Macの3DCAD用パソコンを選ぶ3つのポイント

3DCAD向けMac選びのポイントはこの3つ!

Mac

「3DCAD向けにMacを考えているけど、どんなスペックを選べばいいのだろうか?」

そんな方に向けて ここでは「3DCAD用Macの選び方」を説明しています。

ズバリ、3DCAD向けのMacを選ぶポイントとして、 この3つをおさえておくと失敗しないでしょう。

  • 3DCADソフトが対応している機種か
  • 予算はケチらずスペック重視で
  • 周りの環境と使い慣れている方を

特に「WindowsとMacのどちらにしようか悩んでいる方」や 「Mac初心者の方」にとって、この3つは重要なポイントになります。

ここからは、 この3つのポイントに関して掘下げて解説していきます。

目次

3DCADソフトが対応している機種かで選ぶ

Macで3DCADを動かそうとすると、 まず「使う予定の3DCADソフトがmac OSに対応しているか」の問題があります。

次に、もしmac OSに対応していたとしても今度は 「機種に搭載されているハードウェアが3DCADに対応しているか」の問題があります。

この二つの問題をクリアしてから どんなスペックにしようか、どんな機種にしようかと選ぶことができるわけですね。

その3DCADはmac OSに対応してる?

まずは、3DCADソフトがmac OSに対応しているかどうか? についてパソコンを選ぶ前に必ずチェックする必要があります。

Windowsと違ってMacに対応してる3DCADソフトは非常に少ないのが特徴です。

例えば、有名な3DCADでmac OSに対応しているソフトは こんな感じでしょうか。

  • AutoCAD
  • Fusion360
  • Vectorworks
  • FreeCAD

ここで紹介していない3DCADソフトでも mac OSに対応しているものもあります。

つまり、まず自分が使う予定の3DCADソフトの公式サイトに行き、 mac OSに対応しているかどうかをチェックすることからパソコン選びを始めてください。

例えば、AutoCADがmac OSに対応しているか調べたかったら 「AutoCAD 動作環境」とGoogleで検索すれば出てくるでしょう。

AutoCAD の動作環境・Autodesk公式サイト

3DCADソフトの各ヴァージョンで対応しているmac OSも違うので、 しっかり自分の使うヴァージョンの情報を確認してください。

新しいハードウェアで動作確認できてる?

次に、「新しいMacのハードウェアが3DCADに対応しているかどうか」 をしっかりと確認してください。

特にApple製の新しいハードウェアが組み込まれたMacには 注意が必要です。

Apple独自のハードウェアを組み込んだMacだと、 3DCADが対応していないことが多いです。

例えば、Apple M1チップという新しいハードウェアが組み込まれたMacが出た時期に、 当時最新のVectorworks2021は正式な動作保証をしていませんでした。

数か月後にVectorworks2022で対応するというような事例があります。

つまり、新しいMacだからといって すぐに飛びつかずに時期を待つか、Windowsも検討するかといったことが必要なわけです。

予算はケチらずスペック重視で選ぶ

MacはWindowsパソコンと比べると、 同じようなスペックでもどうしても価格が高くなりがちです。

だからといって、 メモリの容量やCPUの性能、グラフィックス性能はできるだけ 落とさずにMac選びをしていただきたいです。

例えば、図面作成や立体表示といった 基礎的な設計ならば「ミドルエンドのCPUやメモリ8GB程度」がいいでしょう。

しかし、下の図のように3Dモデリングや素材の質感をしっかり出してレンダリングしたい場合 などは「Apple M1 proやメモリも16GB以上」が欲しいところです。

