個人向け!フルトラッキングできるVRシステム

個人で買えるフルトラッキングVR機器を紹介

個人向けフルトラッキングVRシステム

こんなことが知りたい

個人で購入できるフルトラッキングのVR機器は何がある?

ここでは、フルトラッキングのVRを考えている方に向けて 「個人で購入できるフルトラッキングのためのVR機器」を紹介 しています。

まず、「フルトラッキングVRに必要なものは何か」から説明して、 いま主流で使われているHMD、トラッキング機器を説明します。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事
  • 2022年からVR部署の管理職
  • 法人向けVRを扱う

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

フルトラッキングに必要なもの

身体全身の動きと共にVR空間へ行ける フルトラッキングVRには、 次の3つの機器が必要になります。

フルトラッキングに必要なもの

  • HMD(ヘッドマウントディスプレイ)
  • トラッキング機器
  • パソコン

HMDはVR空間を可視化するために必須のアイテムです。 VR空間を見るための「目」になります。 これがないと自分が仮想空間にいる実感が薄れてしまいます。

続いて必要なのが、トラッキング機器です。 いわゆる身体の動きをとらえるモーションキャプチャーシステムです。

個人向けで購入できるトラッキング機器は、 「カメラで動きをとらえるタイプの機器」と 「慣性センサーでとらえるタイプの機器」が主流です。

トラッキング機器を身体の関節部分につけて、 手足や胴体の動きを取っていきます。

そして最後に、 必要なのはフルトラッキングデータを処理できる スペックの高いパソコンです。

HMDとトラッキング機器があっても、 それをスムーズにデータ処理できるスペックのパソコンがないと フルトラッキングはできません。

HMDの映像データだけではなく、 トラッキング機器のデータもリアルタイムに処理をするので、 最低でも中程度以上のスペックのパソコンが必要です。

フルトラッキングにも使えるVR向けパソコンについては、 別のページで紹介しています。

興味があれば、そちらも合わせてご覧ください。

厳選!おすすめVRパソコン10選

人気のHMD

個人向けのHMDはたくさんありますが、 そのなかでもフルトラッキングでよく使われるHMDをピックアップします。

  • Meta Quest2
  • HTC VIVE Cosmos Elite
  • Pico4
  • HTC VIVE Pro2

価格が手ごろでコスパの高いHMDがQuest2、VIVE Cosmos Elite、Pico4です。 Quest2が6万円弱、Cosmos Eliteが10万円強、Pico4が5万円弱で買える 個人向けのHMDです。 個人向けVRを広めた立役者と言っても過言ではありません。

Meta Quest2・Meta公式サイト

VIVE Cosmos Elite・HTC公式サイト

Pico4・PICO公式サイト

特にQuest2、Pico4はワイヤレス接続ができるので、 手軽さで選ぶ人も多いです。

もう一つがハイエンドHMDのVIVE Pro2です。

VIVE Pro2・HTC公式サイト

より高精細なVRを求める人に好まれる ハイエンドHMDがVIVE Pro2です。 古いHMDからの買い替えでVIVE Pro2を選ぶ人も少なくありません

よく企業向けVRシステムで使われるHMDなので、 その性能は保証付きです。 視野の広さ、解像度と感度はQuest2やCosmos Eliteとは一味違います。

ちなみに、Meta Quest Proが2022年10月26日リリースされましたが、 こちらも今後、フルトラッキングで使われるハイエンドHMDに 選ばれるようになると考えられています。

人気のトラッキング機器

続いては、 全身をとらえるためのトラッキング機器です。

フルトラッキングをしている人は、 ほぼほぼこの3つのトラッキング機器を使っていると言っても過言ではありません。

  • HTC VIVE トラッカー
  • HaritoraX
  • Uni-motion
  • mocopi

まずはVIVEトラッカーです。 少し前まではフルトラッキングをするための機器は VIVEトラッカーしかありませんでした。 そのため、非常に多くのユーザーがいます。

VIVE トラッカー・HTC公式サイト

HMDはVIVE Proで、全身はVIVEトラッカーを使う組み合わせが王道でした。 精度もよく、動きの再現性が高いので 企業のVRシステムでも使われています。

ただし、価格が高いです。 フルトラッキングには最低でもトラッカーが3つ必要で、 ひとつ17500円なので、身体のトラッキングだけで5万円強かかります。

前を向いたり後ろを向いたりする動きをする場合は、 トラッカーを認識するためのベースステーションというセンサーが 最低でも4つ必要です。

VIVEトラッカーとベースステーションを追加すると、 おおよそ10万円~15万円かかります。 この価格でも多くのユーザーに選ばれるのは 品質の高さによるものでしょう。

続いて、 価格破壊を起こしたのは、 HaritoraXとUni-motionです。 これぞ個人向けのトラッキング機器という 価格にまで落としてくれました。

HaritoraX・Shiftall公式サイト

Uni-motion・ユニ・デバイセズ公式サイト

どちらも慣性センサー式のトラッキング機器で、 VIVEトラッカーの半分以下の価格で フルトラッキングができます。

動きの再現性も個人でフルトラッキングをするには十分です。 そのため、とても人気で HaritoraX、Uni-motionどちらも常に売り切れ状態です。

最後に、SONYが本気を出してVRに参入してきた証拠でもある 個人向け低価格トラッキング機器のmocopiです。

mocopi・SONY公式サイト

超小型、完全ワイヤレス、6個のセンサー、HMDなしでフルトラッキング可能、 そして低価格という優れものです。

トラッキング機器に関しては、 別のページでも詳しくまとめていますので 興味があればそちらも合わせてご覧ください。

個人向け!低価格モーションキャプチャー4選

おすすめの組み合わせは?

