ホーム » トピック » 設計・製造ソリューション展で3DCADパソコンの情報を得る

設計・製造ソリューション展で3DCADパソコンの情報を得る

機械系CADを探せる展示会

毎年、6月に関東では東京ビッグサイトで、 設計・製造ソリューション展という 展示会が開催されます。

設計製造ソリューション展のホームページ画像
設計製造ソリューション展のホームページ画像

ここでは、工業系の開発ツールを扱う企業が ソフト、ハード共に自社で扱う製品を展示しています。

3DCADを扱う企業も多く出展していて、 特に機械設計で使うCADが目立ちます。

AutodeskのInventorや、 PTC Creo、ダッソーのSolidWorks、CATIAなど3DCADでは 欠かせないCADソフトの展示も見ることができます。

最新の機能や、今後開発する予定の機能なども 聞けるのでとても有効な情報収集方法だと 私は感じています。

もちろん、大手のCADソフトを扱っている 企業だけではなく、 中小企業の販売する3DCADも探すことができます。

3DCADだけではなく、 2DCADを探したり、 特定の分野に特化したCADを探したりと、 インターネットでは見つからない情報を 手に入れることができます。

また、ブースにはアテンドしている社員もいますので、 自分が解決したい技術的な内容や、 困っていることを話して 解決策を提案してくれる企業もあるでしょう。

事前登録をすれば入場は無料なので、 3DCADを検討している場合は、 設計、製造ソリューション展は とても有効な展示会だと私は思っています。

3DCADのパソコン情報も手に入る

3DCADの情報を手に入れるだけではなく、 どんなグラフィックカードが おすすめか?などの情報も聞けます。

特に大手の3DCADベンダーでは、 nVidiaが協賛して大々的に このグラフィックカードがおすすめです! というような展示の仕方をしているところもあります。

その他、3DCADの導入事例も紹介していて、 そこではどんなパソコンを使っているか、 という情報も聞けたりします。

例えば、Autodeskのブースでは、 レノボと協賛して プレゼンをしていた年もあります。

AutodeskのDMS特設サイトの画像
オートデスク 設計製造ソリューション展 特設サイトのホームページ画像

Autodeskとレノボがコラボして、 InventorやAutoCADでは、 レノボのパソコンがこんな風に パフォーマンスを発揮している! というような紹介もありました。

自分が使おうとしている3DCADのブースに行けば、 どんなパソコンメーカーがおすすめなのか? という情報も手に入るところもあります。

これはかなり重要で、 CADのベンダーとコラボしてやっているパソコンメーカーでは 企業間のコミュニケーションがとりやすいので、 不具合に対する対応が速かったりする場合が多いです。

この3DCADを扱っている会社は、 どんなパソコンメーカーをおすすめしているか? という情報を手に入れることも重要です。

実は私も毎年行っています

私も 設計製造ソリューション展は毎年欠かさず行っています。

会社で3DCAD用のパソコンを検討している時も、 行ったことがありました。

企業のブースには対応してくれる社員さんがいるので、 3DCADでどんなパソコンがいいかを 悩んでいる…ということを告げると、 色々提案してきてくれました。

多分…営業の方だと思うのですが、 かなり詳しく、おすすめのグラフィックカードや パソコンメーカーも教えてもらったことがありました。

ちなみにその社員さんと話していて私が、 「はぁー、なるほど」と思ったのは、 「価格の安さやパフォーマンスの良さも大事ですが、 一番重要なのは、パソコンが壊れた時のサポートの良さです」 という言葉です。

一日パソコンがないだけで、 どれだけの人件費が無駄になるか、 使い慣れない代機のパソコンを使うことで、 どれだけの生産性が落ちるか、 などを語ってくれましたね。

そんなウェブではなかなか手に入らない 生の声も聴けるので、 こういう展示会での情報収集も なかなかいいと思って、毎年通っています。

関連記事

3DCADおすすめパソコンメーカー