立体表示

特に仕事用のパソコンを考えている方にとっては、 スペックを落として別のモデルを買うのはあとで後悔する可能性が高いです。

動作が遅いと仕事の効率がかなり落ちますし、 ストレスも感じやすくなります。

仕事道具は、絶対に妥協してはいけません。

周りの環境と使い慣れている方を選ぶ

そして最後のポイント 「周りの人が使っているパソコンがMacかどうかで選ぶ」です。

なぜ?って思う方も少なくないかもしれませんが、 一人だけMacを使っていると不便なことがけっこうあります。

例えば、Windowsとの互換性でいうとフォントの違いとか、 色の違いとかでしょうか。 あとはドキュメントやプレゼン資料で形が崩れるなどもありますね。

設計作業で、協業している方がWindowsを使っているけど、 自分がMacだった場合に細かい部分で互換性の問題が多少出てきます。

最近では互換性に関する問題はあまり気にならないくらいになりましたが、 それでもやっぱり少なからずあります。

こういうところのトラブルシュートに無駄な時間を使いたくないわけです。

それと、同じ3DCADを使っているときに何か不具合があった場合、 解決方法を共有できるというメリットもあります。

周りの人が同じMacを使っていて、同じ3DCADソフトを使っていれば 解決方法へ先にたどり着いていることもあります。

細かいことかもしれませんが、 同じMac仲間がいるということは、本当に心強いものなのですよ。

つまり、周りがMacならばMacを選び、 周りがWindowsならばWindowsパソコンを選ぶのがおすすめです。

両方同じくらいの割合ならば、使い慣れている方を選ぶべきです。 その方が新しく覚えることも少なくて済みますので。

どんな機種がおすすめ?

3DCAD向けにおすすめしたい機種は 「MacBook Pro」「Mac Pro」「iMac」でしょう。

「MacBook Pro」については、 幅広い層の3DCADユーザーに適用できるパソコンなので特におすすめです。

CPU、グラフィックス、メモリもクリエイター向けに作られたパソコンなので スペックも申し分ありません。 サイズもコンパクトなので持ち歩きもでき、かなりメリットがあるパソコンです。

「Mac Pro」については、 ワークステーションパソコンにあたるので、 3DモデリングやBIMをする方はこちらが適当です。

「iMac」はエントリーモデルと言ってもいいでしょう。 図面や簡単な3D表示で設計をする方向けのデスクトップパソコンの位置づけです。

別のページで、 具体的におすすめの機種も紹介していますので、 よかったらそちらもどうぞ。

おすすめのMac・厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

まとめ

「Macの3DCAD用パソコンを選ぶ3つのポイント」 についてまとめです。

3DCAD用のMacを選ぶポイントは3つ。 「3DCADソフトが対応している機種か」 「予算はケチらずスペック重視で」 「周りの環境と使い慣れている方を」

「3DCADソフトが対応している機種か」は、 masOS対応と新しいハードウェア対応がされているかをチェックすること。

「予算はケチらずスペック重視で」は、 3Dモデリングをするならば、ハイエンドのスペックを選び、 作業に支障がでないようにすること。

「周りの環境と使い慣れている方を」は、 周りがMacを使っていればMacを選び、 Windowsが多ければWindowsパソコンを選ぶのがおすすめということ。

おすすめ機種は「MacBook Pro」が最もおすすめ。

最後に・・・

ここで紹介しているパソコン以外にも Windowsパソコンを含めた3DCAD用のおすすめのパソコンを紹介しています。 よかったらあわせて検討してみてください。

厳選!おすすめ3DCADパソコン15選

おまけ・Boot Campを使うなら…

Boot Campを使いMacでWindowsを起動させて3DCADを使う ということもできますが…正直、私はおすすめできません。

Boot Campを使うのであれば、 Windowsパソコンを買うことをおすすめします。

Boot Campのような仮想環境はどうしてもパフォーマンスが落ちます。 また、Windows OSも別途購入しなければいけないので コスト面も増えます。

コストパフォーマンスを考えると、 Boot Campを使うならば最初からWindowsパソコンを購入した方がお得でしょう。

確かにMacはかっこいいので使いたい気持ちはよーくわかります。 わかりますが…そこは冷静になって、お得な方を選ぶのがいいかと個人的には思います。

ちなみに、私の妹がMacBookでBootCamp+Windowsをしていて 「mac OSで使う時とWindowsで使う時ではやはり速度が違う」と嘆いていました。

関連記事

ゲーミングPCは3DCAD用パソコンとして使える?

3DCADパソコンのグラフィックボードの選び方

初心者向け!3DCADパソコンで重要な3つのスペック

3DCAD用ノートパソコン選びで重要な3つのポイント

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.