ホーム » トピック » 3DCAD用でMACを選ぶ時の注意点は?

3DCAD用でMACを選ぶ時の注意点は?

MAC選びの注意点はこの3つ!

macデスクトップの絵

3DCAD用のパソコンとして MACを選ぶ時に気を付けたいのは この3点です。

  • 3DCADソフトがMACに対応しているか

  • メモリ容量を多めに

  • 見た目よりスペック重視

この3つを頭に入れながら MACを検討すると 満足いくパソコン選ぶができる確率が高くなります。

3DCADソフトがMACに対応しているか

MACと言えば、 まず「使用予定の3DCADソフトがMACに対応しているか」 という問題があります。

世に出ている3DCADソフトウェアは Windowsのみ対応しているソフトが多いのも現状です。

私の経験上、クライアントとのデータのやり取り、 関連企業とのデータのやり取りで Windowsを使わざるを得ないこともしばしばあります。

例えば、AutoCADやVectorworksはMAC対応版がありますが、 PTC CreoはWindowsが主になります。

自分が業務で使う、または授業で使う予定の3DCADソフトが MACに対応しているかどうかを見極めてから MACのパソコンを検討した方が良いでしょう。

ただ、MACはBoot Campという仕組みを利用して WindowsをMACのパソコンにインストールすることができます。

つまり、mac osもWindowsも 一台のMACパソコンで使えてしまいます。

ただ、これにはデメリットもあります。 それはハイスペックなパソコンでないと 動きが遅くなる場合があります。

MacBookや MacBookAirなどでBoot CampよりWindowsを立ち上げ 3DCADソフトを使用すると 動作の快適性に難ありの場合があります。

Boot Camp + 3DCADソフトを使用する際は、 MacBook Proまたは、iMac Proなどのハイスペックなパソコンがおすすめになります。

メモリ容量を多めに

3DCADソフトでは、 かなりのメモリを使用する傾向にあります。

そのため、メモリの最大容量が大きい MacBook Pro、iMac Proを選ぶのがおすすめです。

MacBook Proはメモリ増設が可能なモデルもあるので、 予算が足りない場合は 最大増設メモリが大きいモデルを選ぶのが良いでしょう。

また、MacBookやMacBook Airは メモリ増設ができませんので注意が必要です。

できればMacBook Proまたは、iMac Proを選ぶのが賢明です。

周りはMACを何を使っている?

MACを選ぶ際に少し確認して欲しいのは、 周りの人はMACを使っているかどうか?です。

MACを使っている率が高ければ、 その分野でMACにCADを入れて使うことが向いているからです。

よく使うソフトがMACだけとか、 業界で使われるのがMACが多いとか、結構重要なのです。

周りに合わせることで、 ノウハウも共有しやすいですし、 ファイル交換などもスムーズにできる場合もあります。

その辺もぜひ、周りの人に聞いてみて、 MACにするかWindowsにするかを決めるのがおすすめです。

おすすめパソコン

CADが動くMac選びで注意したいのは、 やっぱり3DCADソフトが快適に動くスペックかどうか?ということです。

スペックが低くて CAD上の作業で支障が出る…なんてことは、 本末転倒です。

やはりおすすめは、スペックが高いiMac ProとMacBook Proです。

3DCAD向けのおすすめMACパソコン