失敗しない3ds Maxのグラフィックボードの選び方

3ds Maxで使うグラボの選び方

3dsmaxで使うグラボの選び方

こんなことが知りたい

「3ds Maxはどんなグラフィックボードが必要?」

「GeForceとQuadroどちらを選べばいい?」

ここでは、3ds Max向けのパソコンを検討している方に向けて 「3ds Maxで使うグラフィックボードの選び方」 について解説していきます。

主に、「建築パースや3Dキャラクターを作成するモデリングをする場合」と、 「アニメーション作成をする場合」についての グラフィックボードの選び方を説明していきます。

この記事を書いた人

自分
さくら

  • 3DCADサポートエンジニア
  • サポート歴7年
  • Autodeskとダッソー製品のカスタマーサポートに従事

目次

「使用目的」でグラボを決める

3ds Maxは3DCGアニメーション作成や、 3Dモデリングを作成するツールとして有名なソフトウェアです。

そんな3ds Maxを使う目的として、 以下の3つの用途が代表的かと思います。

3ds Max使用目的の例

  • 3DCG基礎スキル習得
  • 建築パースを作る
  • 3Dアニメーションを作る

さて、この3つの使用目的ですが、 主にこんな方たちが対象になるかと思います。

「3DCG基礎スキル習得」を目的としている場合、 CG業界を目指す専門学生やアーティストを目指す美大生などの 「学生」が中心になるでしょう。

「建築パース作成」を目的としている場合は、 フリーランスや建築関係で働く社会人が多いかと思います。

「3Dアニメーション作成」を目的としている場合は、 映像制作会社で働くクリエイターが多いかと思います。

このあと、各目的でどんなグラフィックボードが向いているかについて 説明していきたいと思います。

3ds Maxの基礎スキル習得が目的の場合

まずは「3ds Max基礎スキルの習得」が目的の場合についてです。

学生が多いかと思いますが、 趣味で始める社会人の方や、異業種からの転職を考えている方も対象になるでしょう。

  • 3ds Max未経験でこれから始める
  • 初心者でまだ作品を作れない
  • ある程度スキルがついてこれから小さな作品を作る

このような 3ds Maxの基礎スキル習得が目的の場合は 「ミドルエンドのGeForce、Radeon」もしくは「NVIDIA Tシリーズ」がおすすめ です。

その理由は、 「スキル習得であれば十分なスペックで、しかもコストがおさえられるから」 です。

例えば、簡単なモデルを歩かせるアニメーションを作成したり、 練習で「建築物の階段」を作るのに、 ハイエンドのグラフィックボードは必要ありません。

3dsMaxのアニメーション

3dsMaxの3Dモデリング

「ミドルエンドのGeForce、Radeon」もしくは「NVIDIA Tシリーズ」で ストレスなくモデリングできますし、アニメーションも作成できます。

ハイエンドのグラフィックボードは10万円以上するものが多いですが、 スキル習得が目的であれば数万円のグラフィックボードで十分なのです。

こういう理由で ミドルエンドのGeForce、RadeonもしくはNVIDIA Tシリーズをおすすめしています。

ちなみに、具体的なグラボはこんな感じのスペックがおすすめです。

NVIDIA

  • GeForce RTX30XXシリーズ GPUメモリ8GB
  • GeForce RTX20XXシリーズ GPUメモリ8GB
  • Tシリーズ GPUメモリ4GB

AMD

  • Radeon RX6000シリーズ GPUメモリ8GB

建築パース作成をする場合

続いては「建築パースを作ること」が目的の場合についてです。

建築物を3DCGで作成できるスキルがあるので、 3ds Max中級者以上が対象になります。

そんな広告宣伝のために建築パースを作る方には、 「ハイエンドのGeForce、Radeon」もしくは 「ミドルエンドのNVIDIA RTXAシリーズ」がおすすめです。

その理由としては 「建築パースはデータ規模が大きくなることが多いので、 より高性能なグラボが必要になるため」 です。

例えば、戸建てのリビングを作ったときには、 テーブルとイス、ソファーにテレビといった家具類を配置したりします。

例としては、下の画像のようなちょっと贅沢なリビングダイニングのような感じです。

3dsMaxの3Dモデリング

配置するオブジェクトの数が多くなると、それだけデータ規模も大きくなります。 また、見た目を良くするために、 壁紙や床に高解像度のテクスチャを使うことで、さらにデータ量が多くなります。

こういう建築パースをストレスなくモデリングするためには、 ハイエンドのGeForce、Radeonもしくは ミドルエンドのNVIDIA RTXAシリーズが最適なのです。

ちなみに、具体的なグラフィックボードの種類は 以下のものがおすすめです。

NVIDIA

  • GeForce RTX30XXシリーズ GPUメモリ12GB
  • GeForce RTX20XXシリーズ GPUメモリ12GB
  • RTXAシリーズ GPUメモリ12GB

