厳選!マウスコンピューターのBlender用パソコン

Blenderにおすすめのマウスコンピューターのパソコンを解説

マウスコンピューターのBlender用パソコン

こんなことが知りたい

Blenderにおすすめのマウスのパソコンは?

ここではBlender用パソコンを検討している方に向けて 「Blenderに適しているマウスコンピューターのパソコン」 について解説しています。

「マウスのPCのなかで、どのブランドがBlenderに適しているか?」 「スペックを選ぶときは何に気をつけるべきか?」 パソコン購入前に知っておきたいことを解説していきます。

あなたのBlender用パソコン選びのサポートができれば うれしいです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

DAIVとG-Tuneがおすすめ

マウスコンピューターのパソコンには、 「DAIV」「G-Tune」「Mouse-Pro」「mouse」といったように いくつかのブランドがあります。

そのなかでも Blenderにおすすめなのが クリエイター向けの「DAIV」と ゲーミングPCの「G-Tune」です。

なぜ「DAIV」と「G-Tune」がBlenderにおすすめなのか? その理由は 「Blenderに適しているCPU、メモリ、グラフィックボードの スペックが豊富に揃っているから」 です。 つまり、Blender推奨スペックを満たしているパソコンが多いので 選びやすいということです。

例えば、DAIVとG-TuneはBlenderが推奨している 「16~32GBメモリ、Corei5~Corei9、Rayzen7のCPU、NVIDIAグラフィックボード」 のようなパソコン商品がたくさんあります。

しかも、メモリはカスタマイズで予算に合わせて変えることもできますし、 CPUやグラフィックボードのグレードを変えた商品を 多数用意しているので、予算に合わせやすいわけです。

つまり、ローエンドからハイエンドまでの商品を用意していて、 予算に合わせたパソコンを選べるようにしているわけです。

Blenderの推奨スペックは、 かなりハイスペックなパソコンが要求されます。 しかし、Blender学習で使う初級者から中級者程度であれば 推奨スペックではなくても問題なく動作します。

そのBlender初級者から上級者が 自分の力量に合わせて使えるパソコン商品が揃っているのが DAIVとG-Tuneなのです。

こういう理由から、 G-TuneとDAIVのパソコンはBlenderに適しているわけです。

ちなみに、Blenderの推奨スペックについては、 別のページでまとめています。 興味があれば、そちらも合わせてご覧ください。

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

こちらでは、Blenderにおすすめのマウスコンピューターパソコンと 他のメーカーのパソコンをあわせて紹介しています。

DAIVを選ぶポイント

DAIVはBlenderにおすすめのパソコンですが、 次の3つのことを知っておくと さらに後悔しないパソコン選びができます。

  • CPU内臓グラフィックスは選ばない
  • GeForce RTX搭載はコスパがいい
  • ハイエンドならNVDIA RTX

この3つのポイントについて もう少し詳しく説明していきます。

CPU内臓グラフィックスは選ばない

まず、DAIVのパソコンではCPU内臓グラフィックスの商品があります。 つまり、NVIDIAやRadeonの単体で動くグラフィックボードが付いて いないパソコンがあるわけです。

さて、Blender用パソコンですが、 「CPU内臓グラフィックスは選ばない」ことをおすすめします。 具体的にはIntel IrisXeグラフィックスのパソコンは できるだけ選ばないことです。

なぜかというと、 Blenderでは 「NVDIAもしくはAMDのグラフィックボード」の性能が必要なためです。

例えば、3DCGをきれいに見せる「レンダリング」機能において、 NVIDIAかAMDがあると高速に処理できるオプション機能があります。 内臓グラフィックスだとこの機能が使えずに、とても時間がかかるわけです。

レンダリングでは設定のために何度も何度もプレビューをしますが、 その都度「数秒の待ち時間」がかかります。 この時間がCPU内臓グラフィックスだと20~50%待ち時間が増えるわけです。

そういう理由から できればGeForceもしくはNVDIA RTX搭載のDAIVを選ぶことをおすすめしています。

GeForce RTX搭載はコスパがいい

続いて「GeForce RTX搭載はコスパがいい」です。 DAIVではグラフィックボードで 「Intel IrisXeシリーズ」「GeForce RTXシリーズ」「NVDIA Tシリーズ」 「NVIDIA RTXシリーズ」を採用しています。

このうち、最もコスパがいいのが「GeForce RTX」です。 なぜなら価格の手ごろさと処理速度のバランスが取れたのが GeForce RTXだからです。

例えば、Tシリーズは価格は手ごろですが、 3DCAD向けのため処理速度よりも正確性が優先されています。 また、NVIDIA RTXシリーズは高速処理ができますがとても高価です。 GeForceの倍以上の価格になることもありますが、 GeForceの倍の処理速度ではありません。

