです。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2

スペックは、CPUはAMD Ryzen5 Pro4650、メモリ4~16GB選択可能で、 SSD256~512GB選択可能です。

グラフィックスはAMD Radeonです。

価格は5万7千円~です。 AMDのCPUとグラフィックスで低価格化を追求したパソコンです。

RyzenとCoreiはどちらがいい?

仕事でお客様にトレーニングをしているときによく聞かれる質問で、 「AMDのRyzenとインテルのCoreiシリーズでは、 どちらの方が2DCADに向いているか?」と聞かれます。

AutoCADをサポートするのが多いのですが、 正直いうと2DCADならばどちらでも同じです。

つまり、2DCADならばどちらも問題なく快適に動きますので、どちらも向いている ということになります。

初めのほうに書いた2DCADパソコンのスペック目安のCPUであれば、 どちらもストレスなく動くわけですね。

ただ、市場に出回っているパソコンは 圧倒的にCoreiの方が多いので、使うことが多いのはインテルのCoreiです。

RyzenはCoreiと比べると価格が安いです。 そのため同じ値段のパソコンでもRyzenとRadeonの組み合わせのパソコンが 買えるのでかなりのお得感はあります。

予算があるならメモリを増やせ!

上で書いている2DCADパソコンの目安のスペックは、 おおよそ10万円前後でパソコンが購入できます。

もし、あと2~3万円予算が増やせるならば、 ぜひ増やしてもらいたいのがメモリのスペックです。

メモリを増やすことでこんなメリットがあります。

  • 大きなデータを読み込めるようになる
  • 他のアプリを動かしながら作業ができる
  • 複雑な設計がしやすくなる

具体的に16GBのメモリがあれば、 CADソフトで設計作業の効率が上がります。

まずは、大きなデータを読み込んでも パソコンの動作が遅くなることが少なくなります。

Jw_cadやAutoCADなどで図面内の要素数が1000を超えてくると、 メモリの使用量もかなり増えてしまいます。

こうなるとメモリの少ないパソコンの動作は遅くなりがちです。 パソコン動作が遅いと要素数の多い図面を編集するたびに、 イライラすることもしばしばあります。

しかし、メモリが16GBあればそのリスクはかなり減ります。 AutoCADでいうと、私のパソコンでは要素数が4000を超えても動作は遅くなりませんでした。

また、ほかのアプリケーションを開きながら設計することもあるでしょう。 例えば、ワードなどでドキュメントを編集しながら 設計作業をすることなんかもあるかと思います。

メモリが多いと複数のアプリを開いたままでも 2DCADが快適に動くので設計作業の効率が上がるわけですね。

つまり、メモリに余裕があることで レイヤー数を気にすることもなくなりますし、 要素数を気にしないでコピー&ペーストを繰り返しながら 複雑な設計をサクサクすることができるわけです。

もし、予算に少し余裕があるようならば メモリの増設をおすすめします。

関連記事

初心者向け!建築CADパソコンの目安

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.