ホーム » トピック » 3DCAD用でMACを選ぶ時の注意点は?

3DCAD用でMACを選ぶ時の注意点は?

MAC選びの注意点はこの3つ!

macデスクトップの絵

3DCAD用のパソコンとして MACを選ぶ時に気を付けたいのは この3点です。

  • 3DCADソフトがMACに対応しているか

  • メモリ容量を多めに

  • 見た目よりスペック重視

この3つを頭に入れながら MACを検討すると 満足いくパソコン選ぶができる確率が高くなります。

3DCADソフトがMACに対応しているか

MACと言えば、 まず「使用予定の3DCADソフトがMACに対応しているか」 という問題があります。

世に出ている3DCADソフトウェアは Windowsのみ対応しているソフトが多いのも現状です。

私の経験上、クライアントとのデータのやり取り、 関連企業とのデータのやり取りで Windowsを使わざるを得ないこともしばしばあります。

例えば、AutoCADやVectorworksはMAC対応版がありますが、 CATIAはWindowsとUnixが主になります。

自分が業務で使う、または授業で使う予定の3DCADソフトが MACに対応しているかどうかを見極めてから MACのパソコンを検討した方が良いでしょう。

ただ、MACはBoot Campという仕組みを利用して WindowsをMACのパソコンにインストールすることができます。

つまり、mac osもWindowsも 一台のMACパソコンで使えてしまいます。

ただ、これにはデメリットもあります。 それはハイスペックなパソコンでないと 動きが遅くなる場合があります。

MacBookや MacBookAirなどでBoot CampよりWindowsを立ち上げ 3DCADソフトを使用すると 動作の快適性に難ありの場合があります。

Boot Camp + 3DCADソフトを使用する際は、 MacBook Proなどのハイスペックなパソコンがおすすめになります。

メモリ容量を多めに

3DCADソフトでは、 かなりのメモリを使用する傾向にあります。

そのため、メモリの最大容量が大きい MacBook Proを選ぶのがおすすめです。

MacBook Proはメモリ増設が可能なモデルもあるので、 予算が足りない場合は 最大増設メモリが大きいモデルを選ぶのが良いでしょう。

例えば、最大メモリが8GBで、 搭載しているメモリが4GBなどです。

また、MacBookやMacBook Airは メモリ増設ができませんので注意が必要です。

できればMacBook Proを選ぶのが賢明です。

見た目よりスペック重視

「なぜMacを選ぶのか?」

「それはカッコいいから。」 「スマートだから。」

BootCampでWindowsを使ってでも Macを使っている理由…まさにこの「スマートだから」という理由が 大半を占めると言っても過言ではありません。

私もMac使ったことがありますが、 Appleのパソコンというステータスを持っていた部分が大きいです。

確かにMacOSは使いやすい部分も多々ありますが、 3DCADでいうと、対応ソフトが少ないのがネックになっています。

また、MacBookやMacBookAirなどの 値段が手ごろなモデルもあるので 手を出しやすいというのもあります。

ここでMac選びで注意したいのは、 やっぱり3DCADソフトが快適に動くスペックかどうか? ということです。

スペックが低くて CAD上の作業で支障が出る…なんてことは、 本末転倒です。

ぜひ、使う予定の3DCADの推奨パソコン動作環境を調べて それに見合ったMacを選んでください。


関連記事

3DCADおすすめパソコンメーカー