VRChatのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

VRChatが快適に動くおすすめPCを紹介

VRChatのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

こんなことが知りたい

VRChatが快適に動くおすすめPCが知りたい!

VRChatの推奨スペックは?

ここでは、VRChatをするためのPCを検討している方に向けて 「VRChatにおすすめのPC」と「推奨スペック」 について解説しています。

VRChatはPCスペックによって遊べる範囲が変わってきます。 PC購入前にそのことを知っておくことで、 後悔しないパソコン選びができます。

あなたのPC選びのお手伝いができればうれしいです。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事
  • 2022年からVR部署の管理職
  • 法人向けVRを扱う

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

VRChatの推奨スペック

VRChatの推奨スペックは、 VRChat公式サイトのヘルプページ(英語)に載っています。

System Requirements・VRChat公式

CPU
  • Corei5以上
  • Ryzen5以上
メモリ
  • 8GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce GTX 1060以上
  • AMD Radeon RX580以上

VRChat公式サイトに載っている推奨スペックは、 基本的にVR機器のヘッドマウントディスプレイが 最低限動くスペックになっています。

じっさいにVRChatを体験してみるとわかりますが、 上の表のスペックだと人数の多いコミュニティに参加すると、 急激にPC動作が遅くなることがあります。

VRChatでは「ワールド」と呼ばれる空間に人が集まって 話したりゲームをしたりします。 ワールドに参加している人数が多いほどPCに負荷がかかります。 つまり、スペックの高いPCが必要になるわけです。

ちなみにワールドは、 少人数でコミュニケーションが取れるところもあれば、 企業や地方自治体がやっている大規模ワールドもあります。 大規模ワールドのイベントでは、 アパレルのビームスやJR東日本、SMBC日興証券といった有名企業なども出展しています。

さて、「これらのワールドで快適に遊ぶには どのくらいのスペックがあればVRChatが安定して動くのか?」 ですが、それはVRChatでの遊び方によって変わってきます。

具体的には、 「気軽に10人程度までの少人数コミュニティに参加してみたい」 という初心者の方と、 「大規模ワールドにも積極的に遊びに行きたい」 という、がっつりやってみたい方で おすすめのスペックが変わってきます。

いま販売しているVR向けPCのスペックを考慮して、 VRパソコンで重要な「CPU、メモリ、グラフィックス」を取り上げると おすすめスペックは次の表のようになります。

初心者向け・少人数コミュニティ推奨スペック

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce GTX 16シリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ
  • AMD Radeon RX6000シリーズ
GPU 4GB以上

がっつりやりたい・大規模コミュニティ推奨スペック

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 40シリーズ
  • AMD Radeon RX 6000シリーズ
GPU 6GB以上

上の表を満たすようなスペックのPCは、 「ゲーミングPC」もしくは 「NVIDIA、AMDグラフィックスが搭載されているクリエイターパソコン」 が最適です。

おすすめPC

VR部署で働く私の経験をもとに 「いつもお客様に提案しているスペックのおすすめパソコン」 をピックアップしました。

「おすすめのデスクトップ」と「おすすめノートパソコン」に 分けて紹介しています。

DAIV Z7

No.1

CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

29万円弱~

マウスのクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。

OMEN by HP 25L Gaming Desktop GT15-0760jp パフォーマンスモデル 【S1】

No.2

CPU
  • Corei7
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
  • NVIDIA GeForce RTX3060Ti
選択可
SSD
  • 1TB
価格

18万円強~

HPのゲーミングPCです。 初心者から中級者に向いています。 HPの人気ゲーミングPCブランドで、 国内で3年連続で出荷台数トップのパソコンです。

SENSE-M06M-124-RBX [Windows 11 Home]

No.3

スキル目安 初心者
CPU
  • Corei5
メモリ
  • 16GB
  • 32GB
選択可
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 500GB
価格

15万円弱~

PC工房の3DCGに向いているクリエイターパソコンです。 低価格で手に入るので初心者に向いています。

おすすめノートパソコン

DAIV 5N

No.1

CPU
  • Corei7
メモリ
  • 32GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 512GB
価格

24万円弱~

マウスのクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。 人気のロングセラー商品です。

SENSE-15FX161-i7-RASX [Windows 11 Home]

No.2

スキル目安 初心者 - 中級者
CPU
  • Corei7
メモリ
  • 16GB
  • 32GB
選択可
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
SSD
  • 500GB
価格

18万円強~

PC工房の3DCG向けクリエイターパソコンです。 初心者から中級者に向いている コストパフォーマンスが高いパソコンです。

IdeaPad Gaming 370i

No.3

CPU
  • Corei7
  • Corei5
選択可
メモリ
  • 16GB
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce RTX3060
  • NVIDIA GeForce RTX3050
  • NVIDIA GeForce RTX3050Ti
選択可
SSD
  • 512GB
価格

