ホーム » 3DCAD用パソコンのスペック » グラフィックボードのスペック

グラフィックボードのスペック

3DCAD用パソコンのグラフィックボード

3DCADソフトを正確にかつ快適に動かす上で、 グラフィックボードはかなり重要です。

オンチップと言われる、 CPUにグラフィック処理機能のついた安価なパソコンでは、 動作が遅くなったり、 描画精度を欠いてしまったりする場合があります。

そのため、 3DCAD用パソコンでは 必ず専用のグラフィックボードをつけることをおすすめします。

ボードの画像

3DCADソフトは描画では主にOpenGLが使われることが多いので、 OpenGLに最適化されたグラフィックボードを選びます。

一般的にゲームで使われる3DCGの描画は、 マイクロソフトのDirectXという技術が使われています。

グラフィックボードは、 このOpenGLとDirectXのそれぞれに最適化したボードがあるので、 選ぶ際はそこに注意します。

グラフィックボードの種類

OpenGLに特化したグラフィックボードの種類は、 大きく分けて二種類あります。

ひとつは、NVIDIA社のQuadroシリーズのグラフィックボードです。

NVIDIA社のQuadroのホームページスクリーンキャプチャー
NVIDIAホームページのスクリーンショット

3DCADや、3DCGの描画に定評があり、 世界のグラフィックボードのシェアも、 このNVIDIAのグラフィックボードがかなりの割合を占めています。

もうひとつは、 AMD社のFireProシリーズのグラフィックボードです。

AMD社のFireProのホームページスクリーンキャプチャー
AMDホームページのスクリーンショット

特に、AMD製のCPUが搭載されたパソコンに特化していて、 高速かつ正確に3DCGを描画することができます。

こちらも多くの3DCADソフトをサポートしており、 世界中でのシェアも高いです。

QuadroとFireProはどちらがいいか?

正直、3DCADを動かす上で、 QuadroとFireProのどちらも抜群の性能を発揮します。

どちらもOpenGLに最適化されたグラフィックボードで、 3DCAD分野で実績もあります。

したがって、どちらを選んでもハズレはありません。

価格と好みで選んでも問題ないと私は考えます。

また、 Quadro、FirePro共に、有名な3DCADソフトをサポートしています。 これらを見ても、どちらのグラフィックボードでも 誠実にサポートしているので 問題ないと思っています。

例えば、AutoCAD、SolidWorks、CATIA、CREO、 Simens PLM ソフトウェアなど、 高機能で世の中でかなりの数が使われている 3CADをnVidiaのQuadroとAMDのFireProは サポートしています。

「認定グラフィックボード」というものもあり、 このグラフィックボードならば、 3DCADのこのソフトは動きますよ、という 目安もあります。

下のリンクは、 例として、CATIAとのグラフィックボードの対応を 挙げておきます。

AMD FireProとCATIA

NVIDIA QuadroとCATIA

3DCAD用のパソコン

上で書いたグラフィックボードが入った3DCAD用のパソコンを ピックアップしました。

「私だったらコレを買いたい!」という パソコンを紹介していますので、 胸を張っておすすめできるPCです。

おすすめ3DCAD向けパソコン