これを考慮すると、GeForce RTXシリーズが 価格と処理速度のバランスが一番優れているわけです。

ハイエンドならNVDIA RTX

3つ目が「ハイエンドを求めているならNVIDIA RTX搭載パソコンを選ぶ」です。

DAIVのハイエンドパソコンは 業務用のグラフィックボードが付いています。 具体的には「NVIDIA RTX Aシリーズ」のグラフィックボードです。

これは同程度のグレードのGeForceと比べると おおよそ20~30%程度、高速で3D処理をしてくれます。

もし、Blenderで比較的大規模な3DCG制作をするならば NVIDIA RTX Aシリーズが付いているDAIVがおすすめです。

G-Tuneを選ぶポイント

続いて、Blender用パソコンにG-Tuneを選ぶときのポイントです。

G-Tuneのポイントは 「コスパの高いミドルエンドのパソコンがおすすめ」 です。 G-TuneはゲーミングPCなので、 「高いコスパ」に絞って購入するのがコツです。

デスクトップであれば20~25万円、 ノートパソコンであれば23~30万円あたりのスペックが Blenderの推奨スペックを満たしています。 この価格帯ならば「3DCGパソコンとしては無理のない価格」です。

例えば、ローエンドのGeForce GTXではなく、 ハイエンドのGeForce RTX40シリーズでもない GeForce RTX3060、3070、3080のグラフィックボードが付いているのが 最もコスパが良いです。

ノートパソコンなら解像度を確認

DAIV、G-Tuneのノートパソコンを選ぶときに確認したいのは 「モニター画面の解像度」です。

一般的なノートパソコンでは「フルHD」が主流ですが、 DAIVやG-Tuneのノートパソコンでは 「WQHD以上」の商品もあります。

3DCGでは画面サイズが大きくて さらに解像度が高い方が作業効率が圧倒的に良いです。

Blender用パソコンでは、 持ち運ぶことよりも作業効率を優先させることの方が 満足度が高くなると個人的には感じています。

私もCADのお客さんにノートパソコンを提案するときは、 作業効率を優先させてできるだけ高解像度の ノートパソコンを提案することが多いです。

ぜひ、高解像度のDAIVまたはG-Tuneを検討してみてください。 絶対に後悔しないです。

おすすめパソコン

DAIV Z7

No.1

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

29万円弱~

マウスの3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。

DAIV 5N

No.1

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

24万円弱~

マウスの3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。 人気のロングセラー商品です。

G-Tune EP-Z

設計目安 上級者
CPU
  • Corei9
メモリ
  • 32GB
GPU
  • NVIDIA GeForce RTX3080
SSD
  • 1TB
価格

43万円強~

マウスの3DCG向けのハイエンドゲーミングPCです。 GPU 10GBの高性能グラフィックスと Corei9の高性能CPUの組み合わせで 高速レンダリングを実現してくれます。

G-Tune E5-165J (JeSU公認PC)

No.1

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 1TB
価格

30万円弱~

マウスのゲーミングPCです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。 解像度がWQHDで高画質で作業できます。 人気のロングセラー商品です。

Blenderのおすすめパソコン

当サイトでは マウスコンピューター以外にも おすすめのパソコンを紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

Blenderのパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

まとめ

「厳選!マウスコンピューターのBlender用パソコン」についてのまとめです。

Blenderにおすすめのマウスコンピューターのパソコンは 「DAIV」と「G-Tune」。

両ブランド共にBlenderの推奨スペックを満たしている スペックの商品が多いため。

DAIVを選ぶポイントは3つ。 「CPU内臓グラフィックスは選ばない」 「コスパのいいGeForce RTX搭載PCがおすすめ」 「NVIDIA RTXが付いているハイエンドもある」

G-Tuneを選ぶなら 「最もコスパがいいミドルエンドのPC」がおすすめ。

関連記事

Blenderをはじめるのに必要なものはこの3つ!

Blenderは普通のパソコンでどこまでできる?

初心者向け!Blenderはじめてのレンダリング

初心者向け!Blenderモデリング・マテリアル設定

初心者向け!Blenderモデリング「日本酒を作る」

Blender向けの安いノートパソコンを手に入れる方法

Blenderに最適なSurfaceは?PC解説

厳選!HPのBlender用パソコン

厳選!パソコン工房のBlender用パソコン

BlenderをMacで使うときの推奨スペックはコレ!

Blenderがフリーズする原因は?確認したい3つのこと

失敗しないBlenderのグラフィックボードの選び方

Blender推奨スペックのおすすめノートパソコン3選

BlenderをMacで使うときの推奨スペックはコレ!

初心者向け!失敗しないBlenderパソコンの選び方

Blenderを独学する3つのメリットデメリット

初心者向け!3DCG独学におすすめの本

30代社会人から独学で3DCGデザイナーになるのに必要な3つのこと

おすすめ3DCG用モニター5選!失敗しないモニター選び方

3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

Blenderのインストール方法と基本操作

ゲーミングPCは3DCG用パソコンとして使える?

厳選!3DCGにおすすめのグラフィックボード7選

Mayaを独学する3つのメリットデメリット

厳選!おすすめ3DCGパソコン10選

スカルプトにおすすめのペンタブレット7選

VTuber向けのおすすめPCと推奨スペックを解説

プロが使う!フルトラッキングできるVRシステム

BlenderでVRをするのに必要なものはコレ!

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.