13万円弱~

LenovoのゲーミングPCです。 初心者に向いている低価格パソコンです。

PC選び3つのポイント

VRChat向けのPC選びのポイントは、 次の3つがあります。

  • CPUはグラフィックボードとセットで選ぶ
  • おすすめグラフィックボード
  • メモリは大容量がおすすめ

「失敗しないパソコン選び」をするために この3つのポイントを頭に入れながら PC選びをすることをおすすめします。

CPUはグラフィックボードとセットで選ぶ

PC選びのポイントの1つ目が 「CPUとグラフィックボードをセットで選ぶ」です。

どういうことかというと、 「中程度のグレードのCPUならば中程度のグラフィックボードを選ぶ」 「グレードの高いCPUならグレードの高いグラフィックボードを選ぶ」 という感じです。

なぜCPUとグラフィックボードをセットで選ぶ必要があるのか? その理由は 「CPU、グラフィックボードのどちらかのスペックが低いと 性能を出し切れないため」 です。

例えば、グラフィックボードがNVIDIA GeForce RTX3080にしたけど、 CPUがCorei5だとグラフィックボードの性能が出し切れない可能性があるわけです。

具体例でいうと、ヘッドマウントディスプレイが5K解像度だった場合、 CPU、グラフィックボードの両方のスペックが高くないと 画面の表示速度が遅くなることがあります。

高スペックのグラフィックボードが画像表示をしたとしても、 それをヘッドマウントディスプレイに転送する処理をしているのが CPUなので、CPUのスペックが足りないと表示速度が遅くなるわけです。

こういう理由から CPUとグラフィックボードはセットで選ぶのがおすすめです。

おすすめグラフィックボード

続いて、PC選びのポイント2つ目が 「おすすめのグラフィックボード」です。

VRChatを快適に動かしてくれるNVIDIAとAMDの グラフィックボードを紹介します。

具体的なおすすめのグラフィックボードは 次の表のとおりです。 おすすめのCPUと一緒に載せます。

Corei5・Ryzen5におすすめ

  • GeForce RTX3050
  • GeForce RTX3060
  • GeForce GTX1650
  • GeForce GTX1660
  • Radeon RX6500XT

Corei7・Ryzen7におすすめ

  • GeForce RTX3060
  • GeForce RTX3060Ti
  • GeForce RTX3070
  • GeForce RTX3070Ti
  • NVIDIA RTXA2000
  • Radeon RX6750XT

Corei9・Ryzen9におすすめ

  • GeForce RTX3080
  • GeForce RTX3090
  • GeForce RTX3090Ti
  • GeForce RTX4080
  • GeForce RTX4090
  • NVIDIA RTXA4500

メモリは大容量がおすすめ

PC選びのポイント3つ目が 「大容量メモリがおすすめ」です。

VRChatでは できるだけ多くのメモリを搭載したPCがおすすめです。

なぜなら、 「参加人数が多くなるほどメモリの消費量が多くなるため」 です。

例えば、VRChatでの人気コンテンツに「大規模イベント」があります。 近年とても人気なのは「バーチャルマーケット」という VRコンテンツ販売もしているVR展示会です。

バーチャルマーケット・Twitter

人気の場所には、 大人数が集まる可能性が高くて、メモリを多く使うこともあります。 このときにメモリが不足してしまうと、 PCが遅くなり十分にコンテンツを楽しめなくなるリスクがあるわけです。

こういう理由から、 メモリは大容量がおすすめです。

ちなみに20人程度の参加者が集まると 16GBメモリでもかなりひっ迫してきます。 特に最近では高品質なアバターを使う人も多いため、 人数が少なくてもメモリが多く使われることも少なくありません。

もし、十二分にVRChatを楽しみたい!と考えている方は、 32GBメモリを強くおすすめします。

VRChatおすすめパソコンを見る

デスクトップとノートパソコンどちらがおすすめ?

VRChat向けに新しくPCを購入しようと考えている場合、 デスクトップかノートパソコンか悩んでいる方も少なくありません。

さて、VRChatではどちらがおすすめか?というと、 「デスクトップの方がおすすめ」です。

その理由は 「CPU性能とグラフィックボード性能がデスクトップの方が高いから」 です。

例えば、デスクトップ用のグラフィックボードは 同じシリーズのノートパソコン用グラフィックボードよりも GPUメモリの容量やクロック数が高いことが多いです。

具体例を出すと、GeForce RTX3060ではノートパソコン用ではGPUメモリが6GBなのに対して、 デスクトップ用ではGPUメモリが12GBになっています。 また、デスクトップ用の方がクロック数も高いため、処理速度も速いです。

