ホーム » パソコン購入前のアドバイス » CADソフトの推奨スペックの確認

CADソフトの推奨スペックの確認

パソコンを買う前に推奨スペック確認を!

3DCADソフトには、 必ずパソコンの推奨スペックがあります。

PCの推奨スペックとは?

「最低限このスペックならば、ソフトが正確に動きます」 という指針が、 3DCADソフトを販売しているメーカーの ホームページに書いてあります。

推奨スペックは、 各3DCADソフトで異なります。

自分が使う予定の3DCADソフトの推奨スペックを、 しっかりと確認してから、 パソコン選びする必要があります。

AutoCADの推奨スペック

例えば、建築設計でよく使われるAutoCADの推奨スペックは、 Autodeskのホームページに載っています。

AutoCAD サービス & サポート「動作環境」


2Dと3Dで求めるスペックが違いますので、 間違えずに確認してください。

3D機能をしようするには、 ワークステーションで使われる グラフィックカードが必須になっています。

Direct3D対応、Pixel Shader対応の グラフィックカードが求められます。

他のCADソフトでも、 必ずこういう推奨スペック、動作環境の情報を載せています。

推奨スペック以外は動かない?

推奨スペック以下のパソコンでは、 3DCADは全く動かないのか?というと、 そんなことはありません。

推奨スペック以外のパソコンは動くかどうか

最近のパソコンは、 多機能で一通りの技術を搭載しているため、 動かないということはないです。

ただ、3DCADソフトのメーカーが 動作確認したものではなかったりします。

そのため、正確に3DCGが描画されないことや、 動作が遅かったりする可能性があります。

そういう不具合を避けるためにも、 値段が多少高くても、 推奨スペック以上のパソコンを買う必要があります。