失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

CADパソコン選び3つのポイント

失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方

「2DCAD用のノートパソコンってどんなスペックのパソコンを選べばいいのだろうか?」

ここでは、「2DCAD用のノートパソコンを選ぶときに知っておいた方がいいこと」 について解説していきます。

主に、パソコンスペックは何が重要か? 価格はどれくらいか? グラフィックボードは必要か?といった気になることに触れながら 説明していきたいと思います。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

2DCAD用ノートパソコン選びの3つのポイント

2DCAD用のノートパソコンを選ぶときに 注目したいポイントは、この3つになります。

  • 専用グラフィックボードは必要ない
  • モバイル向けのCPUは選ばない
  • 予算があるならメモリを増やす

特にJw_cad、AutoCAD、FreeCAD、DraftSight、DRA-CADといった 有名2DCADソフトを扱うためのノートパソコンは、 この3つがキーポイントになってきます。

専用グラフィックボードは必要ない

2DCAD用のノートパソコンには、 NVIDIAのQuadroやAMDのRadeonProといったグラフィックボードは必要ありません。

3Dモデリングをするわけではないので、 CPU内蔵グラフィックスで問題なく、ストレスなく動きます

2Dでの図面表示はOpenGLやDirectXといった3D技術は使っていないので、 特別な専用グラフィックボードは必要ないのです。

図面上で要素数が多かったり、 レイヤー数が多くても内臓グラフィックスで十分なのです。

2DCADにとって専用グラフィックスはオーバースペックですよ。

モバイル向けのCPUは選ばない

ビジネス用途で使われるモバイル向けノートパソコンには、 低価格のCPUが使われることが多いです。

ここで気を付けなければいけないのは、 「2DCAD用のノートパソコンにはモバイル向けのCPUはスペック不足になる可能性がある」 ということです。

具体的にいうとインテルの「Celeron」や「Corei3」は、おすすめしていません。

特にCorei3は市場に出ているビジネス向けパソコンに多いので、 しっかりとチェックしてから購入するのがいいでしょう。

おすすめのCPUは「Corei5」と「Ryzen5」になります。

2DCADはCPUの性能がいいと、動作もかなり速くなりますよ。

予算があるならメモリを増やす

2DCADを使いこなしてくると、 かなりの要素数やレイヤー数の図面を作ることもしばしばあります。

そうなると、問題になってくるのがメモリです。 2DCADソフトは要素数とレイヤー数はメモリに依存することが多いのです。

例えば、それなりに大きい建物の図面では、 3000を超えるような要素数もしばしばあります。

そうなると2DCADはメモリをかなり消費しますので、 メモリのスペックが低いと動作が遅くなることがあるわけです。

具体的なメモリのスペックとしておすすめなのは8GBメモリです。 予算が許すならば16GBにしたいところです。

私の経験上、メモリ16GBはけっしてオーバースペックではありません。

2DCAD以外にも、色々アプリケーションを起ち上げながら 作業をすることもありますよね? そのときに大きな建物の図面設計をしているとかなりのメモリを消費するのです。

ノートパソコンは快適に使いたい! 複数のアプリケーションを起動しながら作業をして効率を上げたい!という方は、 ぜひともメモリを増やしていただきたいと個人的に思っています。

2DCAD用ノートパソコンのおすすめスペック

これらをまとめますと、 「2DCAD用のノートパソコンのおすすめスペック」はこんな感じになります。

  • CPU:Corei5・Ryzen5
  • メモリ:8GB以上
  • グラフィックス:CPU内臓グラフィックス

これらのポイントを考慮して、 おすすめの2DCAD用パソコンを紹介していますので、 よかったらそちらもあわせてどうぞ。

厳選!おすすめ2DCAD用パソコン7選

価格はどれくらいが相場?

さて、2DCAD用のノートパソコンはどれくらいの価格になるのか? 気になるところです。

上で書いたおすすめスペックのノートパソコンでは、 おおよそ7万円~11万円になります。

CPUをCoreiシリーズにすると10万円前後になります。 Ryzenシリーズのノートパソコンであればそれよりも2~3万円安くなります。

WEBで購入すると「WEB特別価格」とか「WEB購入でメモリ増量」 なんていうノートパソコンがけっこうあるので、そこも狙い目ですね。

作業効率を上げるなら外部モニターがおすすめ

CADで設計をするときに意外に気になるのが「画面の大きさと解像度」です。

ノートパソコンはデスクトップパソコンと比べて画面サイズが小さいので 設計効率が悪くなりがちなんですよね。

そこでおすすめなのが「外部モニターを別に用意する」ことです。

ノートパソコンとモニターをHDMIやUSBで接続して、 大きい画面で設計をすると、かなり効率があがるのです。

私個人的にはノートパソコンを立てて、 外部モニターとのデュアルディスプレイにするのがおすすめです。

ちなみに、キーボートは別途ワイヤレスのものをつなげるのがいいですよ。

使える画面の範囲が広いので、いちいちウィンドウを切り替えたりする必要がなくなるのです。 余計な操作が減るので、設計作業の効率が格段に上がるわけですね。

ちなみに、CAD設計でおすすめのモニターも紹介しているので、 よかったらそちらもあわせてどうぞ。

おすすめ3DCAD用モニター4選!仕事で使うモニター選び方

まとめ

「失敗しない2DCAD用ノートパソコンの選び方」についてのまとめです。

2DCAD用のノートパソコン選びのポイントは3つあります。 「専用グラフィックボードは必要ない」 「モバイル向けのCPUは選ばない」 「予算があるならメモリを増やす」

CPU内臓グラフィックスで十分ストレスなく動きます。 CPUはCorei5、Ryzen5以上がおすすめ。 メモリを増やすとデータ量の多い設計もスムーズにできる。

2DCAD用ノートパソコンの相場は7万~11万円程度。

ノートパソコンに外部モニターをつなげることで、 設計効率があがるのでおすすめ。

関連記事

初心者向け!建築CADパソコンの目安

Jw_cadの推奨スペックは?おすすめパソコンを紹介!

AutoCAD用パソコンの推奨スペックは?知っておきたい3つのポイント

大学生に伝えたい!失敗しないAutoCADパソコンの選び方

Vectorworksのおすすめパソコンはコレ!推奨スペックから厳選

FreeCADパソコンの推奨スペックとパソコンの選び方

DRA-CADの推奨スペックとパソコンの選び方

AutoCADの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

人気のCAD 5選!失敗しないライセンス形態の選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.