ちなみに、グラフィックボードの性能については 公式サイトから比較することができます。

GeForce RTX30シリーズ・NVIDIA公式

GeForce RTX30シリーズ ノートPC・NVIDIA公式

じつは、CPUにも同じことが言えます。 ノートパソコン用Corei7とデスクトップ用Corei7では、 処理速度が異なるわけです。

しかも、価格はノートパソコンの方が高くなる傾向にあります。

VRChatで快適に遊ぶにはスペックがとても大事になってきますので、 できるだけ高スペックのPCが最適です。

こういう理由から デスクトップパソコンをおすすめしています。

VRChatおすすめパソコンを見る

PC周辺機器で必要なもの

さて、「VRChatをするためにPCの他に何か必要なものはあるか?」 ですが、「ヘッドマウントディスプレイ」が必要です。

じつは、VRChatではヘッドマウントディスプレイは「必須」ではありません。 デスクトップモードといって、ゲームのように キーボードやマウスでアバターを操作できます。

しかし、「それってVRChatやる意味ある?」ってくらい没入感がなくなるので、 VRChatではヘッドマウントディスプレイは「必要」なわけです。

PC以外で必要なものはヘッドマウントディスプレイだけで問題ありません。

VRChat上でおしゃべりするためのマイクも ほとんどのヘッドマウントディスプレイには内蔵されています。 ですので、別途マイクを購入する必要もありません。

VRChatに必要なものは「PC」と「ヘッドマウントディスプレイ」があれば 十分に楽しめます。

ちなみに、 VRChatにおすすめのヘッドマウントディスプレイについても 別のページでまとめています。

よかったらそちらも合わせてご覧ください。

厳選!おすすめHMD 11選

MacBookは使える?

アップルユーザーでMacBookをVRChatで使えるかどうか 気になる方もいるかと思います。

しかし、VRChatはmacOSに対応していないため、 基本的にMacBookではできません。

BootCampを使ってMacBook上でWindowsを起動することにより VRChatを使うという裏技的なこともできますが、 あまりおすすめはできません。

BootCampはソフト上でのエミュレートなので、 処理速度が遅くなりスペックが足りなくなるリスクが高いのです。

もし、新しくPCを購入しようと考えているならば、 Windowsパソコンを購入することをおすすめします。

VRChatおすすめパソコンを見る

VRChatに関係する記事

VRChatに関係するおすすめ記事をピックアップしています。 よかったらこちらも合わせてご覧ください。

個人向け!低価格モーションキャプチャー4選

個人向け!フルトラッキングできるVRシステム

厳選!おすすめHMD 11選

MetaQuest2で遊ぶのに必要なものはコレ!

VIVE Pro2でVRするのに必要なもの4点

初心者向け!VR向けノートパソコン選び3つのポイント

まとめ

「VRChatのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説」 についてのまとめです。

VRChatの推奨スペックはVRChat公式サイトにも載っている。 ただし、このスペックのPCでじっさいにプレイしてみると スペック不足になることもある。

ワールドの参加人数によって必要なスペックが異なる。

PC選びのポイントとして 「CPUとグラフィックボードはセットで検討する」 「メモリを多めにする」などがある。

デスクトップパソコンとノートパソコンでは、 コスパが高いデスクトップパソコンの方がおすすめ。

PCの他に必要なものとしては、 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)があればいい。

MacBookではVRChatはできない。 macOSに対応していないため。

関連記事

個人向け!VTuberになるための必要な機材はコレ!

個人向け!VTuberになるための3Dソフト

メタバースのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

3DモデルVTuberのダンス動作の仕組みを解説

個人向け!低価格モーションキャプチャー4選

VTubeStudioが重い?配信で確認したい3つのこと

VTubeStudioのおすすめPCスペックはコレ!

VIVE Pro2でVRするのに必要なもの4点

アイトラッキングができるHMDはコレ!

VIVE Pro2でVRするのに必要なもの4点

VTuber向けのおすすめPCと推奨スペックを解説

MetaQuest2で遊ぶのに必要なものはコレ!

VRシステム開発に必要なものはコレ!4つのアイテム

初心者向け!VRに必要なものはコレ!失敗しない機材選び

VTuberの仕組み解説!モーションキャプチャー使われ方

プロが使う!フルトラッキングできるVRシステム

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

個人向け!フルトラッキングできるVRシステム

初心者向け!VR向けノートパソコン選び3つのポイント

BlenderでVRをするのに必要なものはコレ!

VR研究で使える脳波計とHMDはコレ!

VR研究で使うHMD選び3つのポイント

3DCADをVRで見るためのCADソフト5選

Quest2のPC推奨スペックと失敗しないパソコン選び方

厳選!おすすめHMD 11選

VIVEの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

アイトラッキングをVRでする方法はコレ!

VIVE ProEyeのアイトラッキングで何ができる?

VRパソコンで重要な3つのスペック

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.