Quest2のPC推奨スペックと失敗しないパソコン選び方

Quest2の推奨スペックとPC選びのポイントを解説

こんなことが知りたい

Quest2をPCに接続するときの推奨スペックは?

Quest2を研究開発で使うためのパソコンスペックは?

ゲームに最適なパソコンスペックは?

ここではQuest2をPC接続させたい方に向けて 「Quest2をPC接続するときの推奨スペック」と 「パソコンの選び方」 について解説します。

ちなみに、パソコンの選び方については、 Quest2で「SteamのVRゲームをするときのパソコン選び」と 「研究開発をするときのパソコン選び」の 二通りに分けて説明します。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事
  • 2022年からVR部署の管理職
  • 法人向けVRを扱う

詳しい紹介はこちら 「自己紹介」

目次

Quest2用のPC推奨スペック

まず、Meta Quest2をパソコンを使って動かすための動作環境スペックですが、 Meta公式サイトに載っています。

Meta Quest Linkの適合性・Meta公式

Meta公式サイトに記載されているスペックは 「最低限このスペックであれば動作します」というものです。 どんなVRコンテンツでも快適に動くというわけではありません。

例えば、高精細な3DCGを使ったVRコンテンツや、 独自開発で複雑な計算を入れたVRコンテンツなどは、 それに見合ったスペックにしないと動作が遅くなることもあります。

つまり、「VRゲームをするパソコン」と「研究開発で使うパソコン」で 同じスペックのパソコンを使うことは あまりおすすめできないということです。

そこで、「ゲームやVRコミュニティで使うパソコンのスペック」と 「研究開発や産業用VRで使うパソコンのスペック」に分けてみると、 具体的にはこんな感じのスペックがおすすめです。

VRゲームのおすすめスペック

CPU
  • Corei5
  • Ryzen5
メモリ
  • 8GB以上
グラフィックス
  • NVIDIA GeForce GTX 16シリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ
  • AMD Radeon RX6000シリーズ
GTX1650とRTX3050Tiを除く

VRゲームなどの個人向けエンタメで使うパソコンは、 上の表のスペックがおすすめです。 主にゲーミングPCの低価格帯のモデルで 採用されているスペックです。

なぜゲーミングPCの低価格帯のモデルのスペックがおすすめなのか? その理由は 「多くのVRゲームは低価格帯のゲーミングPCスペック でも動くように開発しているため」 です。

例えば、SteamのVRゲームは、 上の表のスペックが最低動作環境になっていることが多いです。 これは、Metaや他のHMDメーカーが、 できるだけ価格を抑えて個人でVRゲームができるように 企業努力をしているためです。

こういう理由で、 上の表のスペックをおすすめとしています。

続いて、研究開発や産業用VRをする場合のパソコンスペックです。

研究開発のおすすめスペック

CPU
  • Corei7
  • Ryzen7
メモリ
  • 16GB以上
グラフィックス
  • NVIDIA RTX Aシリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ
  • AMD RadeonProシリーズ
RTX3050Tiを除く

研究開発分野では、 ゲームなどのエンタメとは少し違ってきます。

高精細な3DCADや3DCGデータを使う場合もありますし、 シミュレーション計算をする場合もあります。

その場合、速いCPUと大容量メモリ、そして 3D表示の速いグラフィックボードが必要になります。

そのため、ワークステーション程度の ハイスペックなパソコンが必要になってきます。

VRゲーム用途のパソコン選び

Quest2では、高画質な画面を見ながらVRゲームをする場合や SteamのVRゲームをする場合は パソコンに接続する必要があります。

その場合のパソコン選びのポイントは、 「ゲーミングPCを選ぶこと」 です。

なぜなら 「ゲーミングPCはSteamや他のVRゲームに最適化されているから」 です。

例えば、ゲーミングPCで採用されるNVIDIAやAMDのグラフィックボードは、 Metaと連携しながら製品開発やサポートを行っています。

NVIDIAではGeForceがQuest2をサポートしていますし、 AMDではRadeonがQuest2をサポートしています。 NVIDIAもAMDも公式サイトで Metaをパートナー企業として載せています。

バーチャル リアリティのための GeForce RTX・NVIDIA公式

AMD LiquidVRテクノロジーによるバーチャル・リアリティー・AMD公式

この連携は、 VRゲームを安定してできるように製品開発していることを意味しています。

こういう理由から VRゲーム用途のパソコンはゲーミングPCをおすすめしています。

研究開発用途のパソコン選び

続いて、研究や産業用VRで使う場合のパソコンの選び方です。

研究開発用途でのパソコン選びのポイントは 高速に動作する「ワークステーション」か「ハイエンドのゲーミングPC」を選びこと です。 つまり、高価格帯のパソコンが必要ということです。

なぜならば 「研究開発では高速処理や3Dの高速表示が必要になることが多いから」 です。

例えば、 ジョンソンエンドジョンソンが採用している MetaのHMDを使った外科手術のVRシミュレーションは パソコンスペックが重要になってきます。

VRシミュレーションなので、 現実世界との遅延が少ないリアルタイム性が求められます。 それを実現するためには、高速処理できるパソコンが必須になります。

ジョンソンエンドジョンソン成功事例・Meta公式サイト

Osso VR

このように 研究開発や産業用VRでは処理速度の速いパソコンが求められることが多いので、 ワークステーションや高価格帯のハイエンドゲーミングPCを おすすめしています。

Quest2におすすめのパソコン

当サイトでは Quest2を使ったVRに最適なおすすめパソコンを紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

VR用のパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめVRパソコン10選

まとめ

「Quest2のPC推奨スペックと失敗しないパソコン選び方」 についてのまとめです。

Quest2をPC接続するときにおすすめの推奨スペックは、 ゲーム用途と研究開発用途では、少し異なる。

VRゲーム用途では、 エントリーモデルのゲーミングPCがおすすめ。

研究開発用途では、 ワークステーションやハイエンドゲーミングPCがおすすめ。

関連記事

個人向け!VTuberになるための必要な機材はコレ!

個人向け!VTuberになるための3Dソフト

VRChatのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

3DモデルVTuberのダンス動作の仕組みを解説

個人向け!低価格モーションキャプチャー4選

VTubeStudioが重い?配信で確認したい3つのこと

VTubeStudioのおすすめPCスペックはコレ!

メタバースのおすすめPCはコレ!推奨スペックを解説

VIVE Pro2でVRするのに必要なもの4点

VTuber向けのおすすめPCと推奨スペックを解説

MetaQuest2で遊ぶのに必要なものはコレ!

VRシステム開発に必要なものはコレ!4つのアイテム

初心者向け!VRに必要なものはコレ!失敗しない機材選び

VTuberの仕組み解説!モーションキャプチャー使われ方

プロが使う!フルトラッキングできるVRシステム

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン10選

個人向け!フルトラッキングできるVRシステム

初心者向け!VR向けノートパソコン選び3つのポイント

BlenderでVRをするのに必要なものはコレ!

VR研究で使える脳波計とHMDはコレ!

VR研究で使うHMD選び3つのポイント

3DCADをVRで見るためのCADソフト5選

VIVEの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

厳選!おすすめHMD 11選

VRパソコンで重要な3つのスペック

アイトラッキングをVRでする方法はコレ!

VIVE ProEyeのアイトラッキングで何ができる?

アイトラッキングができるHMDはコレ!

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.