AMD

  • Radeon RX6000シリーズ GPUメモリ16GB

アニメーション作成をする場合

最後に「アニメーション作成」が目的の場合です。

アニメーションは規模によって、 おすすめのグラフィックボードが変わってきます。

「学生が就活のポートフォリオ用に作る短編アニメーション」と 「映像制作の会社で作るアニメーション」では、 使うグラフィックボードも変わってくるわけです。

簡単なアニメーションに向いているグラボ

簡単なアニメーションを作る場合に向いているグラフィックボードは 「ミドルエンドのGeForce」がおすすめです。

理由は 「データ量が少なければ、3D描画速度も落ちないから」と 「レンダリングでGPUが使えるから」 です。

例えば、背景も少なく、5000フレームくらいのアニメーションであれば、 GPUメモリがそこまで多くなくても描画速度が落ちることはほぼありません。

下のような単純な背景とキャラクターを動かして アニメーションを作成したとしても、 ミドルエンドのGeForceで十分に足りるスペックです。

3dsMaxのアニメーション

また、レンダリングも GPUメモリが多めでコア数もそれなりにあるミドルエンドのGeForceが コストパフォーマンスに優れています。

NVIDIA GeForce RTXシリーズであれば、 GPUレンダリングも可能なのでレンダリング速度も速くなります。

こういう理由で、 ミドルエンドのGeForceをおすすめしています。

具体的なグラフィックボードの種類は、以下のものがおすすめです。

  • GeForce RTX30XXシリーズ GPUメモリ8GB
  • GeForce RTX20XXシリーズ GPUメモリ8GB

映像制作に向いているグラボ

中規模から大規模のアニメーションを作る場合に向いているグラフィックボードは、 「NVIDIA RTXAシリーズ」がおすすめ です。

理由は、 「3ds Maxが採用しているArnoldレンダラーがRTXシリーズに最適されていて、 GPUレンダリングで高速に処理することができるため」 です。

アニメーションが長くなればなるほど、 レンダリングする時間も比例して増えていきます。

また、背景アセットを追加して、 動かすキャラクターの数も多いと、さらにレンダリング時間が長くなります。

例えば、下の図のような背景を追加した群衆を動かすアニメーションは、 レンダリングに時間がかかります。

3dsMaxのアニメーション

そのため、 作業効率化をするためには、 できるだけ高速にレンダリングすることが求められるわけですね。

そのレンダリング高速化に最適なのが、 NVIDIAのRTXAシリーズになります。

NVIDIAのブログにも掲載されていますが、 Arnold6以降でRTXシリーズが最適化されていて、 複雑なシーンをレンダリングするときに パフォーマンスを発揮できる仕組みになっています。

Autodesk MayaとAutodesk ArnoldがRTXに対応・NVIDIA公式ブログ

また、GeForceではなくて、 なぜQuadro系のRTXAシリーズなのかというと、 「Quadro系は3ds Maxが安定して動くようにチューニングされているから」 です。

Quadro系のデバイスドライバーと GeForce系のデバイスドライバーは別系統で開発されています。

GeForceのドライバーは主にゲームソフトの修正や調整がされています。 一方でQuadro系のドライバーはCADやCGソフトの修正や調整がされています。

例えば、NVIDIA公式サイトのドライバー検索ページを見てみると、 Quadro系ドライバーの更新履歴には、 Maya、3ds Max、Photoshop、AutoCADなどの修正情報が載っています。

高度なドライバー検索・NVIDIA公式サイト

これはつまり、 NVIDIAは各ソフトメーカーが協業して、 Quadro系グラフィックボードが CADやCGソフトが安定して動くように 品質を高めているということです。

仕事道具で最も重要なのは 「不具合が少ないこと」だと思っています。 トラブルシュートに貴重な時間を費やしたくないですからね。

そういう理由から、 NVIDIA RTXAシリーズをおすすめしています。

3ds Maxおすすめパソコン

当サイトでは 3ds Maxでの3DCG作成向けにおすすめのパソコンも紹介しています。

パソコンメーカー別に ローエンドからハイエンドまでのノートパソコンと デスクトップパソコンを提案しています。

3ds Max用のパソコンをお探しの方は、 そちらもあわせて参考にしていただければ嬉しいです。

厳選!おすすめ3DCGパソコン14選

3ds Maxおすすめグラフィックボード

ここで説明した「失敗しないグラフィックボードの選び方」を踏まえて 3ds Maxにおすすめのグラフィックボードを紹介しています。

グラフィックボード単体でお探しの場合は、 こちらもあわせて参照していただけると嬉しいです。

厳選!3DCGにおすすめのグラフィックボード7選

まとめ

「失敗しない3ds Maxのグラフィックボードの選び方」 についてのまとめです。

3ds Maxのグラボは使用用途で決めるのが最適。

3ds Maxの基礎的なスキルを学習することが目的の場合は、 ミドルエンドのGeForce、RadeonかNVIDIA Tシリーズがおすすめ。

建築パースのようなモデリングをする場合は、 ハイエンドのGeForce、Radeonか ミドルエンドのNVIDIA Tシリーズがおすすめ。

アニメーションを作成するのが目的の場合は、 アニメーションの規模によって変えるのが最適。

簡単なアニメーションに向いているのは、 ミドルエンドのGeForce。

中規模から大規模のアニメーションに向いているのは、 NVIDIA RTXAシリーズがおすすめ。

関連記事

3dsMaxの推奨スペックと失敗しないパソコンの選び方

3ds Maxで建築パースの独学に必要な4つのアイテム

失敗しないMayaのグラフィックボードの選び方

失敗しないBlenderのグラフィックボードの選び方

Blender推奨スペックはコレ!おすすめパソコン11選

Mayaの推奨スペックはコレ!失敗しないパソコンの選び方

ZBrush推奨スペックはコレ!失敗しないパソコン選び方

初心者向け!3DCGパソコンで重要な4つのスペック

初心者向け!3DCG独学におすすめの本

Copyright (C) 3DCADパソコンのスペックガイド. All Rights Reserved.