vive pro

HMDとトラッキング機器をいくつか紹介しましたが、 「どの組み合わせが、どのような人に向いているのか?」 についても紹介していきます。

手ごろなフルトラッキングを求めるなら

「初めてフルトラッキングVRをする人」や 「低価格でフルトラッキングVRをしたい人」には、 次の3つの組み合わせがおすすめです。

「Quest2 + HaritraX」

「Quest2 + Uni-motion」

「Quest2 + mocopi」

この組み合わせを選んだ理由は、 「HMD、トラッキング機器の両方とも低価格で VRコンテンツを楽しむのに十分な性能だから」 です。

例えば、VRChatのようなコミュニティサービスでも 手、足、腰が動かせて表現の幅が広がりますし、 HMDの解像度もそこそこ高くて違和感なく没入できます。

言わば 「プロのVtuberのような表現は難しいけど、 自分が思った8割以上の表現ができるフルトラッキングの組み合わせ」 という感じのシステムです。

高品質なフルトラッキングを求めるなら

続いては 「ワンランク上のフルトラッキングVRをしたい人」におすすめなのが、 次の組み合わせです。 個人向けフルトラッキングでは、王道の組み合わせになります。

「VIVE Pro2 + VIVEトラッカー」

具体的には、VIVEトラッカー3点と ベースステーション4箇所が価格的にもおすすめです。 なぜなら、VIVEトラッカーは両足と腰の3点があれば、 かなり精度の高い動きができるからです。

さらに胸、両膝、両肘の5点を追加して全8点のトラッカーを使うと、 プロのVtuber並みの表現ができるようになります。

この組み合わせを選んだ理由は、 「HTCでそろえることで安定性があり、 企業で使われるような精度でフルトラッキングを味わえるから」 です。

例えば、災害用訓練のような産業用VRや 飛行機の組み立て教育用VRといった「企業が運用しているVR」では、 ハイエンドHMDと精度の高いトラッキング機器を使っています。

そこでは、 HTC VIVE ProとVIVEトラッカーの組み合わせを使うことが多いです。 これは、高精細な映像と高精度の動きの再現で没入感とリアリティを高めるためです。

VIVE Pro2 + VIVEトラッカーを 個人で楽しめるソーシャルVRで使えれば、 自分の動きとほぼリンクしてVR上のアバターが動くので かなりの満足度を得ることができるわけです。

こういう理由で 高品質のフルトラッキングを求める方には VIVE Pro2 + VIVEトラッカーをおすすめしています。

フルトラッキングVRにおすすめのパソコン

当サイトでは フルトラッキングVRにもおすすめのパソコンを紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

フルトラッキングをするためのパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめVRパソコン10選

まとめ

「個人向け!フルトラッキングできるVRシステム」 についてのまとめです。

フルトラッキングVRに必要なものは3つ。 「ヘッドマウントディスプレイ」 「モーションキャプチャーをするトラッキング機器」 「高性能パソコン」

フルトラッキングでよく使われるHMDは4つ。 Meta Quest2、HTC VIVE Cosmos Elite、Pico4 HTC VIVE Pro2がある。

フルトラッキングでよく使われるトラッキング機器は4つ。 HTC VIVEトラッカー、HaritraX、 Uni-motion、mocopiがある。

手ごろなフルトラッキングの組み合わせは 「Quest2 + HaritraX」と 「Quest2 + Uni-motion」 「Quest2 + mocopi」 がおすすめ。

高精度なフルトラッキングの組み合わせは、 「VIVE Pro2 + VIVEトラッカー」がおすすめ。

関連記事

個人向け!VTuberになるための必要な機材はコレ!

個人向け!VTuberになるための3Dソフト

VRChatのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

3DモデルVTuberのダンス動作の仕組みを解説

個人向け!低価格モーションキャプチャー4選

VTubeStudioが重い?配信で確認したい3つのこと

VTubeStudioのおすすめPCスペックはコレ!

メタバースのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

VIVE Pro2でVRするのに必要なもの4点

VTuber向けのおすすめPCと推奨スペックを解説

MetaQuest2で遊ぶのに必要なものはコレ!

VRシステム開発に必要なものはコレ!4つのアイテム

初心者向け!VRに必要なものはコレ!失敗しない機材選び

VTuberの仕組み解説!モーションキャプチャー使われ方

プロが使う!フルトラッキングできるVRシステム

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

アイトラッキングができるHMDはコレ!

初心者向け!VR向けノートパソコン選び3つのポイント

BlenderでVRをするのに必要なものはコレ!

VR研究で使える脳波計とHMDはコレ!

VR研究で使うHMD選び3つのポイント

3DCADをVRで見るためのCADソフト5選

Quest2のPC推奨スペックと失敗しないパソコン選び方

厳選!おすすめHMD 11選

VIVEの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

アイトラッキングをVRでする方法はコレ!

VIVE ProEyeのアイトラッキングで何ができる?

VRパソコンで重要な3つのスペック

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.