ホーム » 3DCAD用パソコンのスペック

3DCAD用パソコンのスペックで重視するもの

これが重要!3つのスペック

3DCAD用のパソコンを買う上で、 絶対に妥協しないで欲しいスペックは、この3つです。

  • グラフィックボード

  • メモリ

  • CPU

デスクトップパソコン

3DCADを快適に使うには、この3つのスペックが、 一般的に使うパソコンよりも 高性能なものを使わなければなりません。

特に、AutoCAD(3D機能)、CATIA、SolidWorksなどの 高機能3DCADソフト使う場合は、 この3つのスペックがかなり重要です。

グラフィックボード

3DCAD用のパソコンでは、 グラフィックボードのスペックはかなり重要です。

正常に3DCADソフトを動かすのに、 高性能なグラフィックボードを選ぶ必要があります。

具体的には、NVIDIAというメーカーのQuadroシリーズもしくは、 AMDというメーカーのFireProシリーズが推奨です。

これらのグラフィックボードは、 3DCADで主に使われるOpenGLの技術に特化していて、 3DCGを正確かつ、高速に描画することができます。

一般的にゲーム用途で使われているグラフィックボードは、 3DCADには特化していません。

ゲーム用のグラフィックボードは、 描画は高速ですが、正確性に不安があります。

また、ゲーム用のグラフィックボードは、 描画設定が細かく設定できない場合が多く、 3DCAD用にはあまり向いていません。

そのため、ゲーム用のグラフィックボードは 3DCADソフトで不具合があった場合の対処法が 見つからない場合があります。

メモリ

パソコンのメモリ

3DCADソフトは、高機能なソフトウェアのため、 メモリを多く消費します。

各3DCADソフトで異なりますが、 ほとんどの場合、推奨スペックは 4GB以上と表記されています。

特に3DCAD上でメッシュの細かいパーツを作る時や、 多数のパーツを組み合わせて複雑にモデリングする場合は メモリを多量に使います。

数百、数千というパーツを扱う予定の方は、 メモリ容量を多くしておく必要があります。

CPU

CPUは、ミドルクラスからハイエンドクラスが必要です。

モバイル用のCPUで、 Celeronなどのミドルクラス以下の速度のCPUは、 処理速度が劣り、使用に耐え難いと感じます。

CPUは、3DCGの演算処理の他、 描画速度にも影響する部品です。

このCPUのスペックを落とすと、 サクサクと操作できなくなり、 「重たい感じの操作」になってしまいます。

具体的にCPUメーカーのインテル製CPUで言うと、 ハイエンドクラスのCPUは、 ワークステーションパソコンでよく使われる Xenonです。

ミドルクラス以上は、 Core i3、Core i5、Core i7などがあります。

AMD製CPUで言うと、 ハイエンドクラスのCPUとは、 ワークステーションパソコンでよく使われる Opteronです。

ミドルクラス以上は、 FX、Phenom、Athlonなどがあります。

AMD製でもIntel製のCPUどちらがいいか?ですが、 「どちらでも問題ない」です。 好きな方のメーカーを選んでいいと思います。

どのスペックが一番重要か?

グラフィックボード、メモリ、CPUともにすべて重要です。

できれば、まんべんなく、 片寄ることなく各スペックを決めていただきたいです。

ただ、予算がなければ、 使う3DCADソフトが最低限動作するスペックで構わないと思います。

重要なのは、グラフィックボード、 メモリ、CPUの3つが推奨スペックを満たしていることです。

推奨スペックを満たしていないと 動きが遅かったり、正常に描画されないことがあります。

おすすめ3DCAD用のパソコン

3DCAD用のパソコンとして 評価の高いメーカーのパソコンを ピックアップしています。

胸を張って「私だったらコレを買いたい!」という おすすめのパソコンを紹介しています。

おすすめ3DCAD向けパソコン