ホーム » パソコン購入前のアドバイス » 2DCADと3DCAD用パソコンの違い

2DCADと3DCAD用パソコンの違い

2DCAD用パソコンのスペック

2D3D

2DCAD用のパソコンのスペックは、 3DCAD用パソコンほど高いスペックである必要ありません。

スペックの特に大きな違いは、 グラフィックボードです。

3DCAD用のパソコンでは、 グラフィックボードがほぼ必須ですが、 2DCAD用のパソコンではなくても構いません。

2DCADの動作環境スペックが載っているWebページには、 グラフィックボードが必要という記載は 見当たらないはずです。

オンチップと言われる、 CPUにグラフィック処理機能が付いているパソコンでも十分です。

3DCAD用パソコンのように、 ワークステーションパソコンではなくてもいいので、 比較的安価なパソコンでも問題ありません。

AutoCAD LTのパソコン

AutoCAD LTは2DCADがメインなので、 ワークステーションのような 高性能なパソコンは必要ありません。

動作環境スペックを満たしていれば、 比較的安価なパソコンでもいいでしょう。

2DCAD用のパソコンで、 コンパクトなノートパソコンを使っている方を多く見るのは、 このためです。

2DCAD用パソコンを選ぶポイント

よく、パソコンメーカーで2DCAD用のパソコンで 高価なグラフィックボードが付いた商品をおすすめしているところがありますが、 私個人としては、オーバースペックだと感じています。

2DCAD用パソコンを選ぶポイントは、 「動作環境スペックを満たしているか」と、 「自分が2DCAD用パソコンをどういう風に使うか」です。

動作環境スペックを満たしていることは、 快適な操作と不具合の軽減に繋がるので、 必ずチェックしてください。

「自分は2DCAD用パソコンをどういう風に使うか」ですが、 これは、ノートパソコンかデスクトップパソコンかということです。

学生で、2DCADを授業で使うとなると、 軽くて持ち運びしやすいノートパソコンがいいです。

今後すぐに、本格的に3DCADも使う予定という方は、 グラフィックボードが付いたデスクトップパソコンがおすすめです。

ちなみにグラフィックカードの付いたノートパソコンは、 ワークステーションパソコンがメインになるため、 どうしても価格が高くなります。

また、グラフィックカードの付いたノートパソコンでも、 サイズも大きくて持ち運びが大変です。

今後の使い方を考えて、じっくり検討してください。