厳選!おすすめ3DCGパソコン11選

どんな3DCG用パソコンを紹介している?

おすすめ3DCGパソコン

こんなことが知りたい

「おすすめの3DCG向けのパソコンを知りたい!」

「3Dモデリング、アニメーション作成、レンダリングに適したパソコンを知りたい」

「Maya、3ds Max、Blenderなどに向いているパソコンを知りたい」

ここでは、3DCG制作に向いているおすすめパソコンを紹介しています。

Maya、3ds Max、Blenderの推奨スペックを満すパソコンで、 さらに3DCGでよく使う「3Dモデリング、アニメーション作成、レンダリング」 がストレスなくできるパソコンを紹介しています。

ちなみに、ここで紹介している3DCG向けパソコンのスペックは、 下の表を基準にしています。

CPU
  • Corei7以上
  • Ryzen7以上
メモリ
  • 8GB~32GB
グラフィックス
  • NVIDIA Tシリーズ
  • RTX Aシリーズ
  • NVIDIA GeForce RTXシリーズ
  • AMD RadeonPro シリーズ
  • AMD Radeon シリーズ

あなたのパソコン選びの参考になればうれしいです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

3Dモデリング・アニメーション作成におすすめのパソコン

3Dモデリングを主にする場合は、 メモリに少し気を付けてください。

マテリアルに高解像度のテクスチャを貼り付ける場合は、 メモリを多めにする必要があります。推奨は16GB以上です。

また、グラフィックスのNVIDIA Quadroシリーズ、Tシリーズは 3DCADソフトを同一パソコンで使う場合に向いています。

アニメーション作成を主にする場合は、 CPUのクロック数とグラフィックスに気を付けてください。

アニメーション作成では何度も3Dアニメーション表示をするため、 3D描画を高速にできるグラフィックスがストレスを軽減してくれます。 ミドルエンド以上のグラフィックスがおすすめです。

また、グラフィックスのパフォーマンスを最大限に生かすには、 相応のCPU性能が必要です。 3GHz以上のクロック数がおすすめです。

NVIDIA Tシリーズのおすすめ

DAIV Z5-T6-CM

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはT600です。

価格は17万円強です。

ZBook Firefly G8 icon

icon icon

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD512GBのミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA T500です。

価格は21万円~です。 HPの人気ワークステンションで売り切れることもあります。

ThinkPad P15 Gen 2

CPUはCorei5、Corei7、Corei9が選択可能、メモリ8~128GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1200 4GB GPUになります。

WEB購入だと常に特別値引きをしているのが嬉しいところです。

Corei7、メモリ16GB、SSD256GB、Quadro T1200選択で 価格は25万円強~です。

GeForce、Radeonシリーズのおすすめ

G-Tune HM-B

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのゲーミングPCです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060です。

価格は23万円強~です。

DAIV Z7

CPUはCorei7、メモリ32GB、SSD 512GBのクリエイター向けパソコンです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060(GPU 12GB)です。

価格は25万円強~です。

HP Pavilion Gaming Desktop TG01-1172jp パフォーマンスエクストラモデル

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 256~512GBを選択できるミドルエンドパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiです。

価格は17万円強~です。 キャンペーンをしていることが多く、定価より6~7万円安く購入できます。

DAIV 5N

CPUはCorei7、メモリ16GB、SSD 512GBのクリエイター向けノートパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3060です。

価格は23万円強~です。

HP ENVY 15-ep1000 パフォーマンスモデルG2

CPUはCorei7、メモリ16GB~32GBを選択でき、SSD 1TBのクリエイター向けノートパソコンです。

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3050です。

価格は23万円強~です。 クリエイター向けの人気機種で、売り切れることが多々あります。

Legion 560

CPUはRyzen7、メモリ16GB、SSD 1TBのゲーミングノートパソコンです。

グラフィックスはGeForce RTX 3060です。

価格は18万円強~です。

レンダリング用のおすすめのパソコン

レンダリングを短時間で行うために、 Quadroのハイエンドグラフィックスと、 そのパフォーマンスを最大限に生かすCPUが搭載されたパソコンを紹介します。

高解像度の画像や、長いアニメーションをレンダリングするためのパソコンです。

HP Z4 G4 Workstation フルカスタマイズモデル icon

icon icon

CPUはXeon、メモリ8~256GBが選べます。 SSDも512GB~2TBが選択可能なハイエンドパソコンです。

グラフィックスはQuadro T1000または RTX A2000~A6000と、Quadro RTX4000とRTX6000が選択できます。

かなりカスタマイズ性があるので予算に合わせて 自分なりのパソコンが組めます。

メモリ16GB、SSD512GB、RTX A2000選択で 価格は41万円強です。

DAIV X10-A5

CPUはCorei9、メモリ64GB、SSD 1TBのハイエンドパソコンです。

特に注目したいのはNVIDIA RTX A5000のグラフィックスが入っているところです。

Quadroの後継ともいわれる 最新のNVIDIA Aシリーズを採用しています。

価格は66万円弱です。 Aシリーズが入ったパソコンでこの価格の安さはマウスコンピューターならではです。

3DCG作成用パソコンを選ぶコツ

3DCG作成用にパソコンを検討している場合は、 まず使用する用途によってスペックを考えるのがポイントです。

3Dモデリングのポイント

3Dモデリングをする場合は、 「オブジェクトの数」と 「マテリアルに貼るテクスチャ」がキーポイントになってきます。

例えば、3ds Maxを使って建築物の3Dモデリングをする場合、 シーンの中にオブジェクトの数が多くなることがあります。

リビングダイニングをモデリングしたとすると、 ソファーやテレビの他に、テーブルやいす、植物に照明といった オブジェクトが数多く必要になります。

このオブジェクトの数が増えるほど 3DCGソフトウェアで処理する負荷が高くるなので、 ハイスペックなパソコンが必要になってきます。

Mayaなんかで見ると、ゲーム用のキャラクターを作成するために 服や靴などの身につけている部分に解像度の高い テクスチャを使用することがあります。

テクスチャを貼る数と解像度の高さで 3DCGソフトの負荷が大きく異なってきます。

主に気を付けたいのは、メモリの容量です。

高解像度のテクスチャを貼る場合は、 できれば32GBのメモリがおすすめです。

また、大規模の建築モデリングなんかをする場合も オブジェクトの数が多くなるので 32GBのメモリがおすすめです。

ちなみに大規模と小規模ってどれくらいか?というと、 こんな感じでしょうか。

キッチンモデル

アニメーション作成のポイント

次にアニメーション作成をする場合は、 「3Dの表示速度」がキーポイントになってきます。

アニメーションはフレームごとにキャラクターの姿勢を変えながら、 「動き」を作成していきます。

この各フレームごとの姿勢を、 何度も何度も繰り返し表示して、 人間らしい動きになっているかを確認していきます。

この作業をするために3D描画が高速に処理できるパソコンが必須になってくるわけです。

これには、グラフィクスの性能はもちろんですが、 じつはCPU性能も必要になります。

グラフィクスのパフォーマンスを最大限にするためには、 クロック数の高いCPUが必須になってくるのです。

つまり、グラフィックスとCPUの性能を優先的にあげるような パソコン構成がおすすめなわけですね。

各3DCGソフトウェアでの用途別のパソコンスペックについてまとめているので、 よかったらそちらも参照してみてください。

Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン11選

Autodesk Aliasの推奨スペックとパソコンの選び方

関連記事

初心者向け!失敗しないBlenderパソコンの選び方

3DCGを学べるオンラインスクールおすすめ5選

ZBrush推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び方

初心者向け!3DCGパソコンで重要な4つのスペック

3DCGパソコンでMacが選ばれない3つの理由

ゲーミングPCは3DCG用パソコンとして使える?

IKのアニメーション作成で知っておきたい3つの基礎知識

IKとFKの違いってなに?アニメーション初心者向け

Blenderを独学する3つのメリットデメリット

3DCADと3DCGソフトの違いはコレ!3つのポイント

Mayaを独学する3つのメリットデメリット

Mayaの独学に必要なものはコレ!3つの必須アイテム

3ds Maxで建築パースの独学に必要な4つのアイテム

初心者向け!3DCG独学におすすめの本

3DCGソフトのライセンス比較!おすすめはどのソフト?

30代社会人から独学で3DCGデザイナーになるのに必要な3つのこと

3DCGの独学を成功させるための3つのポイント

おすすめ3DCG用モニター5選!失敗しないモニター選び方

失敗しないBlenderのグラフィックボードの選び方

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.